【新型レクサスNX オススメ10パターン見積もり公開! 付けるべきオプションは? 価格は455万円から!!】私が契約した見積もりも公開!! 新型NXフルモデルチェンジ購入前 22の注意点!

ついに見積もり&予約解禁! レクサス新型NXの見積もりをオススメグレードに絞って10パターン紹介!

NX見積もり

すでにすごいボリュームのレクサスNX情報をまとめたブログを書いていますが、量が多すぎて読みきれないという声も聞きますので、今回は「時間がない人のために」見積もりと注意点だけを抜き出してまとめました!

全部入りのレクサスNX特集記事はコチラ↓

新型レクサスNX徹底購入ガイド!!【見積もり公開! 価格は455万円から!!】新型NXフルモデルチェンジ購入前 22の注意点! & オススメグレードは? 最新情報まとめ! 内装・装備・発売日・スペックなどわかりやすく解説!!

新型レクサスNXの見積もり、10パターンもらってきました!
そして私が購入したグレードも発表!!


レクサスNX商談前にはこのブログ記事で最終の予習をしておきましょう!!

そして私が購入したグレードは??



動画は記事の最後にも貼ってありますので、最後まで記事を読んでから動画も併せてどうぞ!

レクサス新型NXにご興味ある方は、続きをどうぞ↓






レクサス 新型NXのグレード別価格


新型NXの価格も正式に判明しました。
価格はすべて10%税込みとなります。

NX450h+ F SPORT(AWD)7,380,000円
NX450h+ version L(AWD)7,140,000円

NX350h(FF)5,200,000円/(AWD)5,470,000円
NX350h F SPORT(FF)6,080,000円/(AWD)6,350,000円
NX350h version L(FF)6,080,000円/(AWD)6,350,000円

NX350 F SPORT(AWD)5,990,000円

NX250(FF)4,550,000円/(AWD)4,820,000円
NX250 version L(FF)5,430,000円/(AWD)5,700,000円


となりました。

NX価格s

思っていたほどは高すぎなかったのは幸い!

特に、NX250 version L(FF)が543万円なのは結構お買い得なんじゃないかと!
version Lと言えばオプションはほぼ全部のせに近い状態になると思うので、それで済ませてしまうのもアリですね。見た目も同じですし。

新型レクサスNX05

そして注目のNX350(AWD)ですが、ギリギリ600万円を切っているあたりはかなり戦略的な価格になっていますね!
先代NX300 F SPORT(AWD)が548.3万円だったことを考えると、約50万円高となりますが、2.0L→2.4Lにスープアップしていることや、装備内容などの進化を考えればまぁ妥当なところではないでしょうか。
600万円超えなかったのは良かった!

そして、パノラマルーフやレクサスチームメイトなど全部入りができる唯一のパワートレインであるNX350hですが、こちらは先代NX300hと比較すると、F SPORTやversion Lで21.8万円高となっています。
これを高いと考えるか、妥当と考えるかですが、装備の進化などを考えれば個人的には高いとは思いません。むしろよく頑張った!って感じですかね。
いや〜、最近のトヨタは、ランクルと言いこのレクサスNXといい、絶妙な価格帯攻めてきますね!
このNXも売れるだろうなぁ。
しかし悩ましいのは、どのパワートレイン、どのグレードにするか、ですね。




私が買うならどのグレード? オススメグレードは?


新型レクサスNX04

見積もり&予約解禁されたので、これから商談に挑む方はどのグレードにするか悩んでいる場合も多いと思います。
もし私が購入するならと言う視点でオススメできそうなグレードをいくつか挙げてみたいと思います。


本命①:レクサスNX350 F SPORT(AWD)


新型レクサスNX44

やはり事前のコメントやSNSを見ても一番人気になっていそうなのが、新開発ターボ+AWDのNX350 F SPORT。

私が購入したのも、結局こちらのNX350 F SPORTになりました。
購入した理由などは、動画を見ていただければと思います。




私個人的には、ハイブリッド好きなのでNX350h F SPORTも気になっているのですが、チューニング違いとは言えハリアーハイブリッドを所有している経緯もあり、今回は新開発のターボモデルをレビューしてみたいという気持ちがやや強いかなと言うトコロ。

ただ、F SPORTでは三眼LEDなどがオプション設定となるので、それらを付けていくと結構なコミコミ価格になりそうなのが悩みどころ。
マークレビンソンなどフルオプションにすると100万円近いオプション費用になると予想されるので、諸費用などを入れると余裕で720万円を超えてくる価格になると思います。
そうなると私が購入していたRX300よりも遥かに高額になり、「NXにそこまで払うのもどうなのよ…」という気もするのは確か。

しかし、NX350 F SPORTはAWDのみなので余計に高くなってしまうのと、マークレビンソンやパノラマルーフ、後席電動シート+後席シートヒーターなどを諦めて、三眼LED・パノラミックビュー・ムーンルーフくらいに抑えれば、680万円くらいに納まります。
それでも結構なお値段ですけどね…。
ということで実際に見積もりをとってみないとわかりませんので、その価格次第では他のグレードにする可能性もありますが、私の一番の大本命はNX350 F SPORTということにしておきます。



本命②:レクサスNX350h F SPORT(FF)


新型レクサスNX18

次の有力候補は、2.5LハイブリッドのNX350h F SPORTですね。
おそらく一般的な一番人気はこのグレードになるんじゃないかと予想。
ISなどもハイブリッドの方が売れているという現実もあるので、なんだかんだみんなハイブリッドを選ぶのではないかと。

そして、NX350hではFFも選べるのが強みです。NX350 F SPORTとNX350h F SPORT(FF)のコミコミ価格は限りなく近くなるのではないかと予想。
それならばとNX350h F SPORTにしてしまうユーザーも多いのではないかと思います。
短期で乗り換える私のようなタイプでは、リセールはハイブリッドよりもターボのほうが良い可能性が高いですが、長く乗られる方にはハイブリッドもオススメとなります。



高コスパ&エントリー向けオススメグレード:NX250 version L(FF)


