【新型クラウンセダン購入しました!!】価格は高いか?! 見積もり公開! これは令和のマジェスタだ!! 購入前7つの注意点まとめ

2023年に発売されたトヨタの新型クラウンセダン購入しました!!

crownSEDAN見積

私はクルマ買う系YouTuberとして、クラウンクロスオーバーRSは納車済み、クラウンスポーツも契約していますが、動画でイイネ4000超えたら買うというマニュフェスト通り、クラウンセダンも購入してきました!有言実行!

クラウンスポーツの見積もりレポートはコチラ↓

crownSportTOP.jpg


今回の記事では私の購入した新型クラウンセダン Z HYBRID ELECTRIC VEHICLE(Z HEV)の見積もりと、新型クラウンセダン Z FUEL CELL ELECTRIC VEHICLE(Z FCEV)の見積もりと購入前の注意点7つをまとめます。



新型クラウンセダンのコミコミ総額はいくらになるのか?!

新型クラウンセダンの動画はコチラ↓








ブログ記事の最後にも動画を貼っておくので、記事を最後まで読んでから動画も併せてどうぞ^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

新型クラウンセダンの見積もりにご興味ある方は続きをどうぞ↓






トヨタ新型クラウンセダンのボディサイズとパワートレイン


IMG_1744.jpg

やはりクラウンといえば、セダンですよね。
クラウン特有の高級感のある伸びやかなスタイリングはセダン車でこそ本領ではないでしょうか。



トヨタ新型クラウンセダンのボディサイズ


IMG_1811.jpg

新型クラウンセダンのボディサイズは

全長5,030mm×全幅1,890mm×全高1,475mm、ホイールベースは3,000mm

となってます。

さすがに5mを超えてくるとかなり大きいですね。

同じセダンタイプのレクサスLSのボディサイズ、全長5,235mm、全幅1,900mm、全高1,450mmと比べると、205mm短く、10mm狭く、25mm高いです。LSよりは使い勝手は良さそう。

当然、どちらもマンションの立体駐車場(平均幅1,850mm)には入りません。



トヨタ新型クラウンセダンのパワートレイン


パワトレ

クラウンセダンのパワートレインは、2023年時点では2種類の用意があります。

2.5Lハイブリッド車の「Z HEV」(Z HYBRID ELECTRIC VEHICLE)と、
燃料電池車(水素)の「Z FCEV」(Z FUEL CELL ELECTRIC VEHICLE)です。

クラウンシリーズ唯一のFRレイアウトとなっています。


■Z HEVのスペック
Z HEVのエンジンは、直列4気筒 2.5L マルチステージハイブリッドシステムを搭載しています。
また、10段変速制御を採用。
今までマルチステージハイブリッドは、レクサスLSやLC、先代クラウンに3.5Lエンジンと組み合わされていましたが、今回の2.5Lエンジンとの組み合わせは初。
また組み合わされるトランスミッションは、こちらもクラウンシリーズ唯一の10速ATとなっており、他のクラウンシリーズの6速ダイレクトシフトATや、無断変速機とは異なり上質さが期待できます。

システム最高出力:180kW(245PS)
WLTCモード燃費:18.0km/L




■Z FCEVのスペック
Z FCEVは、最高出力128kW(174PS)の高性能燃料電池ユニットを採用し、最高出力134kWの高出力・高効率モーターを開発。胸のすくような伸びのある走りを生み出したとのこと。

一充填走行距離:820km
最高出力[ネット]:134kW(182PS)/6,940rpm
最高トルク[ネット]:300Nm(30.6kgf・m)/0~3,267rpm
WLTCモード燃費:148km/kg


