購入した!!【価格は312.5万円から】VW新型ゴルフ8全グレード見積もり公開!! サイズ・スペック・オプション・装備など最新情報まとめ

はぁ〜また買っちゃった!!(笑)
ということで、2021年6月にフルモデルチェンジするフォルクスワーゲンの新型ゴルフ8購入しました!!


今回は新型ゴルフ8のグレード展開と価格、サイズやスペック、装備やオプションなど分かっている事をすべてまとめます!

そして私が購入したグレードだけでなく、全グレードの見積もりももらってきたのでコミコミ価格がいくらになるか、レポートします!

GOLF8見積もり

併せて読みたい!↓

【価格は310万円〜】2021アウディ新型A3見積もりました!! 装備・オプション・スペックなど最新情報まとめ!!

見積もりタイトル


ゴルフ8の見積もりは動画でもまとめています↓



記事の最後にも動画のリンクを貼っておくので、記事のほうが見やすいと思いますので最後まで読んでから動画も併せてどうぞ。


新型ゴルフ8の見積もりにご興味ある方は、続きをどうぞ↓





VW新型ゴルフ8のボディサイズは先代よりコンパクトに?


7_202103141939524a6.jpg

ゴルフと言えばCセグメントのハッチバックのベンチマークとして歴代存在し続けてきましたが、モデルチェンジのたびに衝突安全などの関係から大きくなっていきました。

GOLF8_07.jpg
※画像は欧州仕様

しかし、今回の新型ゴルフ8のボディサイズは、

全長4,295mm×全幅1,790mm×全高1,475mm、ホイールベース2,620mm

と、先代ゴルフ7と比較すると、全長で+30mmと大きくなっているものの、全幅で−10mm、全高で−5mm、ホイールベースで−15mmと小さくなりました。

特に全幅が1.8m以下に収まっているのは日本の駐車場事情を考慮すると嬉しいポイントです!
もちろん、マンションなどの立体駐車場は長さも幅も高さもすべてOKです。




VW新型ゴルフ8のパワートレインは2種類


engine.jpg

そして今回フルモデルチェンジの目玉でもある新しいパワートレインですが、

・1.0L直列3気筒ターボ+マイルドハイブリッドの「1.0L eTSIエンジン」

・1.5L直列4気筒ターボ+マイルドハイブリッドの「1.5L eTSIエンジン」


の2種類がラインナップされます。
どちらも組み合わされるトランスミッションは7速DSGというフォルクスワーゲン独自のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)になります。


1.0L eTSIエンジンの特徴


まず「1.0L eTSIエンジン」ですが、こちらは先代の1.2LTSIエンジンの代わりとしてデビューする新しいエンジンで、サイズダウンこそしているものの、最高出力81kW(110ps)・最大トルク200Nmと、最高出力は約5%向上、最大トルクも約14%向上するなど、スペック的にはむしろ大幅増強となっています。

さらに、48Vマイルドハイブリッド化されたことで発進時にはモーターのアシストも入り、アイドリングストップからの復帰もベルト駆動式スタータージェネレーターによって静かに振動もなく発進することができるのも上質感が向上しています。
さらに排気量も1.0Lとダウンサイジングされたので税金面でも安くなるのも地味に嬉しいポイントです。


1.5L eTSIエンジンの特徴


そして「1.5L eTSIエンジン」は、先代の1.4TSIエンジンの後継にあたり、排気量は増大しマイルドハイブリッド化されることでよりスムーズな走りを実現。
最高出力110kW(150ps)・最大トルク250Nmと、最大トルクは先代と変わらないものの、最高出力は10ps増加、さらにモーターのアシストにより発進加速はより力強くなっているとのこと。

どちらのエンジンも、アクセルオフでエンジンが止まりコースティング走行できたり、発進時にモーターのアシストがあるなど走りにも期待できそうです。

4_202103141939501c5.jpg
※画像は欧州仕様




VW新型ゴルフ8のグレード展開と価格


気になる新型ゴルフ8のグレード展開と価格ですが、2021年6月の販売開始時点では3つのグレードで構成されます。
価格はすべて税込です。

・1.0L eTSI Active 3,125,000円

・1.5L eTSI Style 3,705,000円

・1.5L eTSI R-Line 3,755,000円


となっています。

先代ゴルフ7.5のトレンドラインが261万円からラインナップがありましたが、トレンドラインは受注生産の低価格モデルなので、実質的なベースグレードはコンフォートラインマイスターの323万円となります。
モデル末期で装備が充実したマイスターというグレードになっていますが、それと比べると少し安いくらい。
あとは標準装備や必要なオプションを付けていくらになるかですね。




VW新型ゴルフ8のグレード別主要装備


6_20210314193950c85.jpg

続いては気になるゴルフ8のグレード別の主要装備を見ていきましょう。


ベースグレード「1.0L eTSI Active」の主要装備


GOLFactive01.png

・ACC(全車速追従アダプティブクルーズコントロール)
・緊急時停車支援システム“Emergency Assist”
・レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”
・レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”
・ハイビームアシスト
・リアビューカメラ
・デイタイムランニングライト
・ドライバー疲労検知システム
・リアトラフィックアラート(ブレーキ機能付き)
・エグジットウォーニング(降車時警告機能)
・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者・自転車検知ブレーキ機能付き)
・アクティブボンネット
・ポストコリジョンブレーキシステム
・LEDヘッドライト
・オートライト
・リアフォグランプ
・レインセンサー
・電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・メモリー・助手席側リバース連動)
・自動防眩ルームミラー
・3ゾーンフルオートエアコン
・ETC2.0車載器
・モバイルオンラインサービス“We Connect Plus”
・7スピーカー
・電動パーキングブレーキ+オートホールド機能
・ブレーキエネルギー回生システム
・パドルシフト
・スマートフォンワイヤレスチャージング
・インテリアアンビエントライト(10色カラー調整機能付き)
・後席アームレスト
・デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”
・LEDテールランプ
・レザーマルチファンクションステアリングホイール
・シートバックポケット
・トノカバー
・電子制御ディファレンシャルロック“XDS”
・16インチタイヤ&アルミホイール(Norfolk)
・テンパータイヤ


などとなっています。
ベースグレードとは言え、ここまでの充実装備とは恐れ入りました。
先代まであったトレンドラインという受注生産のベースグレードでは、ウレタンステアリングホイールやハロゲンランプなど、見た目にプアで価格も安かったですが、今回の1.0L eTSI Activeは価格は312.5万円からとなっていますが、装備の充実具合を考えたらかなりスゴイですね。
先代にもなかった3ゾーンのフルオートエアコンや、LEDヘッドライトにはデイライト機能も付いています。

後席エアコン

さらに、ベースグレードには無いと思っていたインテリアアンビエントライトも10色からカスタマイズ可能!

sec3-img2-4.jpg

ベースグレードでココまで装備が充実しているなら、コレでも良いかなと思える良さがあります。

上位グレードと比較して足りない装備としては、アダプティブハイビームであるLEDマトリクスヘッドライト「iQ LIGHT」は上位グレード同様にオプションで装備できますし、安全装備の類もオプションで用意されてるので、あとは見た目的な部分で17インチアルミホイール、シートヒーターなどでしょうか。

GOLFactive03_20210314181104955.jpg

個人的には1.0L eTSIのエンジンが面白そうなので、17インチホイールやシートヒーターなどが用意されていたらこのグレードを積極的に選んでいたかもしれません。



中間グレード「1.5L eTSI Style」の主要装備


GOLFstyle04.jpg

続いては、先代のハイラインに相当するeTSI Styleですが、こちらは1.5Lエンジンにスープアップしています。

※上記Activeの装備に加えて

・スタティックコーナリングライト
・パークディスタンスコントロール(フロント/リア)
・オプティカルパーキングシステム
・LEDヘッドライト(LEDターンシグナル付き)
・オールウェザーライト
・ヒーテッドウォッシャーノズル
・インテリアアンビエントライト(30色カラー調整機能付き)
・アクティブシリンダーマネジメント(気筒休止)
・ドライビングプロファイル機能
・マイクロフリースシート
・スポーツコンフォートシート
・シートヒーター
・ステアリングヒーター

・17インチタイヤ&アルミホイール(Belmont)


などとなっています。
さすがハイライン相当の上位グレードだけに、装備はかなり充実しています。
私は先代ゴルフ7.5のハイラインに乗っていましたが、シートヒーターやステアリングヒーターは無かったです。
そしてこちらのStyleからウインカーまでLEDになるとのことで、ベースグレードActiveではウインカーは豆球ってことですね。
ただ、ActiveでもStyleでもR-Lineでも、オプションでマトリクスLEDヘッドライトが用意されているので、それを付けてしまえば同じです。

GOLFstyle02.jpg

ちなみにスタティックコーナリングライトやパークディスタンスコントロールなどもActiveでもオプションで用意されています。
17インチアルミホイールやシートヒーター、ステアリングヒーターを諦めれば、Activeでも良さそうなものです。

GOLFstyle01.jpg

残念なのはパワーシートの設定がないこと
今回は本革シートなどのオプションも無いので、パワーシートは設定自体が無いです。
国産車でもCセグメント以上には当たり前にパワーシートがあるだけに、用意してほしかった装備でもあります。
これはR-Lineでも同様で、本国では用意があるだけに残念すぎるポイントでもあります。



上位グレード「1.5L eTSI R-Line」の主要装備


R3.jpg

最後に私も購入した上位グレード、R-Lineの主要装備を見てみましょう。

※上記Styleの装備に加えて

・R-Line専用エクステリア
・R-Line専用ファブリック&マイクロフリースシート
・トップスポーツシート
・プログレッシブステアリング
・R-Line専用レザーマルチファンクションステアリングホイール
・R-Line専用アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)
・R-Line専用スポーツサスペンション
・17インチタイヤ&アルミホイール(Valencia)


となっています。
主にR-Line専用の内外装が与えられるのが違いとなっています。

R-Lineだとグリルの下部がスッキリしたデザインになるのが特徴ですね。

R1.jpg

個人的に残念なポイントとしては、アルミホイールが地味なので、CMなどで使っている18インチのものが用意されていればいいのにとは思いました。
CMやカタログでさんざん使っておいて用意がないのでは優良誤認です。
本国では9万円そこそこでメーカーオプションとして用意されているのに日本仕様では用意が有りません。

ディーラーオプションで選ぶにしても、タイヤごと購入することになるのでかなり高価になります(初期ロットでは選べず)。

とは言え、Styleに対してR-Lineの価格差は5万円しかないので、それでR-Line専用内外装になるなら、安いと思います。




VW新型ゴルフ8のオプション


そして忘れてはならないのがオプションですが、用意されるオプションは以下の通り。

・Discover Proパッケージ 198,000円
・テクノロジーパッケージ(Active) 209,000円
・テクノロジーパッケージ(Style・R-Line) 165,000円
・ラグジュアリーパッケージ(Style・R-Line) 231,000円
・ライムイエローメタリック 33,000円
・キングスレッドメタリック 33,000円
・オリックスホワイトMoPE 66,000円


となっています。 


一つ一つ解説していくと、「DiscoverProパッケージ」はVWオーナーならお馴染みのナビゲーションです。

11_2021031418364059b.jpg

ゴルフ7.5のときはお世辞にも使えるナビだったとは言えないレベルだった(目的地の検索がまともにできなかった)ので、今回の新型ゴルフのDiscover Proには期待せざるを得ません。
こちらのDiscover Proは10インチの大型スクリーンで、デジタルメータークラスターのDigital Cockpit Proとの連携で、メーター内にもMAPを表示することが出来るようになります。



次の「テクノロジーパッケージ」ですが、こちらはLEDマトリクスLEDヘッドライト“iQ.LIGHT”や、ダイナミックコーナリングライト・ダイナミックライトアシスト・駐車支援システム“Park Assist”・ヘッドアップディスプレイ・LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)がセットになったものです。

13_20210314184231acc.jpg

今回からiQ.LIGHTと新しい呼称になったヘッドライトですが、こちらは対向車や先行車の部分だけ遮光するアダプティブヘッドライトになっています。

12_20210314184229d4c.jpg

さらにテクノロジーパッケージにはヘッドアップディスプレイも完備されるので、これはぜひとも付けておきたい装備ですね。

ちなみに、ActiveとStyle・R-Lineでテクノロジーパッケージの価格が異なるのは、Style以上では標準装備になっている、スタティックコーナリングライト・パークディスタンスコントロール・オプティカルパーキングシステム・オールウェザーライトも、Activeのテクノロジーパッケージに含まれるためです。

5_202103141939509d8.jpg
※画像は欧州仕様


そして「ラグジュアリーパッケージ」ですが、こちらはStyleとR-Lineにしか装備できないオプションとなっており、電動パノラマスライディングルーフとHarman Kardonのプレミアムサウンドシステムが含まれます。
それぞれ別付けできないのが痛いところですが、サンルーフが必要な人は、プレミアムサウンドシステムとセットで23.1万円かかるということです。

なんだかんだ付けていくと価格が跳ね上がってしまいそうな予感…。




VW新型ゴルフ8の全グレードの見積もりを公開!


ということで、価格やオプションの予習が終わったところで、新型ゴルフ8の全グレードの見積もりをレポートします!

GOLF8見積もり


ベースグレード「1.0L eTSI Active」の見積もり


まずは一番安価なActiveの見積もりから見てみましょう!

出来上がった見積もりがこちら!!

GOLF8Active02.jpg

新型ゴルフ8 eTSI Activeのコミコミ価格は376.8万円!!

GOLF8Active01.jpg

うーん、高からず安からず…。
車両本体価格が312.5万円だからオプション分が高いのか。


付けたオプションがこちら↓

GOLF8Active03.jpg

ディーラーオプションはフロアマットのみと最低限。
ETC2.0のユニットが標準装備なのはありがたいですよね。
ドアバイザーやコーティングなどもカットしています。
延長保証やメンテパックなども付けていません。

こちらの見積もりには記載されてない部分で、先程の

・Discover Proパッケージ 198,000円
・テクノロジーパッケージ(Active) 209,000円


が含まれているので、これだけで40万円プラスされています。
ちなみに、Discover Proとテクノロジーパッケージはほぼ抱き合わせで日本に入ってくるのでどっちかだけ付けるということはできない模様。

ボディカラーは無償カラーの黒を選んでいます。

それで出来上がった新型ゴルフ8 eTSI Activeのコミコミ価格は376.8万円!!ということです。

今までのコンフォートライン相当の価格帯と思えばそのくらいですね。
装備内容を考えれば、十分魅力的とも言えます。




中間グレード「1.5L eTSI Style」の見積もり


続いて中間グレードのStyleの見積もりを見てみましょう。

出来上がった見積もりがこちら!!

GOLF8STYLE01.jpg

新型ゴルフ8 eTSI Styleのコミコミ価格は431.6万円!!

GOLF8STYLE02.jpg

一気に値上がりましたね!!
430万円オーバーとは、国産のCセグメントだとMAZDA3のスカイアクティブXよりも高いくらいです。

私が購入した先代ゴルフ7.5のハイラインより値引きなしの状態で30万円くらい高い印象。

付けたオプションがこちら↓

GOLF8STYLE03.jpg

こちらも同様にディーラーオプションは最低限です。

そして見積もりには記載されてない部分で、

・Discover Proパッケージ 198,000円
・テクノロジーパッケージ(Style・R-Line) 165,000円


が含まれています。
ラグジュアリーパッケージ23.1万円は付けませんでした。

それで出来上がった新型ゴルフ8 eTSI Styleのコミコミ価格は431.6万円!!となりました。

先程のActiveの見積り価格と比較すると、約55万円ほど高くなっています。
もともとActiveとStyleの車両本体価格差が58万円なので、差はテクノロジーパッケージのぶんだけ埋まっている感じですね。
55万円差となると、パワートレインが1.0Lと1.5Lの差もありますが、今回のActiveはオプションを付けると結構装備も良くなるので、Activeでも良いような気もしてきます。
特に奥様などの街乗りカーとしては、Activeがおすすめかもしれません。




上位グレード「1.5L eTSI R-Line」の見積もり


最後に、私も購入した上位グレードのR-Lineの見積もりを見てみましょう。

出来上がった見積もりがこちら!!

GOLF8R-Line01.jpg

新型ゴルフ8 eTSI R-Lineのコミコミ価格は436.8万円!!

GOLF8R-Line02.jpg

先程のStyleとほとんど変わらないですね。
それもそのはず、車両本体価格も5万円しか違いませんから。

付けたオプションがこちら↓

GOLF8R-Line03.jpg

こちらも同様にディーラーオプションは最低限です。

そして見積もりには記載されてない部分で、

・Discover Proパッケージ 198,000円
・テクノロジーパッケージ(Style・R-Line) 165,000円


が含まれています。
同様にラグジュアリーパッケージ23.1万円は付けませんでした。

それで出来上がった新型ゴルフ8 eTSI R-Lineのコミコミ価格は436.8万円!!となりました。

もはやココまで来ると、5万円しか違わないならR-Lineにしておくか、みたいな気分になりませんか?(笑)
あと10万円高くてもいいから、18インチホイールが標準装備だったら良かったのにと思わざるを得ません。

ちなみに、私が購入した新型ゴルフ8のR-Lineも上記の見積もりと同じ仕様になります。
ボディカラーはブラックです。

GOLF8_06.jpg





新型ゴルフ8の値引き状況は? 見積もり価格やグレード展開の感想・評価


と言った感じで、新型ゴルフ8のグレード展開や見積もりまでまとめてみましたが参考になったでしょうか?

個人的な感想としては、「ベースグレードのActiveでも装備はかなり充実している。R-LineとStyleの価格差も無いので、買うならR-Lineがオススメか。」と思いました。

さすがにフォルクスワーゲンの代名詞とも言えるゴルフのフルモデルチェンジなので、気合の入った内容になっていました。
デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”が全車標準装備であったり、今回からコネクテッドにも対応したり、マトリクスLEDの“iQ.LIGHT”もオプションで全グレードで装備できたりと、下位グレードでも見劣りしないように出来るのは良いですね。

12_20210314184229d4c.jpg

そして、アウディでもまだ投入されていない1.0Lや1.5Lのマイルドハイブリッドシステムを惜しげもなく導入してくるなど、ハード面でもかなり期待できます。
さすが、世界のベンチマークとして歴代に渡って君臨してきたモデルだけのことはあります。

11_2021031418364059b.jpg

私もすでに予約しているので、納車されたらまた詳細にレポートしたいと思いますのでご期待ください!!

気になる値引き状況ですが、先行予約の時点では無しですね。
ただ、2021年3月末までに先行予約すると、メーカーからオプション5万円分のサポートが入るというくらい。

ただすでに予約は結構入っているみたいで、6月の正式発売を待ってからだと納期は長引くかもしれません。
気になっている方はお早めに商談されてみてはいかがでしょうか。

9_2021031419395589b.jpg

ということで、新型ゴルフ8など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







上記の広告バナークリックすると、最初にアンケートボタンが表示されますが、アンケートはどれを選んでもOK。

乗り換え

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

そしてここからはガチで売却価格を上げる方法ですが、車種情報入力で、「メーカー・車種名」「年式」「走行距離」など見積もりたい車の情報を入力します。

車種情報入力

査定には、名前や電話番号などの個人情報も必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。
後ほど、買取店からの査定依頼の電話がかかってきますが、これは高く売るために必要なことなのでちゃんと入力しましょう。
電話番号を入力するとSMSメールで4桁の認証コードが送られて来るので、それを入力すれば「○○○円~○○○円」という、ざっくりとした価格がWEBサイトに表示されます。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。

3_20210314193948e13.jpg

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

ユーカーパックbanner_a_300×250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。

ユーカーパックのオークションで満足行く価格が出なかったら、ユーカーパックで出た最終のオークション価格をタタキ台にしてネットの一括査定をすればその価格は超えてくると思います(笑)
それが最終手段ですね(笑)


2_2021031419394425a.jpg

また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

【保存版】車を早く買い替える4つのフロー。下取り・買取査定で車を高く売却する方法教えます。

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

8_20210314193954528.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!

ゴルフ8の見積もりは動画でもまとめています↓







では次回のワンダー速報もお楽しみに!




併せて読みたい!↓

【価格は310万円〜】2021アウディ新型A3見積もりました!! 装備・オプション・スペックなど最新情報まとめ!!

見積もりタイトル



ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ







私のMAZDA3が高額で売れた個人間売買はコチラ

マイカー査定の最後の砦『カババ』


「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

ユーカーパックbanner_a_300×250-2









にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

ゴルフ7.5から乗り換え
ワン速さん
いつも、ブログ、YouTubeと楽しまに
見させて頂いてます!
自分も今回のゴルフ8には並々ならぬ期待を寄せておりまして、、、
本日、予約受注お願いしてきました(笑)
家族には何も言ってませぬが!!

約4年前、ゴルフ7.5が出た時にも
ワン速さんのブログを日々眺めておりました。

買うかどうか
ポロからゴルフへの乗り換えで取り回しなど
悩んでた時に大変参考にさせて頂きました!

その時にもコメントさせて貰いました(笑)

7.5の時は、まだまだ仕事もペーペーから毛が生えた程度でしたので、背伸びしてやっとのコンフォートラインでしたが、ワン速さんの「 車は自分の身の丈を上げる」という言葉の通り、この4年で躍進して

今回の8は思い切って、ワン速さんと同じR-LINEにしました。

ディーラーさんに行った際はドキドキもんでした。

カラーはムーンストーングレーですが

このタイミングでの注文だと、早くて6月末から7月頃、遅くとも8月との事でしたー

駄文ですが、、、これからもワン速さんのブログ
YouTubeを楽しみにしております(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)
Re: ゴルフ7.5から乗り換え
タリオさん、コメントありがとうございます。

身の丈上げましたね^^
私も7月納車の予定です。
新しいゴルフを楽しんでいきましょう!
コメント返しありがとうございます!

当時のコメントを見たら
拓って名前でしたね

しかもドラヨスさんの名前をワン速さんと
間違える始末、、、失礼しました🙇‍♂️

ワン速Tubeが頭に染み付いてるのでしょう(笑)

海外の動画やCM動画みてると、R-LINEは
フロントグリルにもLEDが入ってますね、、、

日本仕様はどうなんでしょう??

タイヤホイールと同様の優良誤認だったら

なんだかなぁ、、、って思います

乗ってしまえば自分じゃ、外見は見えないので

アレですが、せっかく上級グレード買ったから

ついてて欲しいような、、、どっちでもいいような

新しいゴルフライフ楽しみです(笑)

納車されたらまたコメントさせてくださいませ!
18インチアルミについて。
初めまして。
自分は2月にRデザインのドルフィングレーを仮予約をしています。オプションはテクノロジーパッケージとディスカバーProパッケージです。スタイルも考えたのですが、これがいいですよとセールスさんに進められてRデザインになりました。(笑)
今日、ディーラーさんに伺って仮注文の手続きを行ったときにディーラーオプションのカタログを見ましたらプレカタログに出ている18インチアルミはディーラーオプション扱いの様です。
価格はまだ発売前のため不明です。
自分が予約しているディーラーさんも新型ゴルフの予約がかなり入ってきているとのことです。
予約の時期により納期も遅れそうとセールスさんが話していました。
自分の場合6月に正式な注文となる予定です。
ディーラーに配備される試乗車も6月下旬頃に届くのでは?との事です。
Re: タイトルなし
タリオさん、コメントありがとうございます。

R-Lineにフロントのグリルがつながるライトあるといいんですが。
本当なら18インチが選べたら良かったのにと思います。
17だと地味です。
Re: 18インチアルミについて。
順太 さん、コメントありがとうございます。

18インチがディーラーオプションとなるとタイヤごと変えなければならないので50万円くらいは最低でも掛かりそうですね。
しかももとのホイールも処理に困るし、今回は見送りかな…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
タリオさん、コメントありがとうございます。

私も事前にすでに撮影していますが、6月15日に解禁予定です。
鍵穴については私も同感です。
7.5では隠されていたのにどうして…。
ある意味偏見?
ドラヨスさん

自分も先週末、Styleの試乗をしてきましたー。
乗り心地は7.5のコンフォートラインと比べたら
サスも違うので、良かったですね。

MHVの恩恵も感じました。走り出しのギクシャク感?無くなりましたし🎶

比較対象がベースグレードなので
良く感じてしまうという、、、笑

コストカットの影響は如何せん
あるのでしょうが、鍵穴に関しては
お付き合いのあるセールスの方は、キーの電池が云々話してました。

が、防犯上は鍵穴は無い方が良いように思うので
コストカットというより、これは改悪?とも
思いましたね。

可能なら、後発でも良いので
ドアノブだけでも鍵穴塞いだものと交換したいです。

デジタライズされた内装は
自分は抵抗がないので、むしろ新鮮さが勝ってました(笑)

ゴチャゴチャしてるよりも
シンプルでクリーンな印象なのがかえって
好印象でしたねー

今のところ不満なし👍

後は納車までのお楽しみですね〜

初期ロットでは黒の発注が1番みたいですね
セールスの人も意外だったようです。

グレーは検討した人はいたけど、発注したのは
そこの店舗では自分のみだったという。

ドラヨスさんの黒と自分のグレーで
乗り比べならぬ、カラー見比べできたら
良いですね〜

物欲刺激なるかな?
Re: ある意味偏見?
タリオさん、コメントありがとうございます。

R-LINEの現車を先日見てきましたが、意外と内装外装よかったです。
ダミーマフラーだけはいただけないですけどね笑
走りはとてもいいですね。
ウエザーストリップ
お久しぶりです。

本日点検でしたので。実車確認しました。

ゴルフには、ウエザーストリップが前方扉には付いてましたね。
フラッグシップの新型Arteon にも付いてないのですが、汚れや防音対策としてはあると助かるパーツかと思います。

個人的にはここもチェックポイントです^^


ドアを閉める音にも影響すると思います。


アルミモールも黒ゴム(?)で覆われてるので、欧州車独特のモールの白サビも気にしなくて良いのも・・・◎

※マネしました(笑)


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ウエザーストリップ
ブラツミ親分、ご無沙汰しています!

ゴルフは走りなどの動的質感に関してはかなりいいですよね!
あとはナビがなんとかなってくれれば…。
Re: No title
匿名B様、コメントありがとうございます。

なんか納車ストップしてるって噂ありますよね…。

コメントの投稿

非公開コメント