新型レクサスNX05

そして今回私が注目しているのが、ガソリンNAのNX250 version L(FF)です。
NX250には残念ながらF SPORTが用意されていませんが、version Lは用意されています。
version Lなら装備的に劣る部分が無いどころか三眼LEDや後席シートヒーターまで標準装備となり不満はありません。
本革シートにアッシュの本木目パネルも装備され、20インチアルミホイールも装備されるので内外装ともに見栄えは完璧です。
それでいて、車両本体価格もFFで543万円と先代NXとあまり変わらない価格で導入可能。
さらに今回は新開発の2.5Lエンジンに、8速ATが組み合わされていて、さらに嬉しいレギュラーガソリン仕様。
version Lなら装備は標準でついている物が多いので、マークレビンソンやパノラマルーフなどフルオプションにしても650万円くらい。
マクレビなどをカットすれば620〜630万円くらいに納まるのではないでしょうか。

高いディーラーオプションマットなども社外製の安いもので済ませて、コーティングなども社外でやるように最低限で済ませれば、620万円以下も可能じゃないです。
初のレクサスオーナーを目指している人や、CT・UXなどからのステップアップ、先代NX300からの乗り換えを考えている人などには、このNX250 version L(FF)はかなり検討できる商品力と価格になると思うので、私もオススメできるグレードですね。



走り優先&ハイエンド:NX450h+ version L(AWD)


そして実はダークホース的なオススメグレードとして、NX450h+ version Lは結構アリなんじゃないかと思っています。
というのも、やはりNX450h+は走りの痛快さはRAV4 PHVを乗って感動した私からすれば約束されているようなもので、動的質感の部分ではやっぱりトップグレードとして魅力があります。

NX450h+ F SPORTは、三眼LEDと後席電動+リアシートヒーターが乗っかっている分、車両本体価格が高くなっていますので、車両本体価格が24万円安いversion Lのほうがお買い得感が強いです。さらにNX450h+ F SPORTにはアドバンストパークも装備できないのに対し、なぜかNX450h+ version Lには装備可能ですしね。
走りにおいてはF SPORTにはNAVI AI-AVSが装備されますが、システム出力が高いということもなく、version Lでも痛快な走りを体感できるのではないかと思います。

マークレビンソンやパノラマルーフが選べないなどのデメリットはあるものの、逆にオプション費用がかからないということにも繋がり、NX450h+ version Lのコミコミ価格は、NX350 F SPORTやNX350h F SPORTのフルオプションのコミコミ価格と意外と近くなります。
さらに補助金もプラスされるので、それをプラスすればコミコミ価格の逆転すら有りえます。

急速充電には非対応ながら、プラグインハイブリッドなのでガソリンさえ入れれば普通のハイブリッド同様に走ることも出来るので、マンション暮らしでもNX450h+ならワンチャンありです。

NX08_202106121423441d1.jpg

レクサスNXの購入検討している人は、参考にしていただければ幸いです^^




レクサスNXの見積もり10パターンレポート!!


NX見積もり1

それではお待ちかね、新型レクサスNXのいろんなグレードで見積もりをいただいてきたので、全10パターンをご紹介します!!
上記のオススメグレードと併せて見ていただければと思います。



①おそらく一番の売れ線!NX350h F SPORT(FF)の見積もり


まず最初は一番の売れ線グレードになるであろう、ハイブリッドモデルの「NX350h F SPORT(FF)」にオプションてんこ盛りにした見積もりから見ていきましょう!

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX350hFsp高_1

新型レクサスNX350h F SPORTオプションてんこ盛りのコミコミ価格は725.1万円!!

NX350hFsp高_2

グハ!
やっぱ高ぇええ!


それもそのはず、オプションがほぼ全部乗せの状態です↓

NX350hFsp高_3

付けたオプションは、


・アドバンストパーク+パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 181,500円
・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーター 77,000円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円
・アクセサリーコンセント 44,000円

メーカーオプション計 1,070,300円


と付けられるものほとんど付けました。
ITSスポットとか寒冷地仕様などは付けていません。

ハイブリッドのNX350hには、アドバンストパークという自動駐車がオプションで選択可能です。それとパノラミックビューモニター、レーンチェンジアシスト、さらに今回のNXではCD/DVDプレイヤーは標準では付いてないので、それも別体型ディスクプレイヤーとして付けておきました。それらのセット価格が181,500円。

今回の新型NXのF SPORTでは、レクサスIS同様のオレンジブレーキキャリパーが装備可能。
これは後付できないので、悩んだら付けておいたほうが吉です。

ルーフレールはパノラマルーフとセットオプション。ルーフ系はリセール的に絶対に付けておいたほうが良いです。
ムーンルーフでも可。

で、デジタルキーというのが33,000円でありましたが、スマホをキー代わりに出来るものだそうで、とりあえず付けておきました。
私は鍵が多いので^^;
リレーアタック対策にもなりそうですしね。

F SPORTには三眼LEDヘッドランプがオプション扱いで、180,400円と超高い!
コレは痛い…。

さらに全部乗せということでマークレビンソンも244,200円と高価ですが付けておきました。
こうやってどんどんオプション価格が積み上がっていく…。

そして、後席の電動格納&リクライニング、後席シートヒーターがセットで77,000円。
これも付けなくても良いとは思いますが、一応てんこ盛りで。

あとはデジタルインナーミラー、置くだけ充電はお好みでどうぞ。
これによってリセールが変わることは無いとは思いますが、便利な装備なので付けておいてもいいでしょう。

それでメーカーオプションの合計が1,070,300円…。
100万円オーバーです…。こりゃちょっと取捨選択が必要かな…。

今回はディーラーオプションは入っていませんが、私も購入した見積もりではこれにホイールのロックボルトくらいしか付けませんでした。
コーティングやホイールのロックボルト、フロアマットもディーラーオプションでつけるなら、これに25〜30万円くらいはプラスとなります。
なのでフロアマットは安い社外製のものにしようと思います。コーティングも付けません。クリスタルキーパーで十分(笑)

それで出来上がったNX350h F SPORTのコミコミ価格が725.1万円、ということです。

これを一つの基準として、他の見積もりも見ていきましょう。




②NX350h F SPORT(FF)でオプションを絞った見積もり


続いては、同じくハイブリッドモデルの「NX350h F SPORT(FF)」でオプションをある程度絞った見積もりを作ってみました。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX350hFsp安_1

新型レクサスNX350h F SPORTオプション絞ったコミコミ価格は688.6万円!!

NX350hFsp安_2


おっ!
さっきのよりだいぶ安くなった印象!!


付けたオプションはコチラ↓

NX350hFsp安_3

・アドバンストパーク+パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 181,500円
・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 705,100円



先ほどのてんこ盛りのオプションから、

・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーター 77,000円
・アクセサリーコンセント 44,000円

を抜きました。
これで35万円は安くなりました。
さらに削れる部分もありますが、まぁこんなもんで。

こちらの見積もりにもディーラーオプションは入っていませんが、私だったらホイールのロックボルトくらいしか付けないでしょう。

それで出来上がったNX350h F SPORTのコミコミ価格が688.6万円と、このくらいなら結構現実的ではないでしょうか?




③NX350h version L(FF)でオプションを絞った見積もり


続いては、同じくハイブリッドモデルの「NX350h version L(FF)」でオプションを絞った見積もりを作ってみました。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX350hL_1.jpg

新型レクサスNX350h version Lでオプションを絞ったコミコミ価格は666.1万円!!

NX350hL_2.jpg

お〜っと!
だいぶ安くないかい?!


付けたオプションはコチラ↓

NX350hL_3.jpg

・アドバンストパーク+パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 181,500円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 480,700円



version Lでは、F SPORTにはオプションの三眼LEDと後席シートヒーター&電動リクライニングが標準装備なのでそもそもオプションの数が少なくて済みます。

贅沢品として

・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・アクセサリーコンセント 44,000円


も抜きましたので、オプション合計は480,700円とかなり安く済んでいます。

同様にディーラーオプションは含まれていません。

それで出来上がったNX350h version Lのコミコミ価格が666.1万円となりました。
やはり先ほどのNX350h F SPORTと比較しても22万円ほど安く上がっていますね。
これは結構魅力的なグレードではないでしょうか!




④こちらも注目グレード!NX350 F SPORT(AWD)の見積もり


そして私も大注目のグレード、2.4Lターボモデルの「NX350 F SPORT(AWD)」にオプションてんこ盛りにした見積もりを作ってもらいました。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX350Fsp高_1

新型レクサスNX350 F SPORTオプションてんこ盛りのコミコミ価格は723.8万円!!

NX350Fsp高_2

あれぇ?!
さっきのNX350h F SPORTのオプションてんこ盛りとほとんど変わらなくない?!


こちらもオプションがほぼ全部乗せの状態です↓

NX350Fsp高_3

付けたオプションは、

・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーター 77,000円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 982,300円


と付けられるものほとんど付けました。
こちらもITSスポットとか寒冷地仕様などは付けていません。

先ほどのハイブリッドのNX350hには、アドバンストパークという自動駐車がオプションで選択可能でしたが、ターボモデルにはアドバンストパークは装備不可のぶん安くなっています。
そして、ハイブリッド専用装備のアクセサリーコンセントもターボモデルには用意されていないので、その分も安くなっています。

それでメーカーオプションの合計が982,300円。
マクレビとか付けちゃうと一気に値上がりますね。

ディーラーオプションはこちらもカットしています。

それで出来上がったNX350 F SPORTのコミコミ価格が723.8万円、となりました。

先ほどのNX350h F SPORTのオプションてんこ盛りが725.1万円だったので、ほとんど変わらない価格ですね。
ただ、NX350h F SPORTはFF、こちらのNX350 F SPORTはAWDの見積もりなのでその分の差はありますが。

事前調査では一番人気かと思っていたNX350 F SPORTですが、720万円オーバーの価格を見るとヒヨリますね…。




⑤NX350 F SPORT(AWD)でオプションを絞った見積もり


続いては、同じく2.4Lターボモデルの「NX350 F SPORT(AWD)」でオプションを絞った見積もりも作ってみました。
どれだけ安価にNX350 F SPORTを購入できるかというチャレンジです。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX350Fsp安_1

新型レクサスNX350 F SPORTでオプションを絞ったコミコミ価格は668.7万円!!

NX350Fsp安_2

フム。
まぁこんなもんか。


付けたオプションはコチラ↓

NX350Fsp安_3

・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・置くだけ充電 13,200円
・ムーンルーフ 110,000円

メーカーオプション計 441,100円


と、かなりオプションは絞りました。
先ほどのNX350h F SPORTのオプションを絞ったものよりもさらに絞っています。
何を削ったかと言えば、

・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーター 77,000円
・デジタルインナーミラー 44,000円


など、贅沢品はことごとくカット(笑)

オレンジブレーキキャリパーなども趣味性もありますし、無くてもリセールなどには関係ないでしょう。
さらにデジタルキーも今まで無かったので無くても困らない。
マクレビは当然カット、後席電動リクライニング&リアシートヒーターも後席に人を頻繁に乗せないならカットできます。
パノラマルーフもルーフレールとセットで割高なので、ムーンルーフで安価に済ませます。
デジタルインナーミラーもカットしてもいいでしょう。
置くだけ充電は安いのでとりあえず残しました(笑)

それでメーカーオプションの合計が441,100円と、先ほどの半額以下に抑えました。
ディーラーオプションはこちらもカットしています。

それで出来上がったNX350 F SPORTのコミコミ価格が668.7万円と、これくらいなら現実的ではないでしょうか。

どうですか!?お客さん!!




⑥NX450h+ F SPORT(AWD)の見積もり


続いては、プラグインハイブリッドの「NX450h+ F SPORT(AWD)」の見積もりです。
車両本体価格ではトップグレードになります。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX450h_Fsp1.jpg

新型レクサスNX450h+ F SPORTのコミコミ価格は787.2万円!!

NX450h_Fsp2.jpg

やっぱりトップグレード!
そこそこの価格だ!


付けたオプションはコチラ↓

NX450h_Fsp_3.jpg

・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・デジタルキー 33,000円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・ムーンルーフ 110,000円
・充電ケーブル 8,800円

メーカーオプション計 390,500円


と、付けられるオプションはそれほどありません。
NX450h+ F SPORTには、他のパワートレインのF SPORTではオプション扱いの三眼LEDと後席電動リクライニング&リアシートヒーター(後席電動リクライニングは何故かNX450h+には非装着?)が標準装備となっているので、その分車両本体価格も高いです。
そして、NX450h+では、マークレビンソンやパノラマルーフも装備不可なので、付けられるオプションとしてはこのくらいでしょうか。

同様にITSコネクトや寒冷地仕様はカットしています。
ディーラーオプションもカットしています。

それで出来上がったNX450h+ F SPORTのコミコミ価格が787.2万円となりました。
ただ、プラグインハイブリッドには補助金もあるので、自治体によってその額は変わりますが、それを含めればまだ導入も検討できる価格だと思います。




⑦NX450h+ version L(AWD)の見積もり


続いて同様に、プラグインハイブリッドの「NX450h+ version L(AWD)」の見積もりです。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX450h_L1.jpg

新型レクサスNX450h+ version Lのコミコミ価格は758.8万円!!

NX450h_L2.jpg

やはりNX450h+ F SPORTよりはだいぶ安いですね!

付けたオプションはコチラ↓

NX450h_L3.jpg


・アドバンストパーク+パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 181,500円
・デジタルキー 33,000円
・置くだけ充電 13,200円
・ムーンルーフ 110,000円
・充電ケーブル 8,800円

メーカーオプション計 346,500円


NX450h+には付けられるオプションも限られているので、メーカーオプション計は安く上がっていますね。
NX450h+ F SPORTには装備不可なアドバンストパークも、version Lには何故か装備できるので、それも付けています。
三眼LEDや後席電動リクライニング+リアシートヒーターもversion Lなら標準装備。
マークレビンソンやパノラマルーフは付けられないので、ムーンルーフで代用。
デジタルインナーミラーは装備するのを忘れていました^^;

同様にITSコネクトや寒冷地仕様はカットしています。
ディーラーオプションもカットしています。

それで出来上がったNX450h+ version Lのコミコミ価格が758.8万円となりました。
NX350h F SPORT にオプションてんこ盛りした見積もりが725.1万円でしたが、プラグインハイブリッドの補助金を含めると、こちらのほうが安くなる可能性もあるので、走りの痛快さを考慮すれば、NX450h+も十分検討できる価格だと思います。
ただ、リセールに関してはプラグインハイブリッドはやや不利で、新型レクサスNXの5年での残価率は、ハイブリッドやターボモデルには44%もあるのに対し、プラグインハイブリッドのみ38%程度に留まります。
それらを考慮しても、プラグインハイブリッドの魅力も十分にあると思います。




⑧NX250 version L(FF)にオプションてんこ盛りした見積もり


そして最後のパワートレインは、2.5LガソリンNAモデルの「NX250 version L(FF)」のオプションてんこ盛りにした見積もりです。

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX250L高_1

新型レクサスNX250 version Lのオプションてんこ盛りのコミコミ価格は637.3万円!!

NX250L高_2

一番安価なパワートレインながら、version Lにオプションてんこ盛りにすればこのくらいは行っちゃうんですね。

付けたオプションはコチラ↓

NX250L高_3

・235/50R20(プレミアムメタリック塗装)アルミホイール 11,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 691,900円


てんこ盛りにした割には、オプション価格は他のグレードより安めですね。
やはりversion Lには三眼LEDや後席電動リクライニング+リアシートヒーターが標準装備なので安く上がっているのと、アドバンストパークなども付けられないのも効いています。

そして今回は、version L専用のプレミアムメタリック塗装の20インチアルミホイールも11,000円で付けてみました。

新型レクサスNX29

このデザインのホイールが、11,000円のオプションだそうです。

一方、↓のデザインのホイールは無償オプションになります。

新型レクサスNX31

version Lにのみ、3パターンのアルミホイールが用意されているので悩ましいトコロ。

同様にITSコネクトや寒冷地仕様はカットしています。
ディーラーオプションもカットしています。

それで出来上がったNX250 version Lでオプションてんこ盛りのコミコミ価格が637.3万円となりました。
この価格なら十分検討できる価格帯ではないでしょうか。
一番安価なパワートレインとは言え、2.5Lに8速ATが組み合わされていますし、version Lなら見栄えも装備も申し分無しです。




⑨NX250 version L(FF)でオプションを絞った見積もり


そして同じく2.5LガソリンNAモデルの「NX250 version L(FF)」でオプションを絞った見積もりも作ってもらいました!

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX250L安_1

新型レクサスNX250 version Lでオプションを絞ったコミコミ価格は612.4万円!!

NX250L安_2

ムム!
これなら先代レクサスNX300と同じくらいの価格帯に収まってないか!?


付けたオプションはコチラ↓

NX250L安_3

・235/50R20(プレミアムメタリック塗装)アルミホイール 11,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 447,700円


先ほどのオプションてんこ盛りの見積もりから、マークレビンソン抜いたくらいです。
他にもアルミホイールやデジタルキー、デジタルインナーミラーもカットできますが、まぁ付けてても良いかなということで今回は装備しています。

ディーラーオプションは同様にカットしています。

それで出来上がったNX250 version Lでオプションを絞ったコミコミ価格が612.4万円となりました。
この価格なら先代NX300と同じくらいのコミコミ価格で、装備面もversion Lなら不満もありません!

さらに、贅沢品としてデジタルキーやデジタルインナーミラー、置くだけ充電、パノラマルーフ、ルーフレールをカットして、ムーンルーフだけにしておけば、新型NX250 version Lでも600万円を切ってきます!!

これまたどうですか!お客さん!!?




⑩NX250ベースグレード(FF)で出来るだけ安く見栄え良く乗る見積もり


そして10番目ラストは、同じく2.5LガソリンNAモデルの「NX250ベースグレード(FF)」で出来るだけ安く、かつ見栄え良く乗るための見積もりを作ってみました!

出来上がった見積もりがコチラ!!

NX250_1.jpg

新型レクサスNX250ベースグレードのコミコミ価格は513.8万円!!

NX250_2.jpg

ちょwww
さっきの見積もりより一気に100万円も安いwww


付けたオプションはコチラ↓

NX250_3.jpg

・235/50R20(ダークグレーメタリック塗装+切削光輝)アルミホイール 110,000円
・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・パノラミックビューモニター+パーキングサポートブレーキ 67,100円

メーカーオプション計 357,500円


ベースグレードでは、付けられるオプションも限られてきますが、version Lと同じ20インチアルミホイールと、三眼LEDヘッドランプはオプション装着可能なので、それだけ付けてしまえば見た目はversion Lと全く同じになります。

新型レクサスNX05

ナビが9.8インチになってしまうのが見た目上の違いとなり、ヘッドアップディスプレイも装備しなかったので、メーターもローグレードになります。
それでも機能装備面で劣るわけでもないですし、シートもL-texという合皮になるし、そんなに悪くないと思います。
シートヒーターがつかないのが痛いですが、パワーシートや電動テレスコチルト、パワーバックドアなども標準装備。
むしろ、これでも良いんじゃね?って思えてきます(笑)

それで出来上がったNX250ベースグレードのコミコミ価格が513.8万円と、ハリアーハイブリッドよりも安い価格に収まります。

これまたどうですか!お客さん!!?




私が契約した新型レクサスNXの見積もりも公開!


それでは一応、私が購入したリアルな見積書も公開したいと思います。

そもそもどうしてNX350のターボにしたかと言うと、本当ならNX350hのハイブリッドのほうが好みではありそうだったんですが、私はNX350hと同じパワートレインのハリアーハイブリッドも持っているので、せっかくなら違うパワートレインを味わいたいと思い、新開発の2.4Lターボ+8速ATのNX350 F SPORTにしました。

ボディカラーも相当迷いましたが、私の場合売るのが早いのでリセールを最重要に考慮し、そして昨今黒ばっかり買っているというのもあり、またまたホワイトノーヴァガラスフレークにしちゃいました。
今までレクサスは8台購入していますが、レクサスSUVとしてはNXのソニックチタニウム以外はホワイトノーヴァガラスフレークしか買ってないんですよね。

歴代レクサス

でも、レクサスのF SPORTにしか設定できないホワイトノーヴァガラスフレークは、他の白と並べると他の白が黄ばんで見えるくらい純白度の高い白で、ガラスフレークのラメがとてもキレイなので気に入っているボディカラーなんですよね。

新型レクサスNX44

↑ホワイトノーヴァガラスフレーク
↓ソニッククォーツ

新型レクサスNX43

しかもレクサスは塗装が厚いので、水洗いだけでもきれいになっちゃうくらい。
セルフリストアリングコートという小キズを熱膨張で修復するクリア層もあるので、コーティングしなくても白なら結構イケます。

内装カラーはフレアレッドを選択しました。

新型レクサスNX66

白も良いんですが、嫁さんから「白は汚すからNG」と言われているのでいつもだいたい赤になります(笑)
RXやUXでもフレアレッドを選んでいましたが、とても気に入っているので、今回もまたフレアレッドに。


それ以外は基本的には、上記にアップしているNX350 F SPORTの見積もりとほとんど変わらないです(笑)

出来上がった見積もりがコチラ!

NXワイ01

私が購入したNX350 F SPORTのコミコミ価格は724.9万円!!

NXワイ02

ほげぇ~!!
NXでこの価格はしびれるぜぇ!!(笑)


オプションはほぼ全部乗せの状態です↓

NXワイ03

付けたオプションは、

・F SPORT専用オレンジブレーキキャリパー 44,000円
・ルーフレール 33,000円
・デジタルキー 33,000円
・三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円
・パノラミックビューモニター/レーンチェンジアシスト+別体型ディスクプレイヤー 137,500円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム 244,200円
・後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーター 77,000円
・デジタルインナーミラー 44,000円
・置くだけ充電 13,200円
・パノラマルーフ 176,000円

メーカーオプション計 982,300円


と付けられるものほとんど付けました。
付けてないオプションは、ITSスポットと寒冷地仕様くらいですね。

NX350にはアドバンストパークとアクセサリーコンセントがオプションが付けられないので、NX350hに比べるとオプション総額は安く済んでいます。


オレンジキャリパーは好みが分かれるところですが、足元のアクセントになるので付けておきました。
ISでも付けて満足しているのでこれはあっても良いかなと。

そしてパノラマルーフとムーンルーフですが、私はパノラマルーフを選択しています。
デジタルキーや別体型ディスクプレイヤーなどは未知数ですが、後付けできませんし、人柱としてもレビュアーの義務を果たそうかなと(笑)

マークレビンソンは高価なので本当に悩みましたが、今まで一度も付けたことがないのと、今回は内装の質感も上がるので付けてみることに。

NXsss.jpg

後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング&格納機能付)+後席シートヒーターは正直無くても良かったんですが、ここまで盛ったらもはや削らなくても良いかなと言う諦めみたいな…(笑)

デジタルインナーミラーは、ハリアーやレヴォーグのものは解像度や明度も高く、死角も減るので付けておいて損はないと思います。

それでメーカーオプションの合計が982,300円。
やっぱりマクレビとか付けちゃうと一気に値上がりますね。

ディーラーオプションは基本的にほとんどカットしていますが、ホイールロックボルトだけ13,200円で付けています。
フロアマットなどはリセールに影響しないため、社外品で済ませています。
コーティングもキーパーさんでやってもらうことが多いですが、レクサスのホワイトノーヴァガラスフレークはノーコーティングで水洗いだけでもきれいになるので、以前のRXにはしていませんでした。

それで出来上がったNX350 F SPORTのコミコミ価格が724.9万円、となりました。

新型NXを購入検討している人は参考にしていただければと思います^^




レクサス 新型NX購入前の注意点22個のポイント!


続いて、新たに判明したグレードごとの装備の違いなどについて、解説していきます。
あのグレードにはこの装備が付けられないなど、グレード選択は結構悩ましいです。


①NX250・NX350hベースグレードは9.8インチディスプレイオーディオとなる。


NX250とNX350hにはベースグレードが用意されていますが、結構装備は充実しているものの、ナビ画面だけは9.8インチの廉価版が固定のようです。

NX111.jpg

F SPORTとversion Lには14インチのディスプレイオーディオとなりますが、ベースグレードにはオプションでも付けられない模様。
ベースグレードでも装備充実しているからそれでも良いかと思っていた人には悲報となりますね。



②液晶メーターにはハイグレードとローグレードがある


NX250、NX350hのベースグレードはローグレードとなる模様です。
ローグレードメーターはレクサスUXとかと似た、デジタルメーター+4.2インチ相当のマルチインフォメーションディスプレイの表示内容。ただし、カラーヘッドアップディスプレイをオプション装着すれば、ハイグレードになるそうです。

NX07_20210710214718035.jpg
※こちらはハイグレード

ハイグレードメーターはHUDと連動して、運転支援情報が大きく表示される単眼タイプとなりますが、地図などの表示は出来ないみたいです。



③カラーヘッドアップディスプレイはF SPORTとversion Lに標準装備


新型レクサスNX75

タッチトレーサーオペレーションというステアリングホイールと同時装着となる模様です。

NXtouch.jpg

ベースグレードにもオプションで用意されるのはありがたいです。

NX2222



④電動リクライニング&格納リアシートはversion Lに標準装備


NX350h F SPORTと、NX350 F SPORTにリアシートヒーターとセットでオプションとなります。

NNX2_20210626011722656.jpg

そうやってF SPORTにオプションを足していくと結構な費用になりそうな予感…。



⑤ラゲッジ容量は後席仕様時で520L。


後席を倒した状態で1411Lと、先代NX以上、ライバルにもアドバンテージがあるラゲッジ容量になっています。

NX333.jpg



⑥インテリアイルミネーションはベースグレードには付かない


イルミネーションはF SPORTとversion Lに標準装備となりますが、ベースグレードでは付かない模様。

新型レクサスNX84

まったく光らないのか、マルチカラーじゃないだけなのか、そこは現状では不明です。



⑦アダプティブハイビームはversion LとNX450h+ F SPORTに標準装備。


三眼LED+AHSはversion LにとNX450h+ F SPORTには標準装備となります。

新型レクサスNX45

その他の全グレードにオプション設定とのことで、ベースグレードでも三眼LEDが用意されているのは嬉しいですね。

新型レクサスNX27

ただ、これもNX450h+以外のF SPORTではオプション扱いなので、結構な費用がプラスされることになりそうでコミコミ価格が高額になる傾向でしょう。



⑧一部の安全装備はベースグレード装備不可


緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付き)・フロントクロストラフィックアラート(FCTA)・レーンチェンジアシスト(LCA)はF SPORTとversion Lにオプションで用意、パノラミックビューモニターとセットオプションとなり、ベースグレードでは装備不可となります。

新型レクサスNX82

安全装備は妥協したくないのでぜひとも付けたいオプションとなりますが、これもF SPORTではまたまたオプション扱いなのでコミコミ価格が心配…。



⑨話題のリモート駐車はハイブリッドのNX350h全車か、NX450h+のLのみオプション設定


レクサスチームメイト、アドバンストパーク(自動駐車・リモート駐車)は、NX350h全グレード、NX450h+ version Lにのみオプション設定。パーキングサポートブレーキ・パノラミックビューモニターと同時装着。

新型レクサスNX83

なぜかNX350やNX450h+のF SPORTには設定無し。
トップグレードとなるNX450h+のF SPORTに付かないのは結構痛いと思う人も多いのではないでしょうか?
全部入りが欲しい!と言う人にとっては悩ましいグレード選択になりそうです。



⑩ドライバー異常時対応システムは全車標準装備。


レーダークルーズコントロール中で、レーントレーシングアシストの作動中、ドライバーに異常が有り、ステアリングを握っていないとシステムが判断した場合、ドライバーに注意喚起しても反応がない場合には、ハザードを点灯してクラクションを鳴らしながら安全に停車し、ヘルプネットでオペレーターに接続。
意識が戻らない場合にはGPSから位置情報を把握して救急車を派遣するという安心のサービス。
これは全グレードに標準装備になるとのことで嬉しいポイントです。



⑪ブラインドスポットモニターは全車標準装備、安心降車アシスト(ドアオープン制御付)も。


オプション扱いも多かったブラインドスポットモニターは全グレード標準装備になりました。
さらに、今回のNXの売りでもあるドアのEラッチと連動して、後方から自転車などが接近中には、ドアが開かない「安心降車アシスト」も標準装備となります。

新型レクサスNX79



⑫パノラミックビューモニターは全グレードにオプション設定。


いわゆる360°モニターは全グレードでオプション設定。上位車種には標準装備でもいいと思いますが、付け忘れのないようご注意を。



⑬デジタルインナーミラーは全グレードにオプション設定。


ハリアーであった録画機能は備わりません。

NX04_20210710220810701.jpg

最近のデジタルインナーミラーは解像度も上がり、見やすくなったので、録画機能がなくても付けて方たほうが良いと思います。
死角も減りますしね。



⑭進化したG-Link。


デジタルキー、リモートエアコン、マイカー始動ロックなど、今までのG-Linkには無かったリモート操作も充実!

NX21_202107102209109dd.jpg

車内Wi-Fi機能は月額1,100円。データ通信容量の制限や通信速度については現状不明。

進化したエージェント機能は、「OKレクサス」や「ヘイ!レクサス」などのウェイクアップワードで起動できるように。
ナビの目的地検索だけでなく、「窓を少し開けて」とか、「ルート沿いのガソリンスタンド」、「コンビニのアイコン表示」など以前より車両制御などの要望にも対応できるようになり便利に使えそう!



⑮コネクテッドナビがすごい


インターネットに接続したリアルタイム情報で、駐車場の料金や空き状況だけでなく、食べログの点数までも教えてくれるように進化!
地味に使えそうだし、同乗者にドヤれそう(笑)



⑯マークレビンソンはNX450h+とベースグレードには装備不可


マークレビンソンはNX350h version L、NX350h F SPORT、NX350 F SPORT、NX250 version Lにオプション設定。

新型レクサスNX47

重量の関係か、NX450h+には装備不可が確定だそうです。
マークレビンソンのスピーカーパネルが内装の見た目も向上させてくれるだけに、トップグレードのNX450h+につかないのはこれまた痛い…。

11_20210710221458d86.jpg



⑰パノラマルーフもNX450h+には装備不可


パノラマルーフはNX350h全車、NX350 F SPORT、NX250全車にオプション設定、NX450h+には装備不可。

NX05_20210710220909451.jpg

事前情報では、NX350 F SPORTにも装備できないとの噂もありましたが、どうやらオプション設定がある模様。
NX350を検討している人には朗報ですね。

一方で、これまた重量の関係かNX450h+にはパノラマルーフも設定不可。トップグレードなのに付けられない装備が多くて結構痛いですね…。

NXfw

パノラマルーフは見た目もツートンルーフっぽくなってカッコいいんですけどね。
ただ、ムーンルーフは全車にオプション設定ありなので、NX450h+でもリセールを重視するならムーンルーフを付けておいたほうが良いでしょう。

NXもおn



⑱NX450h+、NX350h、NX350はハイオク仕様、NX250はレギュラー仕様


プラグインハイブリッドのNX450h+ですが、RAV4PHVではレギュラーガソリン仕様だったのに対して、ハイオク仕様になっているとのこと。

さらにハイブリッドモデルのNX350hもハイオク仕様。これは意外ですね。
ハリアーハイブリッドと同じパワートレインかと思いきや、実は北米のシエナと同じスペックになっており、パワーやトルクもハリアーやRAV4ハイブリッドよりも上がっています。
そのためか、NX350hはハイオク仕様とのことで、経済性よりも上質なドライブフィールのほうを優先したという事でしょう。

そして、当然ながらターボのNX350はもちろんハイオク仕様となります。

最後にガソリンNAモデルのNX250のみ、レギュラーガソリン仕様とのこと。
経済性を重視する人にとってはNX250のversion Lとかも良さそうな気がしてきました。

いずれにせよ多くのパワートレインを用意しているだけに、多くのニーズに応えられるようになっているのはさすがですね。



⑲CD・DVDプレイヤーはメーカーオプション設定、しかもブルーレイは非対応!


往年のレクサスユーザーとしてはこれは悲報と思う部分でもありますが、昨今のディスプレイオーディオ化の流れの中でCD・DVDのメディアスロットは廃止。
メーカーオプション設定となるようです。

NX21_20210612155024f33.jpg

しかも今までのレクサス車ではブルーレイが再生できるのが優位点だったんですが、今回のNXからはブルーレイの再生は不可となっている模様です。
車内でブルーレイを見ていたユーザーにとってはこれまた悲報ですね。

個人的にはもはやCDも聞かないしブルーレイも見なくなったので支障はないですが、不満に思うユーザーも少なからずいそうです。



⑳アルミホイールのオプションが豊富に用意されていて悩ましい


version LやF SPORTにはオプション設定のアルミホイールが豊富に用意されていて、選択がかなり悩ましいです。

F SPORTには20インチのスーパーグロスブラックメタリック塗装のアルミホイールが標準装備ですが、無料オプションとしてブラック塗装の色違いも用意されています。

新型レクサスNX33

正直、どっちがスーパーグロスブラックメタリック塗装でどっちがブラック塗装なのかもよくわかりません(笑)

新型レクサスNX32

リセール的にはどっちでも変わらないと思いますが、どの色にするかは結構悩ましいと思います。


また、version Lにもアルミホイールは3種類くらい用意されている模様で、中には有償のものもありますが、選択時には間違いがないように注意して選ぶようにしたいですね。

新型レクサスNX29

新型レクサスNX30

新型レクサスNX31


ベースグレードには、18インチのアルミホイールが標準装備となります。

新型レクサスNX28

オプションとしてversion Lと同じデザインのアルミホイールも用意されるようですので、それと三眼LEDさえ選択してしまえば、外見はversion Lと同じになります。



㉑NX450h+のプラグインハイブリッドは急速充電は非対応


上記でも説明していますが、プラグインハイブリッドだからといって、道の駅や高速のSAなどにある急速充電には対応しているわけではないのでご注意を。
自宅以外では、イオンなどにある200Vの充電器で時間をかけて充電する必要があります。

充電

200V/16Aでの充電時間は5時間30分程度、100V/6Aでは27時間と、かなりの時間が必要になりますので、自宅に充電設備があったほうが良いとは思いますが、EVとは異なり、ガソリンさえ入れればハイブリッドのようにエンジンを回して発電しながら走ることが出来るのは良いところです。
プラグインハイブリッドなら、集合住宅住まいでもなんとか維持できると思います。



㉒全幅がマンションの一般的なパレット幅1,850mmを超えている


これも忘れてはならない注意点ですが、新型NXのボディサイズは、

全長4,660mm×全幅1,865mm×全高1,640mm、ホイールベース2,690mm

と、先代NXと比較して全長で30mm長く、全幅で20mm幅広く、全高で5mm高く、ホイールベースも30mm延長されています。

全体的に大きくなっていますが、中でも気になるのはついに1,850mmを超えてしまった全幅です。
マンションの立体駐車場の一般的な幅1,850mmに先代NXでは何とか収まっていたのですが、フルモデルチェンジあっさりと超えちゃいました。
これにより、購入を断念せざるを得ない家庭も出てくると思いますので、ご注意ください。




レクサス 新型NXの発売日や予約開始日は?


そして気になる発売日ですが、2021年10月7日発表とのこと!!
昨今の生産調整の関係で、発売時期が延期になる模様です。

新型レクサスNX16

予約開始は8月19日からなので、すでに予約も解禁しています!

ただ、レクサスディーラーでは予約解禁当初はかなり混雑しており、アポ無しで来店してもセールスが商談で埋まってしまっている場合が多いです。特に土日となると間違いなくそうでしょう。
なので、レクサスNXの先行販売サイトで来店予約のフォームがありますので、最低でもそちらに入力して、できれば電話などで事前に来店予約を取り付けてから行かないと、行っても商談できない場合もあります(そのくらい混んでる)。
なので電話などでアポを取ってから来店されることを強くオススメします!

NXカタログ02
↑クリックで拡大します。


さらに細かく新型NXのことを知りたい人は、全部入りのレクサスNX特集記事を御覧ください↓

新型レクサスNX徹底購入ガイド!!【見積もり公開! 価格は455万円から!!】新型NXフルモデルチェンジ購入前 22の注意点! & オススメグレードは? 最新情報まとめ! 内装・装備・発売日・スペックなどわかりやすく解説!!



よく、「ネタのために車を買ってる」と言われますが、確かにYouTubeやってなかったらこれほどまでに車を買う事はなかったと思います。

パンの枚数

でも、ブログもYouTubeも「日本をもっと豊かに。日本の基幹産業である自動車が一台でも多く車が売れる社会に。」をテーマにやってます。

物欲が刺激されて、もっと気軽に買い替えてくれる人が増えたら、それが私の幸せなんだなと。




そして、YouTubeをやってて分かったのは、「クルマを買うってエンターテインメント」なんですね。

新型レクサスNX66

多くの人が「見たい、知りたい、擬似体験したい」そういう欲求が詰まってます。

YouTuberとして、クルマが一台でも多く売れる世の中にするため、そして視聴者皆さんの欲求に応える意味でも、私はクルマを買い続けます!




私には売る商品が無い。買っていただけるサービスがない。


私が運営しているブログやYouTubeは、本や映画でもないので、購入しなくても無料で見ることができます。
私には売る商品や買っていただけるサービスがないので、もしブログやYouTubeを応援していただける気持ちがあるのなら、広告を利用していただけることが一番の支援になります。

ブログに貼っている広告を使っていただければ、私にも報酬が入ります。
広告を利用すること自体にはお金はかからないので、タダで出来る募金みたいなものです。
そうして募金していただいた報酬で、私はクルマを買います。
なので間接的に、自動車業界への貢献にもなります。

他人の豊かさを許容することで、自らも豊かになることを許すことができます。
限りある自分の人生ですから、今を楽しまなくちゃ未来もありません!
そして、今を変化させることで、未来も変わってきます。

私も、背伸びしてレクサスを買ったことで人生が変わったと言っても過言ではありません。
分不相応とか、身の丈に合わない、なんて言っていたら本当にそのとおりの人生にしかなりません。
身の丈は誰かが引き上げてくれるものではなく、自分で上げるものです。

自分を変化させる「やる気スイッチ」、押しても良いんじゃないでしょうか。


「今の自分を変えるんだ!」という人はやる気スイッチをどうぞ(笑)






応援していただける気持ちがある方は、広告を利用していただけると嬉しいです。
買取の広告だって、私自身が実際に使ってメリットが有ると思うから、自信を持って貼っています。

上記の広告バナークリックすると、最初にアンケートボタンが表示されますが、アンケートはどれを選んでもOK。

乗り換え

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。
電話がかかってきたら「現在の価格が知りたかった」といえばOK。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に、買う車の納期がわかっていればと売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の売却価格が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この方法でディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

実際私もいつもこの方法で売却してますが、少なくとも15万円はディーラーより高い売却査定が出てますし、最大で100万円以上高く買い取ってもらったこともあります!もう笑うしか無いです(笑)
その時のブログはこちら↓

【驚異のリセールバリュー!!】レクサスRXの中古買取価格は高いか?! 一括査定してみた結果は…!?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り査定額見てみようかな…



よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


いつもコメントなどで「どうしてそんなに早く車を買い替えられるの?」という質問が来ます。
【高く売れる車】を、【高く売れるタイミング】で、【高く売れる方法で売却している】からなんですが、それらをまとめた記事はコチラ↓

【保存版】車を早く買い替える4つのフロー。下取り・買取査定で車を高く売却する方法教えます。



動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!
























では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ












関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: トヨタ生産計画
匿名Tさん、コメントありがとうございます。

情報ありがとうございます!
かなりリアルな数字ですね…。
最近ではニュースで減産の知らせも入ってきていますし、厳しい状況が続きそうです。
Re: NX450h+ F SPORTについて
GS327 さん、コメントありがとうございます。

こちらは完全に私も誤認していて、NX450h+にはリアシートヒーターのみ、電動リクライニングや格納は付かない、ということで間違い無さそうです。
失礼いたしました。
ブログは訂正させていただきました。動画も固定コメントで注釈入れました。
おめでとうございます
ドラヨスさん、契約おめでとうございます。
パワートレーンが同じNXに乗れるのは楽しみです.
まだ先の話ですが、辛口インプレッション楽しみにしております。
カローラクロス見積もりしてきました!
私も契約しました
はじめまして。
いつも楽しく読ませて頂いております。
私は先日350h Version Lを契約してきました。
既存オーナーですが今回は納期が未定のため下取りの金額はまだ契約書には載せれないとのことでした。
ですので下取り金額が確定しないままの契約となりました。
みなさんもそのような形の契約になったのでしょうか?
レクサス購入についてご教授下さい
はじめまして。
短期間で好きな車を乗られてて、こんな買い方、乗り方があるのか~!と目から鱗で、購入欲がどんどん高まってきてしまいました。
私は現在2016年式のハリアーに乗っており、次の車にレクサスのRX300スポーツか新型NXスポーツを検討しております。
ワン速様と同じような乗り方(残クレで2年くらいで買い替え)をした場合、リセールが良いのはどちらになるでしょうか?
また、その車種がものすごく気に入った時、例えばRXに乗り続けたいと思った場合はどのようにするのがベストでしょうか?(RXを売ってまたRXを買い直すor1台のRXを乗り続けるのか?)

長々と申し訳ございませんが、ご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
Re: おめでとうございます
ラプターさん、コメントありがとうございます。

ありがとうございます^^
買ったクルマには辛口です!
Re: 私も契約しました
たかしさん、コメントありがとうございます。

ご契約おめでとうございます^^
納期がはるか先だと、下取り価格は出せない場合が多いですね。
私は今回は下取りなしで契約しています。
一括査定かカババのほうが高く売れそうなので。
Re: レクサス購入についてご教授下さい
むつらさん、コメントありがとうございます。

リセールに関してはその時によっても変わるので何とも言えませんが、今買うのであれば新型NXのほうが間違いないです。
RXは来年秋以降のフルモデルチェンジがあると思われるので(延期される可能性もあり)、モデル末期のRXより新型NXのほうが需要が高いからです。
ただし、今NXを買っても納車が1年待ちくらいになる可能性もあります。
来年以降まで待てるなら、新型RXをいち早く注文するのも良いと思いますが、RXも注文が殺到することが予想され、一見客だと納期が遅くなる可能性もあります。
現在はどの新車も納期が長くなっているので、例えばCPOで中古で現行RXを購入し、フルモデルチェンジのRXを待てば、一見客でもなくなりますし、CPOを買う際に新型RXまでの繋ぎだから新型RXが出たら乗り換えると伝えておけば、多少優遇してくれると思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: フロアマット
匿名A様、コメントありがとうございます。

社外製のフロアマットは、1号車だと納車には間に合わないかもしれませんが、おそらくすぐに発売されると思いますよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント