新型ハスラー試乗!内装&後席&ラゲッジスペースを画像大量レビュー!試乗ドライブフィール動画もアップ!

スズキの新型ハスラーの試乗レポート内装編&ドライブフィール動画アップ!!


前回までのブログ記事では、新型ハスラーのエクステリアをお届けしていましたが、今回はその続きでハスラーの内装編を後席からラゲッジスペースまでまとめてお届けします!

HUSTLER16.jpg

そして今回は新型ハスラーの試乗ドライブフィールレポート動画もアップしました!

今回アップした動画はこちら!!↓




前回動画の内装&外装編を見てない方は、そちらからどうぞ↓



電動パーキングブレーキがない車は買わない教に入信している私ですが、新型ハスラーはそれを置いても良いと思える車に仕上がっていました。
買いたい度が何点になったかは、動画をぜひ見てみてくださいね。


そして新型ハスラーの内装画像大量のブログの続きをどうぞ↓





新型ハスラーの運転席周りをチェック!


今回試乗させていただいたのは、ハスラーの上位グレード、HYBRID X ターボ(4WD/2トーンカラー)で車両本体価格は1,790,800円からとなっています。

HUSTLER11.jpg
↑クリックで拡大します。

ではまずは運転席ドアを開けてみましょう。

HUSTLER39.jpg

先代ハスラーでは運転席窓は2分割になって三角窓が付いていましたが、今回は一枚ガラスになって広々となりました。

HUSTLER38.jpg

ドアトリムは、試乗車のハイブリッドXターボではファブリックが貼られていて質感もGOOD。
さらにボディ同色の加飾パネルが付いていて、見た目にも良いですね。

下位グレードではこうしたファブリックやパネルはありませんでした。


続いて新型ハスラーのハイブリッドXターボのシートですが、これまたボディカラーとコーディネートされたカラーリングとなっています。

HUSTLER37.jpg

座面幅もしっかり取られていて、リフト機構も当然備わっているのでどんな体型の人も適切なドラポジをとることができます。ただ、残念なのは、ステアリングにテレスコピック機能はなし。
実はジムニーではシートのリフト機構すら付いてないのを考えれば、ハスラーのほうがだいぶまともです。


続いて、新型ハスラーハイブリッドXターボの前席全景を見てみましょう。

HUSTLER16.jpg
↑クリックで拡大します。

先代ハスラーの内装はカジュアルでPOPな感じがしていましたが、今回はエクステリアだけでなく内装も男性的になりましたね。
特徴的なのは、○が3つ並んだようなインテリアデザイン。
ボディ同色になっているのも良いですね。

ちなみに先代ハスラーの内装はこちら↓

HATSLER13_20200404113856495.jpg
↑クリックで拡大します。

今見ると相当シンプル。
新型のほうがデザインの密度感が上がり、質感が高く見えますね。


細かく見てみましょう。

HUSTLER33.jpg

ゴツゴツとしたシボがついていたり、タフなギアと言った感じのインテリアデザインですね。
G-SHOCKの腕時計のような良さがあります。

まずはインパネですが、9インチのナビはオプションですが、UI含めハスラー専用で作られているので見た目もGOODです。
カジュアルなインターフェイスは気分も高揚します。

HUSTLER32.jpg

ナビ、車両設定、音楽、と3つに分割されたメニュー画面ですが、この画面で地図をもっと大きく、運転席側に表示できてたらもっと見やすかったかな。

CD・DVDのスロットがあるのも◎。最近のナビはCD入らないの増えてきましたからね。
まぁ私も使わないんですが…^^;

そしてSNOWモードやGRIP CONTROL、ヒルディセントコントロールなどの物理スイッチがあるのはすごいですね。
スイッチを押すと、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイ内にアニメーションで表示されます。

HUSTLER14.jpg

雪道やオフロードを走る人は重宝しそうです。

HUSTLER31.jpg

今回のハスラーでは、360°ビューモニターも5.5万円程度のオプションで用意されています。
このクラスの軽自動車にも安価で付くのなら、トヨタなど上位グレードにしかオプション設定できないとか、そういうセコイことするのやめてほしいですよね…。
安全装備で消費者の足元見るのは良くないと思います。


インパネ下部にはUSBポート1口とシガーソケット、そして運転席助手席のシートヒーターがあります。

HUSTLER30.jpg

ハスラーはシートヒーターが全グレードで標準装備なのは嬉しいですねぇ。
冬場は必須とも思える装備ですからね。

そして忘れてはならないのがパーキングブレーキですが、残念ながら新型ハスラーでは電動パーキングブレーキは非採用
足踏みブレーキになります。

電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド機能があると、信号停止時などにブレーキペダルを踏み続けなくても、停止状態が保持されるようになってめちゃくちゃ楽です。

eKspace05_20200404125710a8e.jpg
↑画像はeKスペース

さらに、アダプティブクルーズコントロールが全車速追従になり、停止保持機能もつくようになります。
これは使ってみるとめちゃくちゃ便利なので、体感したことがない人はぜひ味わって欲しいところです。



軽自動車でも、日産のデイズ、ルークス、三菱のeKシリーズ、ホンダのN-WGN、そしてダイハツのタフトなど、電動パーキングブレーキを採用している車種も増えてきているので、今後はスズキも対応せざるを得ないのではないかと思います。



続いては、新型ハスラーのステアリングホイールを見てみましょう。

HUSTLER36.jpg

個人的には、このステアリングホイールのデザインだけが、今回のインテリアデザインからは浮いて見えます。

HUSTLER16.jpg

直線基調のデザインだったら良かったのにとは思いますが、機能性は十分です。
ステアリングスイッチの右側で、アダプティブクルーズコントロールなどを調整できます。

そしてメーターは大きなスピード1眼タイプに4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイが備わります。

HUSTLER35.jpg

タコメーターはマルチインフォメーションディスプレイ内で切り替えれば表示できますが、個人的には常時みたいので、物理的にある方が良かったですね。

HUSTLER34.jpg

マルチインフォメーションディスプレイではいろいろな情報を切り替えることが出来、ハイブリッドのエネルギーフローも見ることができます。

スペーシアにあったガラス投影式のヘッドアップディスプレイはハスラーでは採用されませんでした。



新型ハスラーの助手席側をチェック!


続いては助手席方向を見てみましょう。

HUSTLER29.jpg

運転席と助手席は、先代はベンチシートでしたが新型からセパレートになりました。
その間には紙パックも置けるドリンクホルダーと、カバンなどをひょいと置けるスペースになっています。
このほうが実用的ですね。
それでもちゃんと助手席と運転席間の左右ウォークスルーはできます。

アームレストは運転席側のみ装備されます。


続いて助手席ダッシュボードですが、特徴的な丸の部分には4つ穴が空いていて、オプションのバンドをつければ、ネットのようにものを固定して置けるようになります。

HUSTLER33.jpg

そしてその部分は開閉式になっていて、開けば1.5kgまで物を置けるテーブルになります。

HUSTLER28.jpg

中にはティッシュボックスを立体的に置けるような段差も用意されていて、工夫されていますね。

そしてその下には、むき出しのトレーと、さらにグローブボックスも完備。

HUSTLER27.jpg

そして、写真を撮り忘れましたが、今回のハスラーでも、スズキではお馴染みの助手席下の取り外し可能なトレーも健在。

img21.jpg

靴とか入れておくにも便利。
新型ハスラーは収納においてはかなり充実していますね。



新型ハスラーの後席をチェック!


続いて後席ドアを開けてみましょう。

HUSTLER26.jpg

90°とまでは行きませんが、開口幅はOK。
トリムはすべてハードプラです。
ドリンクホルダーが備わっているのは良いですね。

HUSTLER25.jpg

そして窓も100%開閉できるのはGOOD!


そして後席の足元は驚くほどに広い!

HUSTLER24.jpg

身長173cmのワタシのドラポジに運転席を合わせても、後席膝前にはコブシ4つ分くらいのスペースがあります。

HUSTLER23.jpg

ミニバン級の広さです。
下手なセダンでは太刀打ちできないですね。

さらにシートバックポケットも運転席、助手席側に完備されています。
こちらの試乗車には助手席側シートバックテーブルまで完備!

HUSTLER22.jpg

このパーソナルテーブルは上位グレードXに標準装備。
ドリンクホルダーやコンビニフックまで完備されています。
ハスラーの収納スペースはかなり豊富に用意されていますね。



ハスラーの後席はリクライニング機構&スライド機構付き。

HUSTLER21.jpg

ラゲッジに荷物を積みたいときなどは、前にスライドさせると20cm弱くらいは拡大できます。
ただし、後席のアームレストは備わりません(付いてるのはN−BOXくらい)。



新型ハスラーのラゲッジスペースをチェック!


続いては、ラゲッジスペースですが、こちらもアイデアが満載です。

HUSTLER18.jpg

シートバックやフロアは防汚加工がされていて、スノボなど濡れものを載せても拭き取ることができるのは遊びにガンガン使えそう。

そして、今回の新型ハスラーから、ラゲッジ側からでもシートバックの紐を引っ張れば、後席をスライドさせることができるようになりました。
これも実用性ありますね!

後席を前にスライドさせるとこのくらいのスペースになります。

HUSTLER19.jpg

比較するとこんな感じ↓

HUSTLER20.jpg

15cmくらいは差があるでしょうか。
ちょっと多めに買い物をしたときなどはこのスライドが効いてきそうです。

ラゲッジアンダーには、取り外し可能な大型トレーがあります。

HUSTLER17.jpg

これも防汚加工されているので、靴とか汚れ物を収納しておけるのは良いですね。
取り外し可能なので、水洗いもOK。


そして後席を倒せば完全にフラットな荷室になります。

HUSTLER15.jpg

ココまでフラットだと良いですね。
写真を撮り忘れましたが、運転席助手席を前までスライドさせると、前席までを使ったフルフラットモードになります。

img01.jpg

車中泊などをするにはこのモードが良さそう。
他の軽自動車ではここまでフラットになる車も少ないので、本当にアウトドアに特化した車になっているなと感心しました。


新型ハスラーの内装を見た感想・評価は?


改めて新型ハスラーの内装をじっくり見てみてみましたが、本当によくできた軽自動車ですね。
N−BOXオーナーだった私が見ても、甲乙付け難いほどどちらも魅力があると思いました。

惜しいのは電動パーキングブレーキが非採用で足踏みブレーキなところですが、それさえ許容できる人にはおすすめできる軽自動車になっていると思いました。

走りも軽自動車の中でもかなり骨太になっていて好印象でしたよ。
その走りのレポートは動画でお届けしているので見てみてくださいね↓




前回動画の内装&外装編を見てない方は、そちらからどうぞ↓





ということで、新型ハスラーなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車売るアンケート

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

HUSTLER05.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2














関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント