【N-BOXオーナーも驚いた】新型eKクロススペースの内装がスゴい!(eK Xスペース)

2020年3月19日に発売日を予定している新型三菱eKクロススペースを見てきました!


東京オートサロン2020に先行展示されていた新型eKスペースとeK Xスペースのエクステリアと内装を見てきたので、ブログと動画でお届けしています。

eKXspace07.jpg


前回の記事と動画では、新型eKスペースの内外装をお届けしました↓

【N-BOXを超えたか?!】三菱新型eKスペース見てきた!内装の質感にN-BOXオーナーも驚いた!(日産新型ルークスも同じか)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回はその続きで、隣に展示されていた、新型eKクロススペースの内外装を動画でお届けします!

今回アップした動画はコチラ!!↓




前回アップしたeKスペースの動画もまだ見てない方は、そちらから見ていただければと思います↓




今回のブログでは、新型ekクロススペースの良いところをダイジェストで紹介します。

ご興味ある方は続きをどうぞ。






新型eKクロススペース、ちょっといいかも。


前回はノーマル顔のeKスペースを見ましたが、今回はそれの厳つい版となるeKクロススペース。

eKXspace06.jpg
↑クリックで拡大します。

新型デリカD:5から始まった、ちょっと髭剃りみたいなダイナミックシールドフェイスになっていますが、だんだん見慣れてきたせいで、これもアリと思えてきました。

奥には、eKクロスが展示されていましたが、スーパーハイトのeKクロススペースのほうがしっくりきている感もあります。

eKXspace07.jpg
↑クリックで拡大します。

今回の新型eKクロススペースでは、ヘッドライトのロービームとハイビームは、上部にある部分が点灯するそうです。
eKクロスなどではバンパー部分がロービームだったと思いますが、その辺りも変わってきていますね。
eKクロススペースのバンパー部分はデイライトかな?

エクリプスクロスみたいに、ダミーのライトデザインで光らない部分があるなんてことは無いみたいで良かったです。
今回のeKクロススペースのヘッドライトはLEDになっていますし、機能的にもダミーデザインじゃなくて好印象。

フロントバンパー下部はバンパーガードのデザインになっていて、デザインの密度感もあってかなり立派な感じがしました。
先日見てきたタフトなんかより高そうなエクステリアに見えますよね。

taft12.jpg

まぁ目指す方向性の違いもありますが。


こちらの展示車両も、いろいろと用品が付いていたので、素の状態ではないと思いますが、サイドロアにはデカールも貼ってあったりして、密度感が高められていてなかなかカッコイイです。

eKXspace08.jpg
↑クリックで拡大します。

タイヤ&アルミホイールは15インチ。
ツートンルーフにルーフレールも付いていますが、これもオプションかな。
ホイールベースはかなり長く、N-BOXを超える後席居住性を確保しているとのことで期待が高まります。

特に驚いたのは、内装の質感。

eKXspace04.jpg
↑クリックで拡大します。

こちらの展示車両は、プレミアムインテリアパッケージというオプションが装備されていると思われますが、デイズやeKワゴンでもあった33,000円くらいで内装の一部が合成皮革で覆われるというもの。

助手席ダッシュボードやシートの表皮の質感が向上し、軽自動車とは思えないほどです。

eKXspace02.jpg

前席にも収納が充実していて、使い勝手も良さそう。
電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドもついたので、プロパイロット(三菱ではマイパイロット)のアダプティブクルーズコントロールも全車速追従タイプ、しかも停止保持機能も備わります。

これは、ダイハツやスズキでは採用がなく、ホンダでも出荷停止中(2020年1月時点)のN-WGNにしか用意がありません。
電動パーキングブレーキや全車速追従のアダプティブクルーズコントロールにおいては、日産三菱の軽自動車がもっとも進んでいるということです。

eKXspace05.jpg

そして、ライバルにない装備としては、サーキュレーターが備わるなど、後席の居住性や快適性能も良さそう。

eKspace02.jpg

後席の足元空間も、展示車両ではスライドが固定されていてできませんでしたが、中央に固定した状態でもかなりの広さを確保していました。

eKXspace10.jpg

N-BOXを超えたクラストップの広さを確保しているとの噂なので、これも期待が高まります。

ラゲッジスペースも前回お伝えしたeKスペース同様ですが、倒せばほぼフラットで頭上高も高いので使い勝手も良さそう。

eKXspace09.jpg

しかも、展示車はラゲッジフロアやシートバックが撥水素材になっていて、汚れに強そうでした。
これもオプションなのかグレード別装備なのかはちょっとわかりませんでしたが(調べてないだけw)。

気になったのは、ラゲッジアンダースペースが、前回見たeKスペースとはちょっと異なっていました。

eKXspace11.jpg

グレードや駆動方式によって差がある感じでしょうかね?

eKspace16.jpg

とにかく、商品力の高さには驚かされますね。
N-BOXに2年半乗っていますが、これなら乗り換えても良いかもと思えるほど、装備充実しています。
ただ、あと気になるのは走りですね。

デイズのNAには試乗しましたが、想像以上に進まなかった感があったので、あれならN-WGNのNAのほうが遥かに良かったです。



ターボ車なら問題ないのかもしれませんが、その辺りは試乗してから判断したほうが良さそうです。


新型三菱eKクロススペースの内外装を見た感想・評価は?


と言った感じで、かんたんにダイジェストでお届けしましたが、N-BOXオーナーの視点で見ても、新型eKクロススペースはかなり魅力的に感じましたね!

オプションとは言え、3万円程度なら、プレミアムインテリアパッケージも付けても良いかもと思える質感がありました。
シートの素材も良かったです。

1

何より、軽スーパーハイトワゴンの中では初採用となった電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドが、ライバルにはない最大の魅力!!

eKXspace02.jpg

これはN-BOXにもない装備なので羨ましいですねぇ。

これにより、プロパイロット(マイパイロット)のアダプティブクルーズコントロールが全車速追従&停止保持機能も備わったものになります。
後席の広さもN-BOX以上とあれば、N-BOXを購入検討している人は、一緒に三菱のeKスペース&eKクロススペースも見ておいたほうが良さそうですね。
あと、ekの兄弟車である日産のルークスの登場も待ちたいところです。

eKXspace07.jpg

新型eKスペースの発売日は、2020年3月19日を予定しているとのことで、そろそろ見積もりや予約も解禁しそうですね。
気になっている方は、お近くの三菱ディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

今回の内容を詳しく解説した動画もぜひ見てみてくださいね↓





新型eKスペースを少しでもお得に購入するには?


ということで、そろそろ新型eKスペースなど新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車を売る気

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

eKspace10.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


今回アップした新作動画はコチラ↓






では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント