【レクサス初のピュアEVは売れるのか?】レクサスUX300e発表!航続距離は400km

レクサス初のピュアEV「UX300e」日本発売は2021年春を予定。


LEXUSUX300e15.jpg

2019年11月の広州モーターショーにて、レクサスブランドの市販モデルとして初の電気自動車(EV)「レクサスUX300e」がワールドプレミアとなりました。

まぁ予てから噂されていた、レクサスUXのEV版だったんですが、リリースされた画像や内容を見て最初に思ったことは、「そんな装備で大丈夫か?」ということ。

「大丈夫だ、問題ない。」と力強く答えてくれるモデルになっているのでしょうか…。

ワタシ自身、レクサスUXのハイブリッド「UX250h F Sport」を2018年12月から所有しており、マイナーチェンジした「RX300 F SPORT」も所有する、過去6台のレクサス車を購入している筋金入りのレクサスマニアですが、今回発表されたUX300eはちょっと心配。

もともとUXの開発時点から、EV化を想定して作られていたんだなぁとリリースを見て思いましたが、ハイブリッドのUX250hを所有する身からすると、あえて買い替えるだけの魅力は感じなかったというのが正直なところ。
まあそもそも同じ車から乗り換える人は居ないと思いますが、レクサス初のピュアEVとしてデビューするわりには、目新しさや特別感が感じられない印象です。

今回はそんなレクサスUX300eのスペックや発売時期などを考察してみたいと思います。


すでにワンダー速報では、レクサスUXの記事も大量に投下しているので、今後加筆されるレクサスUXの最新情報や、過去のレクサスUX関連の記事は、以下の「レクサスUX関連記事一覧」にてご確認ください↓

レクサスUX関連記事一覧


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!