【4列シート8人乗り】グランエースG試乗しました!4列目まで内装と乗り心地をチェック!

グランエースG 4列8人乗りの試乗ドライブフィール編!


GRANACE12_2020030920291450f.jpg

トヨタの大型ミニバン、グランエースの試乗インプレッション2回目です。
前回は、エクステリアと内装編をお届けしましたが、まだ見ていない方はそちらから見ていただければと思います。

今回はその続きでグランエースGのドライブフィール編をお届けします。

今回アップした動画はこちら!!↓




前回アップした内外装編を見てない人は、こちらからどうぞ↓



なかなか試乗車もない中、またまたカー&レジャーさんに広報車を手配していただきました。
いつもいつもありがとうございます。

今回のブログでは、動画の内容に沿ってざっくり解説しますので、併せてみていただけると嬉しいです^^

そして先日アップしたトヨタさんからの指令書のヤリスの縦列駐車にチャレンジ動画も良かったら見てみてくださいね!



なんと、トヨタさんのHPにもワンソクTubeの動画が掲載されています!!
良かったら見てみてくださいね↓

トヨタHP ヤリス感動パーキング動画

↑別タブで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!



グランエースGのエクステリアと内装レポートは続きをどうぞ↓




グランエースGのエクステリアをチェック


今回試乗させてもらったのは、以前に東京モーターショーで見てきた3列シートのPremiumとは異なり、4列シートのGです。

GRANACE10_20200309202909e7e.jpg

ハイエースよりも高級感のあるフロントマスクは、個人的には結構好きです。
ノアにも似た印象があります。

FFのアルファードやヴェルファイアと異なり、グランエースはFRになっているので、フロア高がやや高くなっています。

GRANACE.jpg

そしてパワートレインは直列4気筒2.8Lディーゼルターボエンジン6速ATが組み合わされており、スペックは

最高出力 130kW(177ps)/3,400rpm、
最大トルク 450Nm(46.1kgm)/1,600〜2,400rpm
WLTCモード燃費 10.0km/L


となっています。

全長5mを超えるボディながら、最小回転半径は結構小回りな5.6mとなっています。

RAV4のG Z packageが5.7mなので、それより小回りってことになりますね。
このあたりは動画でも転回しているシーンがあるので見ていただければ。

ただ、大きなボディで意外と小回りが効くので、内輪差には気をつけなければなとは思いました。

GRANACE08_20200309202906852.jpg
↑クリックで拡大します。

アルファードやヴェルファイアよりも大きなサイズのボディは、ひと目見てもそのデカさがわかります。

新型グランエースのボディサイズは全長5,300mm×全幅1,970mm×全高1,990mm、ホイールベース3,210mmと、センチュリーと同じくらい長いボディで、さらにスクエアなので余計に大きく見えます。

全幅2m、全高2mと、ほぼ四角ですからね。

GRANACE06_20200309202903e1b.jpg

特にリアから見た時の四角い感じはすごいです(笑)

東京モーターショーに展示してあったのはグランエースのPremiumという3列シート6人乗り仕様でしたが、基本的に見た目は全く一緒です。

GRANACE09_2019102802320535a.jpg
↑クリックで拡大します。

ボディカラーが白か黒かで印象も結構変わりますね。

GRANACE12_2020030920291450f.jpg
↑クリックで拡大します。

どちらも17インチタイヤ&アルミホイールが標準装備でデザインも一緒。

グリル周りも同じです。

GRANACE09_20200309202908c5f.jpg

ヘッドライトは、オートマチックハイビームに留まり、アルファードやヴェルファイアのアダプティブハイビームシステムよりは劣ります。
また、ウインカーも豆球。

ポジションランプはデイライト機能を有しているのは良いですね。
フォグランプもLEDです。

GRANACE10.jpg

黒のグランエースと比較するとどちらがお好みですか?



グランエースGの運転席周りをチェック


続いてはグランエースの運転席周りですが、驚くのはそのフロアの高さ。

GRANACE07_20200309202905f77.jpg

これはアルファードやヴェルファイアよりも高いです。

なので、Aピラーにあるグリップ必須で、よっこいしょって乗り込む感じになります。

グランエースGの前席全景はこんな感じ↓

GRANACE03_202003092029003ec.jpg
↑クリックで拡大します。

アルファードやヴェルファイアと比較すると、内装の質感は一歩劣ります。

VELLFIRE15_20200309210035a63.jpg
↑クリックで拡大します。

こちらは先日試乗したばかりのヴェルファイアZ Gエディションの内装です。

決定的な違いでもある、電動パーキングブレーキの有無や、シートベンチレーションの有無など、グランエースには超えられない壁があると思いました。
ただ、USBポートに関しては、グランエースのほうが豊富にあります(笑)

グランエースはサイドブレーキで、電動パーキングブレーキは非採用。
さらにドライブフィール編の動画でも言及していますが、運転支援装備が弱く、全車速追従のレーダークルーズコントロールは無し(30km/h以上でのみ作動)、レーントレーシングアシスト非採用(レーンディパーチャーアラートに留まる)など、ドライバーズカーとして見ると、圧倒的にアルファードやヴェルファイアのほうがオススメです。


グランエースGの2列目・3列目・4列目をチェック


ドライバーズカーとしてはアルヴェルに劣るグランエースですが、人を運ぶ乗り物として考えると良さも光ります。

GRANACE01_20200309202857d3a.jpg

2列目自体は、アルファードやヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ以外のグレードの最上級グレードの、エグゼクティブパワーシートが採用されています。

シートだけで比較するとアルヴェルと同じなんですが、乗り心地はグランエースのほうが良いと思えるフシがありました。
これは動画でも詳しく語っていますが、先日ヴェルファイアの2.5Lに試乗した際に、2列目のエグゼクティブパワーシートに座ってみると、走っているとシートバックがブルブルと常に揺れている感じでした。
これはどこかフロアか何かの共振が起こってしまっているんだと思いますが、本来なら一番の豪華シートである2列目があまり快適とは思えなかったんですよね。

オーナーさんに聞いてみると、2列目シートを前のほうに設定すると振動も抑えられるとのことですので、そういった対策もあるかもしれませんが、グランエースの2列目や3列目ではこうした不快なブルブルは感じませんでした。

GRANACE02_202003092028582b2.jpg

グランエースGの3列目以降は、2列目シートとは異なり、かなり簡素化されます。
4列全て座れるように設定すると、それぞれのシートの膝前にはコブシ1.5個分くらいずつしか空きませんが、それでも十分座れる広さだと思いました。

GRANACE05_20200309202902f10.jpg

3列シートSUVの窮屈さよりは数倍まともです。

このあたりは、実際に動画でご確認いただければ、よりリアルにわかると思います。



上記が内外装編です。

そして今回アップしたドライブフィール編では、それぞれのシートに座って走行中のレポートもしていますのでぜひ見てみてくださいね↓



動画の最後で、【私のグランエースGを買いたい度】の採点もしていますので、良かったら見てみてください(笑)
果たしてどれだけ買いたい度があるのか…(笑)


そして、東京モーターショーで見てきたグランエースPremiumの動画もよかったらどうぞ↓



こちらは3列6人乗りです。


グランエースは法人以外でも大きい車が好きな人は購入する人も居そうですね。

GRANACE12_2020030920291450f.jpg

アルヴェルは人と被りすぎるので嫌だ!と言う人は、グランエース買っちゃうかもしれませんね。

最近では気になるクルマがいろいろデビューしていますが、1年とか2年とか納車後あまり年月が経っていなくてもクルマ買い替えちゃって良いと思います。

1年とか2年目くらいのほうがもちろん高く売れますし、次に買う時は早く売ることを考慮して、メンテパックや延長保証もカットして買えば良いんです。
車検費用や延長保証、メンテパックやオイル・ブレーキ・タイヤなどの消耗品代もかからないし、私はコーティングすらカットしています。
そうすることで、長く乗るよりも維持費は意外とお得だったりして。

GRANACE01_20200309202857d3a.jpg

まずは愛車の査定をしてみて、価格が高かったら考えてみてはいかがでしょうか^^

ということで、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車を売る気

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

ユーカーパックbanner_a_300×250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

GRANACE10.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^










では次回のワンダー速報もお楽しみに!





ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

ユーカーパックbanner_a_300×250-2








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント