【価格は意外と安い!!】ホンダ フリード見積もりました!クロスター・BLACK STYLE・ガソリンG・ハイブリッドなど

売れてる!! ホンダのフリードの見積もりをもらってきました!
2023年現在でも販売ランキング上位にランクインしているホンダのフリードですが、デビュー7年目にしてどうしてそこまで売れ続けるのか、その秘密に迫ります!

マイナーチェンジを機に追加された「クロスター」というグレードが人気ですが、それ以外のグレードでは昨今納期が長期化する中、比較的早く納車できるみたいで、それも相まって人気が高まっているようです。

ということで、今回は売れ線のフリードのクロスターとノーマルグレードのGを、そして新しく追加された「特別仕様車 BLACK STYLE」を、ガソリン車とハイブリッドの両方で見積もりしてもらいました!

FreedTakusan.jpg

私自身、ホンダの新型フィット4LUXEを購入していましたが、まさかのフィットより安く買えちゃうフリード(笑)
コミコミ価格はいったいいくらになったでしょうか。


フリードの試乗動画も是非見てね!

















動画は記事の最後にも貼っておくので、見積もり内容を確認した上で動画を見るといいと思います。


ワンダー速報では、過去にもフリードの試乗記も書いていますし、今後も記事を追加していきますので、過去記事やこれから追加される最新記事は、以下のフリード関連記事一覧でご確認ください↓

フリード関連記事一覧


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 



ホンダ フリードのパワートレインとスペック


フリードは3列シートの「フリード」と、2列目シートでラゲッジを広く使いやすくした「フリード+」、そして専用カスタマイズパーツをベース車と同じ工場で装着したコンプリートカー「モデューロX」の3つの仕様があります。

それぞれにパワートレインが2つ用意されています。

1.5L NAエンジンにCVTが組み合わされたガソリンモデルと、1.5Lエンジン+モーターのハイブリッドに7速DCTが組み合わされたハイブリッドモデルがあります。
スペックは以下の通り↓

■ガソリンモデル
エンジン:水冷直列4気筒
最高出力:95kW[129ps]/6,600rpm
最大トルク:153Nm[15.6kgm]/4600rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:FF→36L 4WD→53L
燃料消費率WLTCモード:15.6−17.0km/L
最小回転半径 5.2m

■ハイブリッドモデル
エンジン:水冷直列4気筒
最高出力〈ネット〉:81kW[110ps]/6,000rpm
最大トルク〈ネット〉:134Nm[13.7kgf・m]/5,000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:FF→36L 4WD→53L
燃料消費率WLTCモード:19.8−20.9km/L
最小回転半径 5.2m

電動機(モーター):
種類 交流同期電動機
最高出力 22kW[29.5ps]/1,313rpm−2,000rpm
最大トルク 160Nm[16.3kgf・m]/0rpm−1,313rpm


動力用主電池
種類 リチウムイオン電池
個数 48個

となっています。





フリードのグレード展開と価格


freed.png

次にフリードのグレード展開と価格を見てみましょう。(価格はすべて税込です)

2019年のマイナーチェンジで顔つきもシャープに変わり、これはこれでかっこいいと思います。
上記の写真はノーマルのクロスター。

そしてマイナーチェンジを機に追加されたクロスターが人気で、納期が半年待ちとなっています。

CROSSTAR_202002110848420d5.png


フリードのガソリンモデル


G・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,330,900円
G・Honda SENSING (FF/7人乗り) 2,352,900円

G・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,495,900円
G・Honda SENSING (4WD/7人乗り) 2,517,900円

G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,468,400円
G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/7人乗り) 2,490,400円
G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,633,400円
G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/7人乗り) 2,655,400円


CROSSTAR・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,627,900円
CROSSTAR・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,792,900円

CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,703,800円
CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,868,800円



フリード+(2列シート)のガソリンモデル


G・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,424,400円
G・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,589,400円

G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,490,400円
G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,655,400円

CROSSTAR・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,644,400円
CROSSTAR・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,809,400円

CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,720,300円
CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,885,300円



モデューロXのガソリンモデル


Modulo X・Honda SENSING (FF/6人乗り) 3,005,200円
Modulo X・Honda SENSING (FF/7人乗り) 3,027,200円



フリードのハイブリッドモデル


HYBRID G・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,688,400円
HYBRID G・Honda SENSING (FF/7人乗り) 2,710,400円

HYBRID G・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,853,400円

HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,754,400円
HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/7人乗り) 2,776,400円
HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 2,919,400円

HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (FF/6人乗り) 2,957,900円
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 3,122,900円

HYBRID CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り) 3,033,800円
HYBRID CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/6人乗り) 3,198,800円



フリード+(2列シート)のハイブリッドモデル


HYBRID G・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,710,400円
HYBRID G・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,875,400円

HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,776,400円
HYBRID G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 2,941,400円

HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (FF/5人乗り) 2,974,400円
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 3,139,400円

HYBRID CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/5人乗り) 3,050,300円
HYBRID CROSSTAR 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (4WD/5人乗り) 3,215,300円



モデューロXのハイブリッドモデル


HYBRID Modulo X・Honda SENSING (FF/6人乗り) 3,311,000円
HYBRID Modulo X・Honda SENSING (FF/7人乗り) 3,333,000円



車両本体価格は以前より高くなってしまっていますが、装備がオプションから標準装備になったりしているためと思われます。詳しくは後述のグレード別装備からご覧ください。

簡単に要点をまとめると…


・233万円〜333.3万円までの価格帯
・売れ線のガソリンG(FF/6人乗り)が233万円とかなり安い
・各グレードとも4WDは16.5万円増し
・ハイブリッドはガソリンより、フリードで35.75万円、フリード+で28.6万円、クロスターで33万円増し(!!)
・クロスターはGより、フリードガソリン車で29.7万円、フリード+ガソリン車で22万円、フリードハイブリッド車で26.95万円、フリード+ハイブリッド車で26.4万円増し
・3列シートのクロスターには6人乗り仕様しかない
・フリード+(2列シート)はフリード(3列シート)より、ガソリン車9.35万円、ハイブリッド車2.2万円増し


って感じです。

2列シートのフリード+のほうが3列シートより高いというのも謎ですが、いろいろ車内をカスタマイズするためのアタッチメントが付いているためと思われます。

改めて見てみると、売れ線となっているガソリンモデルのG(FF/6人乗り)が233万円て、かなりお安いですよね。
それでいて、安全装備のホンダセンシングは標準装備となっているので、装備面でプアーということもないのは良いです。
ただ、ガソリンモデルのフロントランプはハロゲンになるので、LEDヘッドライト(+LEDアクティブコーナリングランプ)73,300円は付けておいたほうが良いでしょう。

 FREEDCROSTAR04


ホンダ フリードのボディサイズ


フリードのボディサイズは以下の通り↓

全長 【フリード】4,265mm【フリード+】FF→4,295mm 4WD→4,265mm
全幅 1,695mm
全高 FF→1,710mm 4WD→1,735m


となっています。
3列シートの「フリード」の方が、2列シートの「フリード+」に比べて全長が長くなっていますが、その差わずか3cmとなっています。





ホンダ フリードのグレード別装備


フリードにはクロスターとモデューロX、特別仕様車のブラックスタイルで専用装備が用意されています。

クロスターには

・専用フロントグリル
・フロントロアースポイラー&フロントロアーガーニッシュ(シルバー塗装)
・サイドシルガーニッシュ
・リアロアースポイラー&リアロアーガーニッシュ(シルバー塗装)
・ルーフレール
・専用15インチアルミホイール
・LEDフォグライト
・LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト
・専用コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
・本革巻ステアリングホイール
・シートバックアッパーポケット


といった、専用のドレスアップパーツが備わります。
人気のSパッケージが標準装備になっているのもいいですね。
これでノーマルグレードとの価格差は22万円〜29.7万円となります。

 FREEDCROSTAR07


そしてコンプリートカーの モデューロX には

〈エクステリア〉
・専用フロントグリル
・専用フロントエアロバンパー
・専用サスペンション
・専用15インチアルミホイール
・専用リアロアースカート
・専用LEDフォグライト
・専用フロントビームライト
・専用リアエンブレム(Modulo X)など
〈インテリア〉
・専用ブラック コンビシート(プライムスムース × スエード調/Modulo X ロゴ入り)
・専用本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
・専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo X アルミ製エンブレム付)など


が専用装備としてついています。


特別仕様車のブラックスタイルではGとCROSSTARで特別装備が異なっており、G 特別仕様車ブラックスタイルでは

・フロントグリルガーニッシュ(ダーククロームメッキ)&フロントグリル(マットグレー)
・LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト ※フリードGのみ。その他タイプは標準装備。
・ドアミラー(クリスタルブラック・パール)
・アウタードアハンドル(クリスタルブラック・パール)
・LEDハイマウントストップランプ(クリアタイプ)
・リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
・15インチアルミホイール(ブラック)
・ブラック ファブリックシート&ブラック インテリア


となっており、CROSSTAR 特別仕様車ブラックスタイルでは上記に追加変更して

・CROSSTAR専用デザイン 15インチアルミホイール(ブラック)
・フロントロアースポイラー&フロントロアーガーニッシュ(ガンメタリック塗装)
・リアロアースポイラー&リアロアーガーニッシュ(ガンメタリック塗装)
・ルーフレール(ブラック)
・専用ステッチ(シルバー)コンビシート&インテリア

が専用装備となっています。






フリード/フリード+ Gの主要装備


それではモデル別主要装備を、下のグレードから順に見ていきましょう。

〈安全装備〉
Honda SENSING(衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、先行者発進お知らせ機能、標識認識機能、路外逸脱抑制機能、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システム、後方誤発進抑制機能)
LEDヘッドライト(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機能付)
LEDアクティブコーナリングライト
3列目シート3点式ELRシートベルト(フリード)
車両接近通報装置(ハイブリッドのみ)
エコアシスト(ECONモード、コーチング機能)(ティーチング機能付)
シートベルト締め忘れ警告ブザー&警告灯(シートベルトリマインダー付)(運転席/助手席)

〈快適装置/メーター〉
運転席&助手席シートヒーター
両側パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機能付)
スライドドア・イージークローザー(リア両側)
プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
Hondaスマートキーシステム(キー2個)

〈インテリア〉
2列目キャプテンシート(両側アームレスト付)(フリード6人乗り)
2列目6:4分割タンブルシート(センターアームレスト付)(フリード7人乗り)
2列目6:4分割可倒式シート(ダブルフォールダウン機構付)(フリード+5人乗り)
3列目5:5分割跳ね上げシート(フリード)
FABTECT(撥水・撥油)
インパネミドルエリア 木目調(ウォールナット)
ハイブリッド専用セレクトレバー
シートバックポケット(助手席)
センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型)
グラブレール(助手席/2・3列目左右)(フリード)
クラブレール(助手席/2列目左右)(フリード+)
タイダウンフック(フリード+/FF4ヵ所・4WD2ヵ所)
【フリード+専用装備】
ー荷室用ユーティリティーボード
ーユーティリティーナット
ーテールゲートランプ(バックドアランプ)
ーラゲッジルーム内アクセサリーソケット(DC12V)

〈エクステリア〉
LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)(ハイブリッド専用)
電動格納式リモコンドアミラー(LEDウインカー付、オートリトラミラー)(カラード)
アウタードアハンドル(カラード)
リアライセンスガーニッシュ(クロームメッキ)
IRカット(遮熱)/UVカット機能付フロントウインドウガラス
IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラス
高熱線吸収/UVカット機能付きフロントコーナーガラス
コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウ)

〈足まわり/走行関連メカニズム〉
15インチスチールホイール+スチールラジアルタイヤ+フルホイールキャップ(ハイブリッドは専用デザイン)
電動サーボブレーキシステム


*メーカーオプション
LEDヘッドライト(+LEDアクティブコーナリングランプ)73,300円
1列目シート用サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(1〜3列目シート対応)+クラブレール 運転席
Sパッケージ
ーコンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
ー本革巻ステアリングホイール
ーシートバックアッパーポケット
ー15インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ


となっています。

いままで「Cパッケージ」という、プラズマクラスター付きフルオートエアコン、運転席・助手席シートヒーター、ロールサンシェード(スライドドア両側)、UV&IRカットガラス、親水&ヒーテッドドアミラー、撥水フロントドアガラス、熱線入フロントガラスがセットで入ったメーカーオプションが72,100円であったのですが、今回ではすべて標準装備となっています。


フリード/フリード+ CROSSTAR の主要装備


※上記 G に変更追加して

〈安全装備〉
1列目シート用サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(1〜3列目シート対応)
LEDフォグライト

〈インテリア〉
クラブレール 運転席
Sパッケージ
ーコンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
ー本革巻ステアリングホイール
ーシートバックアッパーポケット
インパネミドルエリア 木目調(プライウッド)

〈エクステリア〉
電動格納式リモコンドアミラー(LEDウインカー付、オートリトラミラー)(シルバー塗装)
アウタードアハンドル(高輝度シルバー塗装)
リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
【CROSSTAR専用エクステリア】
専用フロントバンパー
フロントロアースポイラー&フロントロアーガーニッシュ(シルバー塗装)
サイドシルガーニッシュ
リアロアースポイラー&リアロアーガーニッシュ(シルバー塗装)
ルーフレール
Sパッケージ
ー15インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ(CROSSTAR専用デザイン)


クロスターでも、以前メーカーオプションだった、サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(49,900円)や、ハイブリッドのみだったLEDヘッドライトがガソリンモデルでも標準装備となっています。


Modulo X の主要装備


※上記に G に変更追加して

〈安全装備〉
1列目シート用サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(1〜3列目シート対応)
LEDフォグライト(Modulo X専用デザイン)

〈快適装備/メーター〉
ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

〈インテリア〉
クラブレール 運転席
FABTECT(撥水・撥油)なし
Sパッケージ
ーModulo X 専用ブラック コンビシート(プライムスムース×スエード調/Modulo X ロゴ入り)
ー本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
ーシートバックアッパーポケット
インパネミドルエリア ピアノブラック調

〈エクステリア〉
電動格納式リモコンドアミラー(LEDウインカー付、オートリトラミラー)(クリスタルブラックパール)
Sパッケージ
ー15インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ(Modulo X 専用デザイン)






ホンダ フリードの見積もりを公開!


それではお待ちかね!フリードの見積もりを見てみましょう。

FreedTakusan.jpg


フリード クロスター ガソリンモデル(FF/6人乗り)の見積もり


まずは個人的にイチオシの、ガソリンモデルのクロスター(FF/6人乗り)の見積もりを見てみましょう!!
なんでイチオシかと言うと、フリードではハイブリッドとガソリンならガソリンモデルをオススメしたいです。

何故かと言うと、フリードのハイブリッドは、1モーターのハイブリッドでモーターの出力が弱めで、アクセルを踏むとすぐにエンジンが掛かってしまいます。
そしてあんまりパワーも感じず、実燃費もガソリンモデルと大差ないレベルとのこと。
それで33万円も値段が高いならガソリンモデルで良いよと言うことです。


ということで、ガソリンモデルのクロスター(FF/6人乗り)の出来上がった見積もりがコチラ!!

FreedGASffTypeCROSS-1.jpg

フリードクロスター ガソリン(FF/6人乗り)のコミコミ価格は290.8万円!!

FreedGASffTypeCROSS-2.jpg

おっとー!!
思ったより相当安いぞ!!


付けたオプションはこんな感じ↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円

ディーラーオプションしか記載されていませんが、今回は見積もり価格を抑えるために最低限しか付けていません。
ナビも7インチの安価なものです。ドラレコは安い社外品で済ませるのもアリです。

ETCの記載もありませんが、実はフリードではETCは一部グレードに標準装備となっており、ディーラーオプションナビを装着すればETCも付いてくるという超お得仕様となっています。コスパがやべぇ。

なのでメーカーオプションも付けていません。
以前はこれに「Cパッケージ」や「サイドエアバック」などをオプションで12万円ほどつけるのがおすすめでしたが、すべて標準装備となりましたので、特にここから更につけた方がいいオプションはありませんので、この値段をそのまま参考にしていただいて問題ないと思います。
LEDヘッドライトについてもCROSSTARでは標準装備となっています。

点検パックは82,160円でつけています。

それで出来上がったフリードクロスター ガソリン(FF/6人乗り)のコミコミ価格は290.8万円ということです。
こりゃ売れるのも納得だわ…。




フリードクロスター ハイブリッド(FF/6人乗り)の見積もり


とは言え、「やっぱりハイブリッドがいい!」って人もいると思いますので、念のため比較用にハイブリッドのクロスターの見積もりももらってきました。

出来上がった見積もりがこちら↓

FreedHEVffTypeCROSS-1.jpg

フリードクロスター ハイブリッド(FF/6人乗り)のコミコミ価格は318.9万円!!

FreedHEVffTypeCROSS-2.jpg

あれ?車両本体価格が33万円違う割には、あんまり価格差が無いですね。

付けたオプションはこちら↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円

こちらも最低限。
ナビも7インチのものにしています。

こちらも点検パック82,160円が含まれています。

ハイブリッドなのでエコカー減税の分、環境性能割と重量税が安く上がりますが、これも2024年以降どうなるかは不明。
免税の分安くなって、先ほどのクロスターのガソリンモデルとの価格差は28万円程度
これでハイブリッドを買うかどうかというところですね。




フリードG ガソリンモデル(FF/6人乗り)の見積もり


続いて、クロスターがイチオシではありますが、クロスターだけ納期が半年待ち近く延びてしまっているとのことで、諦めて通常グレードにする人も多いということで、ノーマルのG・Honda SENSING (FF/6人乗り)の見積もりももらってきました。

出来上がった見積もりがこちら↓

FreedGASffTypeG-1.jpg

フリード G・Honda SENSING (FF/6人乗り)のコミコミ価格は260.6万円!!

FreedGASffTypeG-2.jpg

6人乗りの3列シートミニバンで、この価格。
昨今値上がりする軽自動車より安くないかコレ…。


付けたオプションは最低限です↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円

ナビは同様に7インチ。
さらにLEDヘッドライトやSパッケージも装備していない、素の状態です。
ただ、点検パック82,160円を含みます。

なので、最低限ではこの価格でも乗れますが、おすすめ的にはLEDヘッドライトとSパッケージ、サイドエアバッグくらいは付けておきたいところです。



ということで、Sパッケージなどのおすすめオプションをつけた見積もりも、実は取ってきました!

ノーマルのG・Honda SENSING (FF/6人乗り)おすすめオプション付の見積もりはこちら↓

FreedGASffTypeGop-1.jpg

フリード G・Honda SENSING (FF/6人乗り)おすすめオプション付 のコミコミ価格は280.2万円!!

FreedGASffTypeGop-2.jpg

それでも値引きはクロスターよりも引き出しやすいと思うので、時期によっては260万円くらいには収まるかもしれませんね。




フリードG ハイブリッドモデル(FF/6人乗り)の見積もり


そしてこちらも、やっぱりハイブリッドがいい!って人のために、Gでもハイブリッドの見積りも貰ってきました。
ノーマルのハイブリッドG・Honda SENSING (FF/6人乗り)の見積もりがこちら↓

FreedHEVffTypeG-1.jpg

フリード ハイブリッドG・Honda SENSING (FF/6人乗り)のコミコミ価格は292.0万円!!

FreedHEVffTypeG-2.jpg

ガソリンモデルよりやっぱり32万円ほど高くなっています。

付けたオプションは同様に最低限です↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円

ナビは同様に7インチ。
ただし、ハイブリッドモデルではLEDヘッドライトは標準装備になるので、おすすめ的にはSパッケージくらいは付けておきたいところです。

ということでこちらも見積もり取ってきました。
ノーマルのハイブリッドG・Honda SENSING (FF/6人乗り)にSパッケージなどおすすめオプションを付けた見積もりがこちら↓

FreedHEVffTypeGop-1.jpg

フリード ハイブリッドG・Honda SENSING (FF/6人乗り)おすすめオプション付 のコミコミ価格は304.1万円!!

FreedHEVffTypeGop-2.jpg

ガソリンのクロスターとだいたい同じくらいの価格になりますね。




フリードG 特別仕様車ブラックスタイル ガソリンモデル(FF/6人乗り)の見積もり


そして、新しく追加された特別仕様車ブラックスタイルの見積もりをフリードのGグレードでとってきました。
ガソリン G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り)の見積もりがこちら↓

FreedGASffTypeGブラック-1

フリード ガソリン G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り)のコミコミ価格は274.6万円!!

FreedGASffTypeGブラック-2

付けたオプションは同様に最低限です↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円




フリードG 特別仕様車ブラックスタイル ハイブリッドモデル(FF/6人乗り)の見積もり


そしてこちらも、ハイブリッドモデルの特別仕様車ブラックスタイルの見積もりも見ていきましょう。
ハイブリッド G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り)の見積もりがこちら↓

FreedHEVffTypeGブラック-1

フリード ハイブリッド G 特別仕様車 BLACK STYLE・Honda SENSING (FF/6人乗り)のコミコミ価格は299.8万円!!

FreedHEVffTypeGブラック-2

付けたオプションは同様に最低限です↓

FreedGASffTypeG-3.jpg

・フロアマットSTD 38,665円

特別仕様車のBLACK STYLEでも全然300万円以下で収まってしまいますね。
そりゃーフリードが売れるわけだ。





フリードの見積りをした感想・評価は?


 FREEDCROSTAR01

モデル末期でも未だ売れ続けるフリードの見積もりを、ハイブリッドとガソリンなどいろいろもらってきましたが、参考になりましたでしょうか?
個人的な感想としては「クロスターでもGでも、ガソリンモデルがおすすめ。クロスターは専用装備がカッコいいけど機能装備面では同じだし納期も半年とかなり長いので、値引きも引き出しやすいGを安価に乗るものアリ」と思いました。

4.2mを切る全長に、全幅も1.7m以下と、かなりコンパクトなボディなのに、室内は3列シートで広々。
実際に、3列目まで座りましたが、多くの3列シートSUVなんかよりまともに座れました。

 FREEDCROSTAR02

電動パーキングブレーキが付いてないのだけが個人的には残念なポイントですが、家族の送り迎えには、こんなに便利な車はないと思います。
ファミリーカーとしての取り回しと居住性では、ピカイチではないでしょうか。

 FREEDCROSTAR03

軽自動車でも260万円そこそこするこの時代においては、フリードのコスパはもはや異常と言えるほど。
安くて広くて使い勝手が良いなら、売れるのも納得ですね。
まさに「ちょうどいい!フリード!」ですね^^

ご興味ある方は、お近くのホンダディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか^^
※さいたま近郊なら営業マン紹介しますので、PC版ワンダー速報のメールフォームやコメント欄からその旨ご連絡いただければと思います。



フリードをできるだけお得に購入するには?


ということで、そろそろフリードなど新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

そしてここからはガチで売却価格を上げる方法ですが、車種情報入力で、「メーカー・車種名」「年式」「走行距離」など見積もりたい車の情報を入力します。

車種情報入力

査定には、名前や電話番号などの個人情報も必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。
後ほど、買取店からの査定依頼の電話がかかってきますが、これは高く売るために必要なことなのでちゃんと入力しましょう。
電話番号を入力するとSMSメールで4桁の認証コードが送られて来るので、それを入力すれば「○○○円~○○○円」という、ざっくりとした価格がWEBサイトに表示されます。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること、②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がオススメです。


買取_300-250


通常の一括査定サイトとドコが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません
翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKというサービスです。
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認出来るので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることが出来ます。

その後、査定額上位3社だけから、実際にクルマを見て査定してもらうための電話連絡が入ります。
結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、煩わしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

上位3社とも、実際にクルマを見て査定をしたいと言ってくるので、同じ時間帯にアポイントを入れて競わせるのは、通常の一括査定サイトと同じ手順となります。


MOTA一括査定のデメリットとしては、

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる点

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある点

が挙げられます。
なので、一括査定に慣れている人は、ナビクルなどの通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります。

どちらでもお好みに合わせて使えば良いと思います。

一括査定に慣れている人はコチラ↓

かんたん車査定ガイド






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250


MOTAでも最終的には3社が実際にクルマを見ての査定になるので、同時間帯にアポイントを入れて、名刺の裏に査定額を書いてもらって入札制にする手順は同じになります。


私も昔は、特に何も考えずディーラーで下取りに出してしまっていましたが、今ではこのフローにしたがって買い換えるようにしています。

ネット一括査定にエントリーすると電話がジャンジャン鳴ったり、同じ時間に呼んで入札制にするのは面倒くさいという人も居ますが、それをやるだけで数十万円高く売れるのであれば、やらない理由はないということです。

さて、最後によくある質問についてもお答えしておきましょう。


Q:古い車や過走行のクルマでも高く売れるの?
A:程度にもよりますが、ディーラー査定よりは高く売れる可能性は高いです。ディーラーでは廃車と言われた実家の10年落ちストリームが、一括査定をした結果、17万円で買い取ってもらえました。


Q:軽い気持ちでエントリーしたら、電話が鳴りまくってビビったw
A:エントリーするなら休日や仕事時間外など電話を受けられる時がオススメです。着信履歴は多くても、実際に電話してるのは3〜4社なので、4回くらい電話を受ければ終わります。すぐに売るつもりが無ければ「愛車の現在の相場が知りたかっただけ」と言って断ればOKです。


Q:納車までが長いんだけど、いつ一括査定にエントリーすればいいの?
A:納車日の1ヶ月〜2週間前くらいがベストです。ただし、毎年1月下旬〜2月中旬が中古車買取相場が高くなる時期なので、多少前後してもそのタイミングでエントリーしたほうが高く売れる可能性が高いです。下で解説しますが、引き取りのタイミングは調整可能です。


Q:売却するのが決まったらすぐ引き取られちゃうの? 代車は出してくれるの?
A:引き取りのタイミングはこちらの要望を聞いてもらえます。ただ、数ヶ月先などになると、査定額も本気では出してくれないので、エントリーのタイミングは納車の1ヶ月前〜2週間前くらいがベストです。そして納車日の前日とか翌日とか都合のいい日に引き取ってもらえばOKです。
また、買取店が「今すぐ引き取りたい」という場合には、代車を数週間貸してくれるところもあるので、相談してみると良いでしょう。


Q:ローンや残クレの途中なんだけど、売却できるの?
A:問題なく売却できます。ただし、売却が決まったら残債を精算しなければならないので、査定額が残債額未満の場合は、買取店の指定する口座に振り込む必要があります。残債以上で売れた場合には、差額が自分の口座に振り込まれます。


Q:買取店からの電話で、他の買取店と時間をずらして欲しいと言われるんだけど…
A:買取店は、他店が居ないところでの独占交渉を持ちかけてきますが、相見積もりさせないで「押し買い」される危険性があるので、独占交渉はできるだけ避けたほうが良いです。「他の買取店はまだ居ない」とか「こちらの都合が聞けないなら降りてもらって結構です」と言えばOKです。


Q:一括査定だと裏で談合されると聞いたけど…
A:談合されるよりも、独占交渉で押し買いされるほうが安い価格で売らざるを得なくなる可能性があるので、複数社集めて入札にしたほうが良いと思います。また、ディーラーでの下取り査定額プラス10万円くらいを最低価格として最初に言っておけば、少なくともそれは超えてくるので損することは有りません。
また、何件も別々に査定させたり、買取店をハシゴしたりすると、それだけで丸一日以上かかってしまうので、一括査定で2時間以内で終わらせるほうが時間的コストもかかりません。


Q:自宅の駐車場に何社もいっぺんに集めて査定させるのは厳しい…
A:近隣のコインパーキングや公園など、他の場所に来てもらうのも有りです。ただし、査定する際に車検証などが必要になるので、それは車内に置いておきましょう。実際に売却が決まったら、ハンコや書類の手続きが必要になるので、自宅に呼びたくない場合は印鑑や免許証(これは確実にあると思いますが)は持参するようにしたほうが良いでしょう。



たった一日の苦労で、数十万円の差が出るのなら、試してみない手はないと思います^^
実際にワン速方式で数十万円得した「喜びの声」も多数いただいてます(笑)








数十万円の差になるなら、電話の対応くらい安いもんです!
数十万円高く売れたら、エアロとかオプションも追加できちゃうし、旅行だって行けちゃう。

今すぐ売却する予定がない人も、こちらのページをブックマークしておいて、納車が近づいてきたら試してみると良いですよ^^

そしてエントリーするなら、私も利用しているコチラの一括査定がおすすめです↓

かんたん車査定ガイド






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250



人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

 FREEDCROSTAR07

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!



















では次回のワンダー速報もお楽しみに!



ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ







一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント