【新型クラウン マイナーチェンジ2020見積もり公開!!】現行型で生産終了? 価格をレクサスISと比較!

現行型で生産終了という噂のあるクラウンですが、2018年6月のデビュー以来2年半という異例の早さでのマイナーチェンジを2020年11月に行いました。

通常なら3年などのタイミングが多いマイナーチェンジですが、なぜか2年半弱という短いスパンで行われたのには、思いのほか販売が奮わないなどの理由がありそうです。
セダン不遇の時代の流れは、「いつかはクラウン」というトヨタの代名詞とも言える名キャッチフレーズを残したクラウンでも例外ではありません。
そんな中、毎日新聞から「現行型クラウンで生産終了」というショッキングな記事がスクープされました。
これについても記事の最後で考察してみますが、今回の記事では、2020年11月に行われた新型クラウンマイナーチェンジの内容と、いくつかのパターンでもらってきた見積もりをレポートします。
そして私は同じく2020年11月にマイナーチェンジした新型レクサスISを購入しているので、そのオーナー視点でもISの見積もりと価格比較してみたいと思います。


過去に書いたクラウン関連の記事やこれから加筆される最新情報などについては、以下の新型クラウン関連記事一覧でご確認ください↓

新型クラウン関連記事一覧

クラウン見積もり

※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!