マツダデミオ マイナーチェンジ 商品改良がスゴすぎて悔しいwww元オーナー目線の評価は?

2017年12月にデミオが商品改良(年次改良マイナーチェンジ)を行いました!



今回のデミオのマイナーチェンジ(商品改良)では、「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」歩行者検知機能が追加されます。
さらに、今まではオプション扱いだった「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」全グレード標準装備
以前の商品改良で全グレード標準装備となっている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に認定されました。

また、上記の安全装備に加えて、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」や「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」全グレードで標準装備

さらに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定。

私が買った時よりもはるかに装備が充実しています!!
これは元オーナーとしては歯がゆい感じもしますが、デミオは今変えるコンパクトカーの中では最高レベルの安全装備と先進装備を持っていると言っていいでしょう!
やるなあマツダ!!

マイナーチェンジによってデミオに標準装備となる安全装備は以下の通り。

① アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
② AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】
③ 車線逸脱警報システム(LDWS)
④ ハイビーム・コントロール・システム(HBC)
⑤ スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
⑥ AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】
⑦ ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
⑧ リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
⑨ リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
⑩ 交通標識認識システム(TSR)【13C、15MB、13S、XD、13S/XD回転シート以外】
⑪ ドライバー・アテンション・アラート(DAA)


通常ならオプション扱いされるような、ブラインドスポットモニタリング(BSM)やリアクロストラフィックアラート(RCTA)、さらにリアパーキングセンサー、さらには交通標識認識システム(TSR)までが標準装備とはもはや高級車レベル。


特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」が追加


今回のマイナーチェンジを機に、特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」が新たに設定されます。
Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)では、赤い専用カラーのシートと白い専用インテリアでコーディネートされています。
また、ボディカラーには「セラミックメタリック」が設定されます。
こちらのセラミックメタリックはCX-3ですでに採用されていますね。

ベース車両は「13S Touring」、「XD Touring」のAT車となっており、価格は

デミオ13S Noble Crimson(FF)1,776,600円
デミオXD Noble Crimson(FF)2,057,400円

※AWDは20万円高

となっています。



マツダはデミオに限らず、絶えず商品改良を行い、常に最新の安全装備などを惜しげもなく投入して商品力を維持しています。

2016年に行われた年次改良でも内外装に大幅な質感向上が図られましたので、そちらを振り返ってお届けします。

DEMIOTB23.jpg

新しくなったデミオはものすごい商品力です!!

「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



※例によって、記事内の感想、評判、評価、口コミ、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!