Z FCEVは、「走る空気清浄機」をうたっており、走行時に吸入した空気をフィルターでろ過し、走れば走るほど空気をクリーンにします。

ただし、水素ステーションは地方だとまだ普及が広がっていないため、このモデルを選べない場合もありそう。




トヨタ新型クラウンセダンのグレード展開と価格


それでは新型クラウンセダンの価格を見ていきましょう。
価格は税込みです。

Z HYBRID ELECTRIC VEHICLE(FR) 7,300,000円

Z FUEL CELL ELECTRIC VEHICLE(FR) 8,300,000円


IMG_1734_20231108181101ec8.jpg

燃料電池車はハイブリッドより100万円高いんですね。

外装、内装ともに2つの間に違いはなく、パワートレインがHEVかFCEVかだけが違いになります。




トヨタ新型クラウンセダンのグレード別主要装備


続いては、購入を決めるのに重要な「どのグレードに何の装備がついているか」をまとめてみましょう。


Z HEVの主要装備


まずはハイブリッド車のZ HEVの主要装備です。

〈安全装備〉
Toyota Safety Sense
ープリクラッシュセーフティー(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼夜]自動二輪車[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
ー緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)+フロントクロストラフィックアラート+レーンチェンジアシスト
ーレーントレーシングアシスト+レーンディパーチャーアラート
ーレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
ーアダプティブハイビームシステム
ーロードサインアシスト
ードライバー異常時対応システム
ープロアクティブドライビングアシスト
ー発進遅れ告知機能
ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト+後方車両接近告知+周辺車両接近時サポート(録画機能・通報提案機能)+後方車両への接近警報+セカンダリーコリジョンブレーキ(停車中後突対応)
パーキングサポートブレーキ(全後方静止物)
パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)
ドライブレコーダー(前後方)
ITS Connect

トヨタチームメイト
ーアドバンストパーク(リモート機能付)+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)
ーアドバンストドライブ(渋滞時支援)
ドライバーモニターカメラ
パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)
パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)

4眼LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+ LEDクリアランスランプ(センターランプ点灯機能&おむかえ証明機能付)/ LEDデイライト(センターランプ点灯機能)+LEDフロントターンランプ
LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター付/運転席側ワイドビュー)+リバース連動機能&足元照明+パノラミックビューモニターカメラ(赤外線投光器付)
デジタルインナーミラー(カメラ洗浄機能付)
カメラ洗浄機能(パノラミックビューモニター用カメラ)
カメラ洗浄機能(デジタルインナーミラー用カメラ)

〈操作性〉
タコメーター
カラーヘッドアップディスプレイ
エンジンオイルレベルウォーニング
メンテナンスインジケーター
AT油温ウォーニング

メーター


本革巻き3本スポークステアリングホイール(ステアリングヒーター+タッチセンサー付)
電動チルト&テレスコピックステアリング(オートチルトアウェイ&リターン機能付)
本革シフトノブ
エレクトロシフトマチック:10速変速制御(シーケンシャルシフトマチック[10速]+パドルシフト付)(Mモード付)

スマートエントリー(全ドア・トランク)&スタートシステム(スマートキー×2)
ハンズフリーパワートランクリッド(挟み込み防止機能付)
イージークローザー(全ドア・トランク)
電動式リヤサンシェード&手動式リヤドアサンシェード

〈外装・メカニズム〉
235/55R 19タイヤ&19✕8Jアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)

サテンメッキ加飾
ーヘッドランプモール
ーロアグリルモール
ーフェンダーガーニッシュ
ーベルトモール
ーリヤバンパーモール

HEVエンブレム(リヤ)

アクティブノイズコントロール
NAVI・AI-AVS
EVドライブモード
ドライブモードセレクト(REAR COMFORT/ECO/NORMAL/SPORT/CUSTOM)
キックダウンスイッチ

〈内装・快適性〉
プレミアムナッパ本革シート表皮
除電スタビライジングプラスシート(運転席)
シートヒーター(3段階温度設定/運転席・助手席・後左右席)
シートベンチレーション(運転席・助手席・後左右席)
リフレッシュシート(後左右席)

助手席肩口パワーシートスイッチ(シートスライド&リクライニング)
運転席・助手席8ウェイパワーシート(前後スライド・リクライニング・シート上下・チルトアジャスター)
電動ランバーサポート(運転席2ウェイ)
マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート・ドアミラー/2メモリー付)
パワーイージーアクセスシステム(運転席)
可倒式ヘッドレスト(助手席)
リヤパワーシート(40/20/40分割リクライニング)
リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個+ボックス+リヤマルチオペレーションパネル付)
高左右席フットレスト(収納袋付)
シートバックアシストグリップ(運転席・助手席)


リヤマルチオペレーション
↑リヤマルチオペレーションパネル

杢目調パネル(インストルメントパネル、センターコンソール前部・後部、ドアトリム)
合成皮革巻&ソフトパッド(インストルメントパネル、センターコンソールボックス、ドアトリム、ドアアームレスト)
サテンメッキ加飾(インサイドドアハンドル、コートフック)
サテンメッキ調塗装(インストルメントパネル、ステアリングスイッチ周辺、シフトノブ、レジスター、センターコンソール後部[王冠マーク]、パワーウインドウスイッチベゼル)
コートフック(サテンメッキ加飾/センターピラー)
3席独立温度コントロールフルオートエアコン(オールオート機能付・S-FLOW:1席/前席集中モード付)
ナノイーX
おくだけ充電(縦置き)
イルミネーテッドエントリーシステム(フロントパーソナルランプ・リヤパーソナルランプ・インパネ左右・カーテシランプ・センターコンソール・前席足元・フロントカップホルダー・インサイドドアハンドル・リヤドアトリム左右・後席足元)
マルチカラーイルミネーション(64色切替[インパネ左右・カーテシランプ・センターコンソール・前席足元・フロントカップホルダー・インサイドドアハンドル・リヤドアトリム左右・後席足元])
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付/センターコンソール後部1個・ラゲージルーム右側1個)

センターコンソールボックス(左右両開きタイプ)
オーバーヘッドコンソール(ボックス付)
デッキアンダートレイ


リフレッシュシート

シートヒーター、シートベンチレーションが運転席・助手席だけでなく後部座席にも付いているのは、さすが高級車ですね。
クラウンクロスオーバーRSのリアサポートパッケージを付けても、後席シートベンチレーションは付けられませんでしたので、クラウンシリーズで唯一、後席シートベンチレーションが付いたモデルとなりそう。

リフレッシュシートは、シートの空気袋の膨張によって体をほぐしてくれるそうで、これが後部座席についてるのも驚きです。これも他のクラウンシリーズでは採用が有りません。

〈エンターテイメント〉
ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus
ーナビ コネクティッドナビ対応(車載ナビ有)FM多重VICS
ーオーディオ・ビジュアル 12.3インチHDディスプレイ、他
ースマートフォン連携 Apple CarPlay対応、Android Auto対応、Miracast対応
ーT-Connect マイカーサーチ、他
ーその他 Bluetooth対応(ハンズフリー/オーディオ)、ETC2.0ユニット(VICS機能付)、光ビーコンユニット付
トヨタプレミアムサウンドシステム(14スピーカー/8chオーディオアンプ)

*メーカーオプション(価格は税込)

デジタルキー(33,000円)
パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)(110,000円)
ブラックパッケージ(198,000円)

ブラックパッケージ

〈ブラックパッケージ〉
A:245/45ZR20タイヤ&20×8(1/2)Jアルミホイール(ブラックスパッタリング塗装)
漆黒メッキ加飾
B:ヘッドランプモール
C:ロアグリルモール
D:フェンダーガーニッシュ
E:ベルトモール
F:リヤバンパーモール




Z FCEVの主要装備


次に燃料電池車の主要装備です。
※上記Z HEVに追加変更される装備

〈操作性〉
タコメーターなし
エンジンオイルレベルウォーニングなし
メンテナンスインジケーターなし
AT油温ウォーニングなし

空気清浄メーター
エレクトロシフトマチック(Brモード付)
ウォーターリリーススイッチ

〈外装・メカニズム〉
アクティブノイズコントロールなし
EVドライブモードなし
キックダウンスイッチなし

電磁ロック式充填リッド
エンブレム:FCEV(サイド・リヤ)
エアクリーナー(ケミカルフィルター付)
排水管

〈内装・快適性〉
外部給電アウトレット

〈エンターテイメント〉
先読みエコドライブ(先読み減速支援)

*メーカーオプション(価格は税込)

デジタルキー(33,000円)
パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)(110,000円)
ブラックパッケージ(198,000円)


内装


となっています。
FCEVモデルになっても、基本的には機能や装備が拡充されるわけではなく、純粋にFCEVの装備がつくだけとなっているようです。
なので、「この装備がほしいからこっちのグレード」などと選ばないで、単純にハイブリッドがいいか、燃料電池車がいいかで選べます。




トヨタ新型クラウンセダンの見積もりを公開!


crownSEDAN見積

グレード別の価格や装備を予習したところで、お待ちかねの見積もりレポートです!
見積もりは2グレードともとってきました。



新型クラウンセダン Z HEV BLACK PACKGE(FR)の見積もり


まずは、私の購入したハイブリッドモデル「Z HEV」から見ていきましょう。

出来上がった見積もりがこちら!!↓

crownSEDANhevZ-1_2023120319442636d.jpg

新型クラウンセダン Z HEV(FR)のコミコミ価格は793.5万円!!

crownSEDANhevZ-2.jpg

ギリギリ700万円台までに収まりました^^;


付けたオプションがこちら↓

crownSEDANZ-3.jpg

・プレシャスブラックパール 55,000円
・ブラックパッケージ 198,000円
・デジタルキー 33,000円
・パノラマルーフ(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付) 110,000円

・フロアマット ロイヤルタイプ 50,600円


ボディカラーは黒塗りのセダンにあこがれているのと、コーティング案件が多いのでプレシャスブラックパールを選択。
セルフリストアリングコートが付いていて、小キズを自動修復する機能があります。

付けられるオプションはとりあえずほぼつけた感じですね。
これでメーカーオプション合計は39.6万円で、新型クラウンセダンではドラレコやETCは標準装備で付いてるので、ディーラーオプションはフロアマットだけでした。

ブラックパッケージをつけなければ20万円ほど浮くので770万円ほどになります。

それで出来上がった新型クラウンセダン Z HEV(FR)のコミコミ価格は793.5万円!!となりました。

すでに納車されている、クラウンクロスオーバーRS Advancedのリアサポートパッケージ付きがコミコミ740万円くらいだったので、思いのほか高すぎるわけではないと思いました。
ちなみに、クラウンスポーツの2.5L ハイブリッドZのコミコミ価格は625万円くらいでした。




新型クラウンセダン Z FCEV BLACK PACKGE(FR)の見積もり


続いては、燃料電池車の「Z FCEV」の同じくブラックパッケージ付です。

出来上がった見積もりがこちら!!

crownSEDANfcevZ-1_202312031944220c5.jpg

新型クラウンセダン Z FCEV BLACK PACKGE(FR)のコミコミ価格は908.6万円!!

crownSEDANfcevZ-2.jpg

車両本体価格差100万円分上がりました

付けたオプションがこちら↓

crownSEDANZ-3.jpg

・プレシャスブラックパール 55,000円
・ブラックパッケージ 198,000円
・デジタルキー 33,000円
・パノラマルーフ(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付) 110,000円

・フロアマット ロイヤルタイプ 50,600円



オプションは先程と全く同じものになっています。

それで出来上がった新型クラウンセダン Z FCEV BLACK PACKGE(FR)のコミコミ価格は908.6万円!!ということです。

ただ、こちらは燃料電池車の補助金も入るのも考慮しなければなりません。
ちなみに2023年時点だと136.3万円も補助金が入ります!!
そうなると、ハイブリッドと価格差は逆転してしまいますね…。

しかし、補助金は4年間乗らないと期間に応じて返金しなければならなくなるのでご注意ください。

参考にしていただければ幸いです^^




トヨタ新型クラウンセダンの見積もり価格やグレード展開の感想・購入前の注意点は?


IMG_1811.jpg

と言った感じで、新型クラウンセダンのグレード展開や見積もりまでまとめてみましたが参考になったでしょうか?
個人的な感想としては、「クラウンシリーズの真打ち登場!見た目も内容も、まさにクラウン!価格も高いけど令和のマジェスタと考えれば納得いく」という感じですね。

クラウンは、クロスオーバーやスポーツなど、安価に購入できるモデルも用意しつつ、セダンは往年のマジェスタを彷彿とさせるフラッグシップモデルとして作られていると考えれば合点もいきます。

装備面でも他のクラウンシリーズとは一線を画し、内装もアンビエントライトが完備され、ドアヒンジも鋳造製、イージークローザーも完備、スピーカーは脅威の14スピーカー、シートはヒーターもベンチレーションもリラックス効果のあるもみほぐし機能まで、至れり尽くせりの装備となっています。
シリーズ唯一のFRレイアウトというところも注目です。



最後に、購入する前に注意すべき点としては、

①5mを超えるボディサイズ
②駆動方式がFRのみ
③ハイブリッドでもセンタートンネルが大きく、後席中央に乗るのは難しい
④トランクスルー不可で、座席と完全分割になっている
⑤生産枠が少なくそもそも買えるかどうか
⑥パワートレインが2.5Lだと動力性能が足りるか
⑦補助金を含めるとHEVとFCEVの価格は逆転する


と言った感じでしょうか。

④については、そもそもスキーなどの長尺物は積載が難しく、大きい荷物を積むのには適していません。
あとはパワトレも2.5Lエンジンが組み合わされているので、重量級のボディで動力性能が足りるのか、これはしばらく走ってみないとわからないところなので、また納車されたら動画でレポートしていきたいと思います。

ラゲッジ

また、生産枠にも限りがありますので、お求めの方はお早めに!

