【ココが良い! ココがダメ!】プジョー508SW GT BlueHDi試乗インプレッション 内装・ラゲッジ編

プジョー508SW GT BlueHDiの内装画像大量アップ!


プジョー・シトロエン・ジャパンさんからプジョー508SW GT BlueHDiを2週間お借りしていました!
いやはやなかなかオシャレで質感高く、そして走りも上質なクルマとなっていましたが、今回は内装編です。
前回の記事でエクステリア画像をお届けしていますので、そちらを見てない人はそちらの記事もどうぞ↓

プジョー508SW GT BlueHDi試乗しました!オシャレなワゴンはお好きですか?

プジョーの内装って、ドイツ車ともまた違った質感の高さがあるんですよね。

PEUGEOT508SW58.jpg

そして今回はドライブフィール編の動画もアップしたので併せて見てみてくださいね!!

今回アップした動画はコチラ!!




前回アップした内外装編の動画も併せてどうぞ!



動画の内容の副読本として、今回のブログではプジョー508SW GT BlueHDiの内装をより詳細にレポートします。

ご興味ある方は続きをどうぞ。






プジョー508SW GT BlueHDiの運転席周りをチェック


まずは運転席ドアを開けてみましょう。

PEUGEOT508SW48.jpg

508はクーペなので、サッシュレスドアになっています。
窓のサッシがないのでドアを開けたときに開放感がありますね。

ちなみにフランス車のドアヒンジはプレス製です。

運転席ドアの内側はこんな感じです↓

PEUGEOT508SW47.jpg

トリム上部もソフトパッド、中央のカーボン調に見えるところもソフトパッド、肘置きもステッチ付きのソフトパッドになっていて、手に触れる部分はすべてソフトパッドと質感は素晴らしいです。
さらにGTにはFOCALのサウンドシステムも標準装備なので、ロゴ入りのスピーカーが装備されているのも見た目的にGOOD。

インナードアハンドルも手に触れる部分が肉抜きされてるなんてこともないです。

続いてはシートですが、こちらの試乗車にはフルパッケージという66.2万円のオプションが装備されているので、ナッパレザーシートになっています。

PEUGEOT508SW46.jpg

フルパッケージには、ナッパレザーシート・パノラミックサンルーフ・360°ビジョン・ナイトビジョン・フルパークアシストがセットになっています。

ナッパレザーシートじゃなくても、レザーとアルカンターラのコンビネーションシートなので、それでも十分かも。

ドアシルにはPEUGEOTロゴのプレートも有り、シートのポジションメモリーはシートの側面にあります。

PEUGEOT508SW45.jpg

アクセルペダルは吊り下げ式。
金属製なのは見た目も良いですね。



続いては、プジョー508SW GT BlueHDiの前席全景を見てみましょう。

PEUGEOT508SW58.jpg
↑クリックで拡大します。

PEUGEOTらしいデザインされたコクピットと言った感じで、ドイツ車や国産車とも異なるデザインは素直にカッコいいと思えます。
3008とかのファブリックが貼られてるのも好きですけどね。

細かく見てみましょう。

まずはインパネ周りですが、フラットデザインのナビ画面は8インチ。

PEUGEOT508SW41.jpg

こちらは標準装備になっています。
中身はPanasonic製とのことで、私が2017年に乗ってたシトロエンC3と変わってないように見えます。

ただ、残念なのは本国では10インチワイドの画面になっていて、左右の余白部分でエアコン操作ができるようになっています。

111_20200510115202e52.jpg
↑クリックで拡大します。

しかも、メーター部分にもナビ画面を表示できる模様!!
これも羨ましい…
日本国内仕様ではこれらの機能はありません。
また、ダッシュボードのアンビエントライトも日本仕様では無いんですよね…。

PEUGEOT508SW54.jpg

ナビパネルの左右に余白ができてしまっているのと、エアコンの温度調節もわざわざメニューを呼び出さないといけないのは煩雑です。
本国と同じ仕様なら良かったのにとは思います。

そしてフランス車あるあるですが、ナビの音声案内中は、BGMが完全ミュートされる仕様なのは相変わらず。
ラジオや音楽を聞いていると、案内音声のたびに聞こえなくなるのでかなりのストレスになります。
なので、フランス車オーナーさんは、スマホを有線接続して、CarPlayなどでナビを使っていることがほとんどだと思います。

ちなみに、CarPlayやAndroid Autoを接続するためのUSBポートはココにあります。

PEUGEOT508SW36.jpg

これも助手席側と、右ハンドルに最適化はされていません。
スマホの非接触給電Qiは標準装備。

USBポートに刺したケーブルは、センターコンソールの収納内の穴にケーブルを通すことができ、ここにスマホを収納することもできるとのこと。

PEUGEOT508SW39.jpg

大きめなスマホだと、フタが閉まらないかも…。
このあたりはデザイン性と使い勝手をトレードオフしている感じです。
そういうところがフランス的なのかもしれません。

続いてセンターコンソールですが、電気式のシフトノブが特徴的。

PEUGEOT508SW40.jpg

ここにもレザーが貼られていて触り心地も良いです。
シフトの奥側にドライブモードセレクトのスイッチとエンジンスタートボタンがあります。

そして手前側には電動パーキングブレーキのスイッチがありますが、プジョーにはブレーキホールドがありません。
これはとても惜しいところです。

電動パーキングブレーキがあるので、アダプティブクルーズコントロールは停止保持が出来ますが、通常の信号停止時などはブレーキペダルを踏み続ける必要があります。

ブロガー仲間のくるすぺさんから教えてもらった裏技として、「信号停止時にクルコンスイッチを押せば停止保持される」というのがありますが、ブレーキペダルから足を離すとアイドリングストップも解除されてしまうので、やはり普通にブレーキホールド機能があれば尚良かったのにとは思います。


センターコンソールにはドリンクホルダーが2口備わり、その後方にはアームレストコンソールがあります。

PEUGEOT508SW38.jpg

アームレストコンソールは左右に開くタイプ。

PEUGEOT508SW37.jpg

中はしっかり起毛仕上げされており、LEDの照明も備わります。



続いてステアリングホイールを見てみましょう。
ステアリングホイールの質感も非常に高いです。

PEUGEOT508SW56.jpg

プジョーのステアリングホイールは小径で非正円のものになっています。
これは、i-Cockpitというプジョー独自のレイアウトのため、ステアリングホイールの上からメーターを見る形になるので、小径で非正円なんだと思います。

PEUGEOT508SW57.jpg

パドルシフトはステアリングコラムに固定されるタイプ。
なので、コーナーでステアリングを切っている時には、パドルが遠くにあることがあるのが難点。
ただ、メッキ加飾もされていて見栄えは良いです。

ただ、クルーズコントロールがレバータイプなんですよね。

PEUGEOT508SW61.jpg

ステアリングからは死角になる部分にあり、どのスイッチが何の機能があるのかが見えないので、直感操作は無理です。

しかもクルーズコントロール開始スイッチは、レバーの背面の上側という、これまた説明書を読まないとわからない感じになっているのは、分かりづらいと思いました。

PEUGEOT508SW60.jpg

慣れてしまえばよいのですが、例えば自分の親や奥さんなどに説明する際には言葉で言うのも難しいですし、直感操作できないので運転が得意でない人はおそらく使わないまま過ごすことになるでしょう。
これはアウディのACCレバーでも同様です。

ボルボくらい簡便なら良いのにと思います。


続いてはi-Cockpitのメーターです。
12.3インチワイドという大きなデジタル液晶ディスプレイで、表示できる情報は切替可能。

PEUGEOT508SW55.jpg

2眼タイプのメーターのダイヤルモードだと、タコメーターが反時計回りに上がっていくのがユニークです。

こちらはドライブモードで、運転支援系の情報を表示する画面です↓

PEUGEOT508SW42.jpg

そして私が一番使っていたのが、パーソナルモードという、燃費や航続距離が表示されるモードです↓

PEUGEOT508SW43.jpg

それぞれモードを切り替える際にアニメーションで変わるのが凝っています。
これはぜひ動画で見てみてください。

ただ、本国のように地図の案内などはメーター内に表示することは出来ず、さらに一度に表示される情報量が少ないのは気になりました。

本来なら、ダイヤルモードのスピードメーターとタコメーターに、燃費や航続距離くらいは併せて表示して欲しいところです。


続いては助手席方向を見てみましょう。

PEUGEOT508SW59.jpg

グローブボックスですが、中はしっかり起毛仕上げされてはいるものの、こちらもフランス車あるあるで半分が謎の箱で埋まっています。

PEUGEOT508SW35.jpg

これは右ハンドル用に最適化されておらず、ヒューズボックスが左ハンドル用に残ってしまっているためです。
そのため、車検証や説明書がグローブボックスには入りません。
こういうローカライズの部分は、ドイツ車のほうがしっかりしていますね。


最後にオーバーヘッドコンソールですが、照明類はすべてLEDと、このあたりの質感はとても良いですね。
そしてこちらの広報車には、パノラミックサンルーフが装備されていたので、そのスイッチも備わります。
パノラミックサンルーフの開閉シーンは動画で撮ってあるのでぜひ見てみてください。




プジョー508SW GT BlueHDiの後席をチェック


続いては後席を見てみましょう。

PEUGEOT508SW53.jpg

手に触れる部分はすべてソフトパッドですし、サッシュレスドアなので開放感もあります。
まどは全ては開閉しませんが、開閉度は80点くらいでしょうか。

PEUGEOT508SW52.jpg

後席ドアの内側も質感は完璧です。
ここでもFOCALのスピーカーパネルが良いですね。


後席のシートバックのリクライニング機構はありません。

PEUGEOT508SW51.jpg

前席を身長173cmの私のドラポジに合わせた状態で、後席足元はコブシ1〜1.5個分くらいと意外と広くないなという印象。
後席の座面の幅がしっかり確保され、前席シートバックの厚みがあるからかもしれません。



センターコンソール後端にはエアコンの吹出口と、USBポートが2口完備。

PEUGEOT508SW49.jpg

しかもLED照明付きで見やすいです。


後席にはドリンクホルダー付きのアームレストも完備されています。

PEUGEOT508SW50.jpg

しかも、トランクスルーが出来るようになっているので、4人乗車していても長尺ものが積めるようになっているのはGOOD。




プジョー508SW GT BlueHDiのラゲッジスペースをチェック


最後にラゲッジスペースも見てみましょう。

PEUGEOT508SW33.jpg

GT以上ではハンズフリーパワーバックドアは標準装備です。
それにしてもラゲッジスペースは広い!
リアのオーバーハングはあまり長くないと思っていましたが、ラゲッジ容量は530Lを確保。

さらにラゲッジ側にあるレバーを引けば、シートバックを倒すこともできます。

PEUGEOT508SW31.jpg

ここにもFOCALの大きなウーハーが。

後席を倒した状態では1780Lまで容積を拡大することができます。

PEUGEOT508SW30.jpg

ほぼフラットなラゲッジスペースは使い勝手も良さそうですね。
ラゲッジアンダーボックスには、テンパータイヤがありました。

PEUGEOT508SW32.jpg

パンク修理キットではなく、テンパータイヤが標準装備のようです。




プジョー508SW GT BlueHDiの内装を見た感想・評価は?


と言った感じで、プジョー508SW GT BlueHDiの内装を前席・後席・ラゲッジスペースまでまるごと見てみましたが、個人的な感想としては、「内装の質感はとても高く、デザイン性も優れているので所有満足度は高そう。ただし、本国のようなナビ画面やメーターが無いのは残念。」と思いました。

「知らなきゃよかった」と思えるほど、本国仕様のナビ画面やメーターの表示は優れています。

111_20200510115202e52.jpg

とくに、切り替え表示が必要ないエアコンの操作パネルは良いですね。
画面の余白もないですし。
いっそのこと、ナビレスにしてCarPlayやAndroid Autoを前提に、モニターサイズを同じにしたほうが良いのではないかと思えるほど。
ナビも、音声案内中はBGMがミュートされてしまうので、使ってる人も少なそうですし。
それでエアコンも液晶で操作できるならそっちのほうがメリット多そうな気もします。
未だにガラケーのオーナーさんとか、スマホの接続ができない年配客とかもいるかもしれないので、ナビかCarPlayかを選択できるようになっていればベストですね。
今後の改良に期待しましょう。

あとは気になる走りの質感ですが、これは相変わらず痛快で面白いですね。
ドライブフィールは動画で見ていただいたほうがわかりやすいと思うので、動画でのみのアップとなります。



価格も427万円からと、ドイツ車勢から比べるとかなりリーズナブルなプジョー508ですので、気になっている人がいたらお近くのプジョーディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

PEUGEOT508SW29.jpg


ということで、新型RAV4など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車売るアンケート

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。

ユーカーパックのオークションで満足行く価格が出なかったら、その価格をタタキ台にしてネットの一括査定をすればその価格は超えてくると思います(笑)


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

【保存版】車を早く買い替える4つのフロー。下取り・買取査定で車を高く売却する方法教えます。

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

PEUGEOT508SW19.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、ほぼ毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント