【発売日は2020年10月】レクサスISのビッグマイナーチェンジ最新情報まとめ!フルモデルチェンジは消滅?

2013年に発売されたレクサスISが2020年10月頃に2度目のマイナーチェンジを行います。


私も現行の初期型IS300h version Lに乗っていた「レクサスIS」。
本来ならフルモデルチェンジのタイミングですがどうやらフルモデルチェンジは行わず、かなり大幅なビッグマイナーチェンジを行う模様です。

各地から匿名のタレコミやら噂が入ってきていますので、現時点でわかっていることをまとめたいと思います。

IS21_20191124140716c98.jpg
※画像は2016年にマイナーチェンジした時のレクサスISです。

レクサスISは、私も2013〜2015年まで2年4ヶ月ほど所有していましたし、その後もマイナーチェンジの見積りなどのインプレッションもしていますので、レクサスIS関連の記事をご覧になりたい方は、以下のレクサスIS関連記事一覧をご確認ください↓

レクサスIS関連記事一覧


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





【悲報】2020年、レクサスISはマイナーチェンジ、フルモデルチェンジは消滅?


2013年にデビューしたレクサスISが2020年にもなってまだフルモデルチェンジを行わない、これが一番の悲報なんですが、それほど売れると見込めないセダンだけにコストを抑えようという目論見でしょうか。
クラウンやカムリは次世代のTNGAプラットフォームを採用して動的質感も高めているというのに、上位ブランドのレクサスが置いてけぼりというのは何だか寂しい限りです。

IS02_20191124142536224.jpg
↑私が乗ってたレクサスIS300h version L。

ライバルであるBMWの3シリーズは2019年にフルモデルチェンジして相当な商品力の増強となりました。
さらにメルセデスベンツのCクラスは、2018年にビッグマイナーチェンジを行い、今後もフルモデルチェンジを控えています。

その中で、コストを抑えた延命とも取れるマイナーチェンジで凌いでいくのは少々しんどそうな気もしますが…。
そして、さらに悪い噂としては、世界的にセダンを販売中止するという流れの中、レクサスISも今モデルが最終になるという可能性もあるようです。
水面下ではレクサスESで採用されているFF用プラットフォームを使ったEVセダンの開発が進んでいるようで、それとISが置き換わるかもしれないという噂。
そうなるとFRセダンというモノ自体が完全に絶滅危惧種になりますね。これも市場の需要を考えたら仕方ないのかもしれませんが…。

ただ、そんな中でも少し期待できそうな噂も聞こえてきています。



エクステリアは大幅刷新!ボディサイズも拡大


マイナーチェンジと言っても、ボディサイズの拡大をも含んだかなり大幅な外装の変更があるようです。
2016年のマイナーチェンジでも、フロントフェイスはかなり変更になりましたが、サイドやリアはあまり変わった感じはしていませんでした。

こちらが2013年発売の前期型レクサスISのF SPORT↓

IS18_20191124140713b96.jpg

そしてこちらが2016年にマイナーチェンジした中期型とも言うべきレクサスISのベースグレード↓

IS16_2019112414071267f.jpg

ヘッドライト周りがさらに異形になり、三眼LEDとも違った独自のデザインになりました。

IS21_20191124140716c98.jpg

これは賛否両論というか否の意見の方を多く聞いた印象です。
販売はマイナーチェンジした後もあまり奮わず、非人気車種の定番となってしまいました。

このフロントマスクなら、私も前期型のほうが良かったです。

IS05_20191124142540a36.jpg

レクサスISは、今まで所有したクルマの中で、スタイルはかなり気に入っているクルマの一つです。


今回のビッグマイナーチェンジでは、先代LSが行ったビッグマイナーチェンジのようにかなり大幅な内外装の刷新が行われる模様で、エクステリアのデザインは最新のレクサスのデザイン文法に則ったものになりそう。

newLEXUSES_01_201911241445338a4.jpg

上記はレクサスESのF SPORTですが、ビッグマイナーチェンジするレクサスISもこうした最新のデザインになると思われます。


サイドビューもかなり手が入るみたいで、Cピラー周りはよりクーペスタイルのようにスラントしたルーフラインになる模様です。

IS09_20191124140711b0f.jpg

上記が中期型のレクサスISのサイドビュー。

そしてレクサスESのサイドビューも見てみましょう↓

newLEXUSES_20_20191124144535b43.jpg

こうして見比べると、やはりESのほうが新しさを感じます。
Cピラー周りが変更になるとのことで、こんな感じのルーフライン&サイドビューになるかもしれませんね。


そしてリアビューにも手が入るのは間違いないと思われます。

IS13_201911241501467c9.jpg

中期型もリアコンビネーションランプ内のデザインやマフラー周りが変更になったくらいで、あまり前期型から変わった印象はありませんが、2020年のビッグマイナーチェンジではこのあたりの印象も変えてくると思われます。

比較用にレクサスESのリアビューも見てみましょう↓

newLEXUSES_16_20191124144536aa3.jpg

こちらのほうがリアコンビネーションランプ内のデザインもスッキリしていて良いですね。
レクサスISでは、ダミーのマフラーデザインなどは採用しないで欲しいと願っています。

未確認情報では、テールランプはUXのように一直線に繋がるとの情報もありますが…果たして。



内装も大幅に変わる!? ついに電動パーキングブレーキ採用!


続いては新型レクサスISの内装について、マイナーチェンジでどこが変わるか考察してみましょう。

IS00_20191124140709a08.jpg


電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド採用!


噂によりますと、ついに足踏み式のパーキングブレーキを卒業して、電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドが採用されるとのこと!
さすがに2020年のプレミアムブランドとしては、足踏み式のパーキングブレーキは時代遅れですから、これは素直に嬉しい変更です。
2016年のマイナーチェンジでは採用されずにズコー!ってなりましたが、今回こそはビッグマイナーチェンジで変更してくれるはずです。


タッチスクリーン式のナビ画面にアップデート


IS51_2019112414072205c.jpg

2016年のマイナーチェンジで7インチ→10.25インチのワイドディスプレイになりましたが、さらに2020年のマイナーチェンジでは、RX同様のタッチスクリーン式のナビ画面にアップデートされる模様です。
スクリーンサイズは不明ですが、手元のリモートタッチと併せて、画面タッチでも操作できるのはありがたいですね。

さらに、ナビソフトもRX相当の最新のものにアップデートされる見込みです。
もしかすると、さらに進化したものになっているかもしれませんね。


最新式レクサスセーフティシステム+(LSS+)の採用


電動パーキングブレーキ採用に伴い、今まではできなかった全車速追従タイプのアダプティブクルーズコントロールも採用されます。
そして、RXやUXなどの最新型のLSS+にアップデートされ、レーントレーシングアシストや夜間の歩行者検知やサイクリスト検知など、安全性能も向上するはずです。

IS28_201911241407182e3.jpg
↑クリックで拡大します。

そして、パーキングサポートブレーキやアダプティブハイビームシステムなど、現在の高級車に求められる装備は搭載されると思われます。

あとは個人的にはメーターにブレイクスルーがあると良いなと思いつつ…

IS55_201911241407233ba.jpg

さすがにこのままってことはないと思いますが…
可能性があるのが、ESと同じメーターパネルを採用してくるってことでしょうか。

001_201911242137238ca.jpg

ESは7インチの非F SPORTでは液晶パネルとアナログの組み合わせ↓

LEXUSESverL46_20191124213751ad9.jpg

F SPORTではISのF SPORTとほぼ同様の可動式のメーターとなっていました↓

newLEXUSES_30_201911242137252f7.jpg

なので、F SPORTはそのまま、非F SPORTではESと同じデザイン、というのがワタシの予想ですが、RXのマイナーチェンジではまさかのメーター変更なしという残念な状況もありましたので、楽観視はできません。
欧州勢のインフォテイメントシステムに比べると、5年くらいの遅れを感じるメーター周りなので、そろそろブレイクスルーがあってほしいところです。

AudiQ2VC_01_201911242142310a2.jpg

アウディやVWでは、新型A1やポロクラスでも、デジタル液晶メーターが採用されています。

メルセデスやBMWでもAクラスや1シリーズでもデジタル液晶メーターが標準で採用されています。

MercedesA200d10_20191124214502491.jpg

表示できる情報量も豊富で、ナビの地図も表示できるなど視線移動の面でもメリットがあるので、レクサスでもこうしたインフォテイメントシステムを採用して欲しいところです。

AudiQ2VC_05_201911242142323fd.jpg

個人的にはバーチャルコックピットが一番メーターディスプレイとしては情報が多くて見やすいと思っています。



レクサスISのマイナーチェンジ、パワートレインは?


IS17_20191124214716c6f.jpg

マイナーチェンジなのでシャシーはTNGA非採用とのことですが、パワートレインはどうでしょうか。
現状では特に情報も入ってきていないので、このままだとマイナーチェンジ前のものを踏襲する可能性もあります。
となると、

・IS300:2.0L 直4ターボエンジン+8速AT
・IS300h:2.5Lアトキンソンサイクルエンジン+モーター
・IS350:3.5L V6 NAエンジン+8速AT


となります。

IS300の2.0Lターボ+8速ATはクラウンなどにも採用されているので悪くはないですが、IS300hの2.5Lハイブリッドはさすがに古く感じます。
というのも、NX300hやIS300hの2.5Lハイブリッドシステムは世代が古く、最新のカムリやクラウン、レクサスESなどの2.5Lダイナミックフォースエンジン+第4世代THS2と比べるとエンジン自体の出力もモーターのトルクも比較になりません。
また、現行のIS300hのハイブリッドシステムは旧型のTHS2なので、70km/h以上の高速域ではEV走行不可のタイプ。
プリウス以降の第4世代THS2と比較すると、かなり見劣りします。
なので、是が非でもレクサスES300hと同じ、2.5Lダイナミックフォースエンジン+第4世代THS2を搭載したIS300hになって欲しいと切実に願いたいところですが…
パワートレインに関する情報はまだ入ってきていません。

IS_20191124142538bdf.jpg

噂によると、新開発の2.4Lガソリンターボエンジンが搭載されるとかの未確認情報もありますが、真偽の程は不明です。
情報が入り次第、アップデートします。



マイナーチェンジするレクサスISの価格は?


続いて、価格ですが、現状のパワートレインのままだったとしても、安全装備の拡充などにより、10〜20万円程度の値上がりが予想されます。

中期型のレクサスISの価格ですが、

IS300が480.1万円〜542万円

IS300hが525.9万円〜651.7万円

IS350が573.8万円〜645.5万円


となっているので、この価格から10〜20万円程度の値上がりは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
さらにパワートレインの載せ替えや、新規パワートレインとなるとまた価格も変わってくると思いますので、詳しい情報が入り次第、アップデートしたいと思います。

IS27_20191124214719794.jpg



レクサスISのマイナーチェンジの発売時期は?


最後に気になるレクサスISのマイナーチェンジの時期ですが、ワタシが入手している情報だと2020年の後半とのこと。
おそらく10月ころの発売になるのではないかと予想されます。
となるとデリバリー開始は年末か年明けくらいになるのではないでしょうか。

IS02_20191124140707a12.jpg

ワタシは、レクサスCT200h→レクサスIS300h→レクサスNX200t→レクサスRX450h→レクサスUX250h&レクサスRX300と、レクサスを6台も購入しているレクサスマニアですので、このマイナーチェンジする新型レクサスISには最大の注目をしています。

なので、これからもレクサスISの情報は追っていきたいと思いますので、レクサスISが気になっている方は、ワンダー速報を毎日チェックしてくださいね^^



レクサス車を買う前にやっておきたいこと


レクサスは基本的に値引きがありません。
その分、下取りが値引きに相当することがありますが、何も持たずに商談しに行くと、フツーにオークション相場価格くらいでしか下取りしてくれません

そこで、ディーラーに行く前に事前に愛車の相場価格を調べておくことをオススメします!!
私のRX450h F SPORTは2年2ヶ月15,000kmで、某輸入車ディーラーの下取り査定だと450万円だったのに、ネットの一括査定に出したところ、610万円で売却できました。
その差はなんと160万円!!
どうなってんだよディーラー査定…(苦笑)
というか、やっぱり一括査定で複数社に見積もってもらわなきゃ、確実に損するということは間違いないですね。

一括査定の査定額を持ってディーラーに行けば、「これ以下だったらハンコ押さない」って言うと、下取り額も調整に応じてくれることが多いです。
もしだめなら、そのまま買取店の売却してしまえばいいですしね。

一括査定サイトで見積もる際に、売却時期などが読めない人でも、「現在の愛車の価格が知りたい」と言えばOK。
査定額が良くて、思わず買い替えを検討しちゃったりもしますからね(経験あり 笑)。

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら↓


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
事前にディーラーからだいたいの納期などを聞いておくと、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思います。

そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いですね。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

LEXUSRX300nousya02.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



私が購入したレクサスRXの見積りを公開している記事はコチラね↓

【購入したRXの見積り価格公開!】2019レクサスRXマイナーチェンジ契約しました!

LEXUSRXmitsumori.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


「レクサスディーラーに行くのがハードル高い!」と思っている人は、こちらの動画も参考にしてみてください(笑)↓




すでに30本以上のレクサスの動画アップしているので、それらをまとめた再生リストもよかったらどうぞ↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ







「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

前期IS300hを所有していますがESも検討しましたがやはりFFとサイズで躊躇してます。かといってA4や3シリーズは乗り換えの時の下取りの悪さを考えると考えてしまいます。フロントとリア周りは変わると思いますがさすがにサイドパネルまでは変更しないと思いますがA4はマイナーで変更がありましたからレクサスも思い切って欲しいですね。内装は
L Sでも先代後期モデルはガラっと変えたので期待出来ますね。記事の装備にヘッドアップディスプレイとシーケンシャルウインカーを加えてくれたら
購入意欲が湧くかなぁ。でもクラウンの販売状況の悪さをみたらセダンにそこまでコストかけるか疑問ですが。前期ISのFスポーツのグリルってよく見るとメッシュじゃなくて最近UXやRXのグリルに採用されたブロック形状なんですよね。
No title
IS乗りとして、久々の記事、しかも情報盛りだくさんで嬉しいです。

TNGA、特にGA-Lプラットフォームの課題は重量がかさむことなので、第二世代GA-Lを待つという判断かもしれません。最後発のGA-Bはかなり軽くできたようですし。

日本はともかく、海外ではFスポーツ装着率は高くなく、いまのトヨタの目指す方向とニーズのアンマッチがあるようです。そうすると、ESの投入とGSの廃盤は納得いきます。

パーソナルセダンのIS一本化で、なんとかよい車を作ってほしいものです。
No title
ISがGA-Lプラットフォームってことはないでしょう
ESがGA-KなんだからISがそれより大きいGA-Lってことはないはずです
Re: タイトルなし
かざまっちさん、コメントありがとうございます。

輸入車は売却の安さが怖くて買えないんですよね^^;
とは言え、私はCLA買いましたが。
輸入車はレクサスに乗り換えてメーカー補助で高く買ってもらうってのも手段ではあります。
Re: No title
ikkiさん、コメントありがとうございます。

GA-BはTNGAでも第4世代って言われてるみたいですね。
GA-KプラットフォームがFRにも対応できるならそれがサイズ的にはしっくり来るんでしょうけども。
Re: No title
kさん、コメントありがとうございます。

たしかにそうですね。
でも先代クラウンとISがたしか同じプラットフォームじゃなかったでしたっけ?
となると、クラウンがGA-L使ってるのであながち無きにしもあらずな気もしますが…
こんばんは。
また素朴な疑問で恐縮なのですが、ISの対抗車と言えるBMWの新型3シリーズはとても商品力が高いですよね。
輸入車はリセールが悪いとよく言われますが、例えば今ISと3シリーズを買って、2.3年後に売却した場合ISのほうが高く売れるのですか?
ISが勝っているのはシートベンチレーションぐらいで他は全て3シリーズのほうが圧倒的に良いと思うのですが…
Re: タイトルなし
RZさん、コメントありがとうございます。

新型3シリーズのリセールに関してはなんとも言えませんね。
レクサスISもビッグマイナーチェンジした後なら、リセールも悪くないとは思いますが、現行型だと不人気も相まってそこまで高いリセールは出ないと思います。
レクサスは、モデル末期でも値引きがなく、リセールは下がるので買うならフルモデルチェンジ直後か、ビッグマイナーチェンジなどの直後が良いと思います。
私はそれで高価買取で売り抜けています。
No title
来年11月に車検を迎えるため乗換えを検討しているのですが、A4とISで悩んでおります。
当方のディーラーではISは来年フルモデルチェンジ予定ですといわれていたのですが、マイチェンとは残念です。
A4についてはすでにEUでマイナーチェンジし発売されているようですが、日本発売予定については情報お持ちではありませんでしょうか。
5月から11月くらいで乗り換えをと思っております。
Re: No title
tomさんコメントありがとうございます。

ISはビッグマイナーチェンジのようですね。
アウディディーラーは久しく行っておらず情報不足です。
何かわかりましたら、ブログやツイッターで配信したいと思います。
先日、レクサス店へ行った際、セールスコンサルタントから、ISのビッグマイナーチェンジの話がありました。フルモデルチェンジすると思っていたので意外でしたが、新型のEVセダンに置き換わるかもしれないのは、時代の流れからすると、あり得るかも。
Re: タイトルなし
NX300h Fsport さん、コメントありがとうございます。

IS、好きなクルマの一つだったんですけどね。
時代の流れには逆らえないのでしょうか…。
そうなると、もはやBMWやメルセデス、国産ならマツダに期待するだけになりますね。

コメントの投稿

非公開コメント