ということで、トヨタ新型2クラウンスポーツなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

そしてここからはガチで売却価格を上げる方法ですが、車種情報入力で、「メーカー・車種名」「年式」「走行距離」など見積もりたい車の情報を入力します。

車種情報入力

査定には、名前や電話番号などの個人情報も必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。
後ほど、買取店からの査定依頼の電話がかかってきますが、これは高く売るために必要なことなのでちゃんと入力しましょう。
電話番号を入力するとSMSメールで4桁の認証コードが送られて来るので、それを入力すれば「○○○円~○○○円」という、ざっくりとした価格がWEBサイトに表示されます。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること、②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がオススメです。


買取_300-250


通常の一括査定サイトとドコが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません
翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKというサービスです。
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認出来るので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることが出来ます。

その後、査定額上位3社だけから、実際にクルマを見て査定してもらうための電話連絡が入ります。
結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、煩わしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

上位3社とも、実際にクルマを見て査定をしたいと言ってくるので、同じ時間帯にアポイントを入れて競わせるのは、通常の一括査定サイトと同じ手順となります。


MOTA一括査定のデメリットとしては、

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる点

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある点

が挙げられます。
なので、一括査定に慣れている人は、ナビクルなどの通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります。

どちらでもお好みに合わせて使えば良いと思います。

一括査定に慣れている人はコチラ↓

かんたん車査定ガイド






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250


MOTAでも最終的には3社が実際にクルマを見ての査定になるので、同時間帯にアポイントを入れて、名刺の裏に査定額を書いてもらって入札制にする手順は同じになります。


私も昔は、特に何も考えずディーラーで下取りに出してしまっていましたが、今ではこのフローにしたがって買い換えるようにしています。

ネット一括査定にエントリーすると電話がジャンジャン鳴ったり、同じ時間に呼んで入札制にするのは面倒くさいという人も居ますが、それをやるだけで数十万円高く売れるのであれば、やらない理由はないということです。



まとめ&よくある質問


さて、最後によくある質問についてもお答えしておきましょう。


Q:古い車や過走行のクルマでも高く売れるの?
A:程度にもよりますが、ディーラー査定よりは高く売れる可能性は高いです。ディーラーでは廃車と言われた実家の10年落ちストリームが、一括査定をした結果、17万円で買い取ってもらえました。



Q:軽い気持ちでエントリーしたら、電話が鳴りまくってビビったw
A:エントリーするなら休日や仕事時間外など電話を受けられる時がオススメです。着信履歴は多くても、実際に電話してるのは3〜4社なので、4回くらい電話を受ければ終わります。すぐに売るつもりが無ければ「愛車の現在の相場が知りたかっただけ」と言って断ればOKです。

それでも電話がたくさん鳴るのが恐怖と言う人は、ユーカーパックMOTA一括査定を使ったほうが良いですね。これでもディーラー査定よりは高く売れるはずです。



Q:納車までが長いんだけど、いつ一括査定にエントリーすればいいの?
A:納車日の1ヶ月〜2週間前くらいがベストです。ただし、毎年1月下旬〜2月中旬が中古車買取相場が高くなる時期なので、多少前後してもそのタイミングでエントリーしたほうが高く売れる可能性が高いです。下で解説しますが、引き取りのタイミングは調整可能です。



Q:売却するのが決まったらすぐ引き取られちゃうの? 代車は出してくれるの?
A:引き取りのタイミングはこちらの要望を聞いてもらえます。ただ、数ヶ月先などになると、査定額も本気では出してくれないので、エントリーのタイミングは納車の1ヶ月前〜2週間前くらいがベストです。そして納車日の前日とか翌日とか都合のいい日に引き取ってもらえばOKです。
また、買取店が「今すぐ引き取りたい」という場合には、代車を数週間貸してくれるところもあるので、相談してみると良いでしょう。



Q:ローンや残クレの途中なんだけど、売却できるの?
A:問題なく売却できます。ただし、売却が決まったら残債を精算しなければならないので、査定額が残債額未満の場合は、買取店の指定する口座に振り込む必要があります。残債以上で売れた場合には、差額が自分の口座に振り込まれます。



Q:買取店からの電話で、他の買取店と時間をずらして欲しいと言われるんだけど…
A:買取店は、他店が居ないところでの独占交渉を持ちかけてきますが、相見積もりさせないで「押し買い」される危険性があるので、独占交渉はできるだけ避けたほうが良いです。「他の買取店はまだ居ない」とか「こちらの都合が聞けないなら降りてもらって結構です」と言えばOKです。



Q:一括査定だと裏で談合されると聞いたけど…
A:談合されるよりも、独占交渉で「強引な押し買い」をされるほうが安い価格で売らざるを得なくなる可能性があるので、複数社集めて双方監視の目がある中で入札にしたほうが良いですね。また、ディーラーでの下取り査定額プラス10万円くらいを最低価格として最初に言っておけば、少なくともそれは超えてくるので【損することは有りません】。
それでも談合が心配と言う人に談合対策必勝法ですが、買取店を集めた際に「これで全員ですか?」と聞かれたら、「1社だけ先にやってもらってます、それも含めてこの中で一番高いところに売ります」と言えばOK。これで談合の意味が無くなります。その価格を教えてくれと言われたら断ればOK。そんなの言えるはずがありませんよね(笑)
また、何件も別々に査定させたり、買取店をハシゴしたりすると、それだけで丸一日以上かかってしまうので、一括査定で2時間以内で終わらせるほうが時間的コストもかからないのでオススメです。一番効率が良し、押し買いのリスクもありません。



Q:「契約するまで帰りません」と居座る業者とか、契約を決めたあとに難癖つけて値下げ交渉する業者、車検証原本をそのまま持っていこうとする押し買い業者もいるって聞くけど…
A:そう言ったリスクを避ける意味でも、一対一の独占交渉に持ち込まれないようにするほうが良いです。なので、複数社を同時にアポイントを入れたほうが逆に監視の意味で安全です。事故車両の隠匿などこちらに嘘が無い限りは、査定した営業マンの瑕疵になるので、契約書を交わしたあとに減額を要求してくるようならば、「消費者契約法第10条」によって無効を主張することもできますし、気分が良くないならキャンセルして別の業者に売るなどの手段もできます。

それでも無理な要求をしてくる場合は、国民生活センター(消費者センター)に連絡すると強気に出ても良いでしょう。

また、あまり聞いたことのないような業者は倒産のリスクもあるので、CMなどで一度は耳にしたことある有名買取店以外は呼ばないなどの自衛手段もアリかも。



Q:自宅の駐車場に何社もいっぺんに集めて査定させるのは厳しい…
A:近隣のコインパーキングやショッピングモール、公園など、他の場所に来てもらうのも有りです。ただし、査定する際に車検証などが必要になるので、それは車内に置いておきましょう。実際に売却が決まったら、ハンコや書類の手続きが必要になるので、自宅に呼びたくない場合は印鑑や免許証(これは確実にあると思いますが)は持参するようにしたほうが良いでしょう。



Q:地方に住んでいるから、たくさん買取店が集まらないかも…
A:一括査定にエントリーしても買取店が近隣にない場合は電話がかかってこないこともあります。そういう場合には、ネットで結果が見れるMOTA一括査定にエントリーするか、それでもダメならユーカーパックでオークションに出品してもらうのが良いでしょう。



Q:で、どこのサイトで一括査定を申し込めば良いの?
A:私がいつも使っている一括査定サイトはコチラです↓


ナビクル査定






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250




たった一日の苦労で、数十万円の差が出るのなら、試してみない手はないと思います^^
実際にワン速方式で数十万円得した「喜びの声」も多数いただいてます(笑)








数十万円の差になるなら、電話の対応くらい安いもんです!
数十万円高く売れたら、エアロとかオプションも追加できちゃうし、旅行だって行けちゃう。

今すぐ売却する予定がない人も、こちらのページをブックマークしておいて、納車が近づいてきたら試してみると良いですよ^^


やり方は動画でもまとめたので、文字読むのが面倒な人は動画でどうぞ↓








ワン速方式としては、私も利用しているナビクル一括査定がおすすめです↓


ナビクル査定








一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓


買取_300-250



人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

IMG_1744.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!








では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント