高速道路のICを通り過ぎても大丈夫!! 「特別転回」を知っておくと便利!

高速道路、知っておくとお得なこと


高速道路を使って移動される人も多いかと思いますが、知っておくと良いことをいくつかご紹介したいと思います。
目的地のICを通り過ぎてしまっても、Uターンだけは絶対にしないでください!
目的地のICを過ぎても大丈夫な「特別転回」があるのをご存知ですか?

11_2018050407243029c.jpg

ご興味ある方は続きをどうぞ。





目的のICを過ぎてしまっても、次のICで特別転回を使えばOK!


高速道路の走行でやってしまいがちなのが、「あ〜!今のICで降りるんだった!」という降り損ねですよね。

私も以前に岐阜に旅行した際に、道中で白川郷ICで降りようとしたんですが、間違えて降りることが出来ませんでした。
知らない土地の知らないICだとよくある話です。

そんな時、無料で前のインターチェンジに戻ることができる「特別転回」という方法があるので、改めてご紹介しておきます。

11_2018050407243029c.jpg

やり方はカンタン!

①目的のICを過ぎてしまったら、慌てずに次のICの出口方向へ流出します。
その際に、ETCカードを予め抜いておきましょう!
これ重要。

ETCカードを抜いてないと、ゲートが近づいた際に精算されてしまいます。

②次のICの料金所では、ETCレーンではなく、係員さんがいる「一般レーン」へ行きます。

③係員さんに「出口ICを通り過ぎてしまった」と伝えて、ETCカードを渡します。

係員さんが、「そのICでUターンして再度ゲート入場する方法」を教えてくれますので、指示に従ってゲートを出ます。

④ゲートを出た後、指示通りにUターンして再度ゲート係員さんのいるゲートへ行き、ETCカードを受け取ります。

⑤ゲート入場して、しばらくしてからETCカードを挿入して、目的ICへと高速道を戻ってETCレーンから出れば、追加料金無しに戻ることが出来ます!

目的地ICを過ぎて出てしまうと、余計に料金もかかりますし、一般道で戻ると時間もかかるので、この方法を使ったほうが絶対にお金も時間もお得です。

ただし、この特別転回が使えるのは係員がいるICに限りますので、スマートICなどでは使えませんのでご注意ください。

でも、覚えておいて損はないですね^^

高速道路では、ICを過ぎてしまっても、絶対にバックや逆走で戻ってはダメです!
特別転回を上手く使って、焦らずに対処しましょう!




パンク多すぎ!旅行前のタイヤ空気圧チェックは忘れずに!!


連休などで高速道路を走っていて多いのは、パンクして路肩に駐車しているクルマ。
あとは、高速道路上に落ちてるバーストしたタイヤの残骸。

タイヤ空気圧が減っていると、バーストする危険性がかなり高まりますので、普段から空気圧はマメにチェックするようにしておきましょう!!

レクサスや国産車の上位車種などでは、マルチインフォメーションディスプレイでタイヤの空気圧がチェックできますよね?
それもちゃんと出発前にはチェックして、減っているようだったらガソリンスタンドなどで対応しましょうね。

タイヤ空気圧センサーがない車は、出発前の給油時に、空気圧をチェックして、長距離を移動するなら少し高めに設定しておくと良いでしょう。
夏場と言えども空気圧は徐々に減ってくるので注意が必要です。

タイヤ空気圧モニタリングシステムが付いていない人は、こういう機会に検討してみるのも良いかもしれませんよ。

タイヤ空気圧センサー取り付けてもらいました!【Air Safe(エアセーフ)】タイヤバーストを未然に防ぐ!




安全運転で良い旅を!


ということで、GWやお盆などの高速道路に関する知っておくとオトクな情報や注意すべきことをまとめてみました。
連休などは普段運転をしないサンデードライバーや、免許取り立ての人がレンタカーで旅行することも増えます。
運転が上手くない人でも、クルマを運転して旅をしているのですから、クルマが売れないと言っている時代にとってはとてもありがたい人たちなんです。

なので、運転が多少下手でもたもたしていたり危なっかしかったりしても、煽ったりイラついたりしないで、「クルマでの旅行って楽しいものなんだよ^^」と温かい気持ちで見守ってあげましょう。
そういう人たちが、クルマを好きになってくれてクルマが一台でも多く売れる世の中になれば、日本の景気もさらに良くなることでしょう。

オラついた運転をして、そうした未来の芽を摘むようなことのないように、紳士なドライバーでありたいものですね。


「まぁ怒るほどでもないか」という思考。【今日からできるポジティブ思考】










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント