【WR-V見積もりました!!】意外な落とし穴アリ?! コミコミ価格は高いか?! アレやアレが無い?! サイズ・スペック・装備など購入前7つの注意点とは?

2023年12月発表、2024年春発売予定のホンダの新型SUV「WR-V」の見積もりを取ってきました〜!

wrv-mitumori.jpg

今回は、新型WR-Vを購入検討している人のために、価格やグレード構成、グレード別装備、見積もり、購入前の7コの注意点などをまとめます!


新型WR-Vの動画もどうぞ↓







ブログ記事の最後にも動画を貼っておくので、記事を最後まで読んでから動画も併せてどうぞ^^

それでは、新型WR-Vの見積もりにご興味がある方は続きをどうぞ↓








ホンダ新型WR-Vのパワートレインと駆動方式・燃費は?


それでは、WR-Vのパワートレインから見てみましょう。WR-Vはインド生産で日本に運ばれてくるモデルとなっています。インドで生産されているからと言っても品質上は問題有りませんが、ただ注意しなければならない点もいくつかあります。
それは記事の最後でまとめておきます。

WRV01.jpg

2023年12月に発表されたWR-Vでは、1.5Lガソリンエンジンのみ、FFのみとなっています。

エンジン:水冷直列4気筒横置
最高出力:87kW[118PS]/6,600rpm
最大トルク:142N・m[14.5]/4,300rpm
燃費:WLTCモード 16.2-16.4km/L

燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:40L

WRV02.jpg

4気筒あるため、3気筒のヤリスクロスのガソリンモデルよりは出力は大きいですね。
燃料タンク容量も多めなのも良いのですが、これだけタフな見た目なのに4WDの設定がないのが残念。
降雪地域では選択肢に入らないという人もいるでしょう…。




ボディサイズ


WRV08.jpg

全長4,325mm×全幅1,790mm×全高1,650mm、
ホイールベース2,650mm


ボディサイズはコンパクトSUVと呼ぶには大きい方ですね。WR-Vの全幅は、一般的なマンションの立体駐車場幅(1,850mm)にも入る大きさとなっているのも嬉しいところ。


同じホンダのSUV「ヴェゼル」のボディサイズが全長4,330mm×全幅1,790mm×全高1,580〜1,590mm、ホイールベース2,610mmとなっているので、WR-Vのほうが5mmだけ短く、全幅は同じ、全高は60mm高くなっています。

vezel03_202203051635329dc.jpg

ホイールベースはWR-Vのほうが40mm長いので、ラゲッジスペースや足元スペースは期待できます。

WRV04.jpg


高さやボンネットフードの厚みがヴェゼルよりWR-Vのほうがあるので、並んだらWR-Vのほうが大きく見えると思います。

ライバルとして想定されるヤリスクロスのボディサイズが全長4,180〜4,200mm×全幅1,765mm×全高1,580〜1,590mmとなっているので、WR-Vのほうがヤリスクロスより130mmも長く、25mm幅広く、60mm高いです。

YARISCROSS試乗09

ちなみにさらに小さいトヨタのコンパクトSUV「ライズ」のボディサイズは、全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmなので、WR-Vは遥かに大きいサイズとなっています。

RAIZE16_20200113111259ded.jpg

大きくて見栄えの良く、室内は広いSUVがWR-Vと言えそうです。

wrv-4.jpg





ホンダ新型WR-Vのグレード展開と価格


続いて、気になる新型WR-Vの価格とグレード展開をまとめてみましょう。
価格は税込みです。

wrvX−1
↑WR-V X・Z

X [FF]2,098,800円
Z [FF]2,349,600円
Z+ [FF]2,489,300円


昨今、どんどん高価格化する車両価格の中では、200万円そこそこからのスタート価格は嬉しいですね。




ホンダ新型WR-Vの主要装備


続いて購入の検討に重要な、主な装備を見ていきましょう。
ここが要注意ポイントです。

img_interior_z_plus.jpg



新型WR-V 「X」の主要装備


まずはベースグレード「X」の主要装備です。

img_interior_x.jpg

〈安全装備/運転支援機能〉
Honda SENSING
[・衝突軽減ブレーキ・誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能・近距離衝突軽減ブレーキ・歩行者事故低減ステアリング・路外逸脱抑制機能・アダプティブクルーズコントロール・車線維持支援システム・先行車発進お知らせ機能・標識認識機能・オートハイビーム・パーキングセンサーシステム・急アクセル抑制機能(別途セットアップ(ディーラーオプション)必要)]
フルLEDヘッドライト〈デイタイムランニングランプ付〉〈マニュアルレベリング/オートライトコントロール機構付〉
前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉

〈快適装備/メーター〉
Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ
[・ハンズフリーテレホンスイッチ/音声認識スイッチ・リアワイドカメラ・専用ワイヤーハーネス・車載通信機・スマートフォン用Bluetoothユニット・ナビ/オーディオリモートコントロールスイッチ]
マルチインフォメーションディスプレイ
[経過時間/トリップメーター/平均車速/平均燃費/瞬間燃費/推定航続可能距離表示機能など]
7インチデジタルグラフィックメーター
フルオート・エアコンディショナー
リアベンチレーション
充電用USBジャック(Type-A/助手席用)
パドルシフト

〈インテリア〉
アームレスト付センターコンソールボックス(ファブリック)

〈エクステリア〉
電動格納式リモコンドアミラー(LEDウインカー付)
アウタードアハンドル(カラード)
16インチスチールホイール+スチールラジアルタイヤ+フルホイールキャップ


などとなっています。

WRV07.jpg

ベースグレードとは言え、結構装備は充実していますね。
安全装備のホンダセンシングが備わるのは良いポイント。
ただし、昨今のクルマには軽自動車にも当たり前に付いてきている電動パーキングブレーキがWR-Vでは全グレード非採用となっています。

「電動パーキングブレーキとブレーキホールドが無いクルマは買わない教」に入信している私としては、なかなか厳しいところ…。
インドでは電動パーキングブレーキより価格面のほうが重要視されているということでしょうか。
日本でも差別化という意味でも、価格競争力がありそうですが、一度ブレーキホールド有りのクルマに慣れてしまうと、もはや無しのクルマには戻れない気もしますが…。




新型WR-V 「Z」の主要装備


続いては、上位グレードの「Z」の装備です。

img_interior_z_plus.jpg

〈インテリア〉
コンビシート(プライムスムース×ファブリック)
本革巻ステアリングホイール
本革巻セレクトレバー
ソフトパッド(プライムスムース〈フロントドアライニング、フロントドアアームレスト〉)
アームレスト付センターコンソールボックス(プライムスムース)
リアセンターアームレスト
パーセルカバー

〈エクステリア〉
LEDフォグライト
17インチアルミホイール(ベルリナブラック+切削)+スチールラジアルタイヤ
電動格納式リモコンドアミラー(LEDウインカー付)(オートリトラミラー)


などとなっています。
ここで注目なのが、なんと上位グレードのZにもシートヒーターの設定がありません。
電動パーキングブレーキは好みはあれど、軽自動車にすらついているシートヒーターがオプションでも選べないのはちょっと厳しい…。
インドではシートヒーターは要らないのかもしれませんが、日本の冬では必須と言える装備なので、これが無いのは痛すぎます…。
電動パーキングブレーキよりも、シートヒーターが無いことで選考線上から漏れる人が多そうな予感…。

シートヒーターが無いということは、当然ステアリングヒーターも有りません。




新型WR-V 「Z+」の主要装備


最後は「Z+」グレードですが、「Z」と「Z+」の違いは外装の見た目だけで、Z+には以下の加飾があります。

wrvZplus.jpg

●ベルリナブラックフロントグリル
●シャープシルバー塗装ルーフレールガーニッシュ
●シルバー・ドアモールディング
●シャープシルバー塗装ドアロアガーニッシュ
●クロームメッキ・アウタードアハンドル

内装や装備面では同じなので、外装はシンプルでタフに行きたい人は、Zグレードでも良さそうです。

WRV05.jpg




ホンダ新型WR-Vの見積もりを公開!


wrv-mitumori.jpg

それではお待ちかね、新型WR-Vの見積もりを見てみましょう。



新型WR-V X(FF)の見積もり


最下位グレードから見ていきましょう!
なるべく安く買うならということで、オプションも最低限にしました。

出来上がった見積もりがコチラ↓

wrv-X-1.jpg

新型WR-V X(FF)のコミコミ価格は267.4万円!

wrv-X-2.jpg

300万円以下に余裕で収まりました!
昨今、軽自動車ですら300万円近いコミコミ価格になるので、この価格感は嬉しいですね。


付けたオプションはコチラ↓

wrv-X-3.jpg

・フロアマットスタンダード 27,610円
・8インチディスプレイオーディオ 110,430円
・ディスプレイオーディオ取付アタッチメント 4,400円
・発話型ETC2.0車載器 音声ガイドタイプ 27,500円
・発話型ETC2.0車載器 取付アタッチメント 15,840円
・ETCセットアップ 3,465円
・ドライブレコーダー前後カメラセット 83,765円

・点検パック79,550円
・延長保証マモル 12,100円


となっています。

8インチのディスプレイオーディオはナビ機能はついていない最低限のディスプレイですので、スマホを接続してApple CarPlayやAndroid Autoでナビソフトを使う必要があります。

ナビ機能のついたものは同じ8インチで145,200円(+工賃13,000円)で用意されています。

点検パックは、延長も込めて5年保証で91,650円分ついているので、不要な場合は省いてOKです。
3年未満で売却するなら延長保証は要らないです。メンテパックは、使わないで早期売却した分は返金されます。

それで出来上がった新型WR-V X(FF)のコミコミ価格は267.4万円ということです。
これを基準に、他のグレードの見積もりも見ていきましょう。




新型WR-V Z(FF)の見積もり


次に上位グレード「Z」の見積もりを見ていきましょう!
コチラが売れ線とグレードとなりそうです。

出来上がった見積もりがコチラ↓

wrv-Z-1.jpg

新型WR-V Z(FF)のコミコミ価格は300.4万円!

wrv-Z-2.jpg

ちょうど300万円ですね!

付けたオプションはコチラ↓

wrv-Z-3.jpg

・フロアマットスタンダード 27,610円
・8インチ Honda CONNECTナビ 160,215円
・ディスプレイオーディオ取付アタッチメント 4,400円
・デジタルTV用フィルムアンテナ 12セグ+ワンセグ放送用 7,150円
・ETC2.0車載器 ナビ連動タイプ 19,800円
・ETC2.0車載器 取付アタッチメント 28,325円
・ETCセットアップ 3,465円
・ドライブレコーダー前後カメラセット 83,765円

・点検パック79,550円
・延長保証マモル 12,100円


となっています。

今度はナビ機能のついた同じく8インチのディスプレイです。
点検パックは、先程と同様の延長も込めて5年保証で91,650円分ついているので、不要な場合は省いてOKです。

オプションなど合わせて42.6万円となりました。

それで出来上がった新型WR-V Z(FF)のコミコミ価格は300.4万円ということです。
延長保証を抜けば、ギリギリ300万円以下に収まりそうです。




新型WR-V Z+(FF)の見積もり


最後に「Z」に外装加飾がついた「Z+」の見積もりを見ていきましょう。

出来上がった見積もりがコチラ↓

wrv-Z_-1.jpg

新型WR-V Z+(FF)のコミコミ価格は322.0万円!

wrv-Z_-2.jpg

「Z」の見積もりからプラス22万円となりました。

ZとZ+の車両本体価格の差は139,700円ですが、価格差が開いた原因はナビを良いものにしたからですね。

付けたオプションはコチラ↓

wrv-Z_-3.jpg

・フロアマットスタンダード 27,610円
・ナビドラレコあんしんパッケージ 309,045円
・ディスプレイオーディオ取付アタッチメント 4,400円
・パネルキット 5,500円
・デジタルTV用フィルムアンテナ 12セグ+ワンセグ放送用 7,150円
・ETC2.0車載器 ナビ連動タイプ 19,800円
・ETC2.0車載器 取付アタッチメント 28,325円
・ETCセットアップ 3,465円

・点検パック79,550円
・延長保証マモル 12,100円


となっています。

ナビドラレコあんしんパッケージには、「9インチナビ機能付ディスプレイ」と「ドライブレコーダー前後カメラ」がセットになっています。それぞれバラバラに付けるより、1万円弱お得になります。

点検パックは、先程と同様の延長も込めて5年保証で91,650円分ついているので、不要な場合は省いてOKです。

オプションなど合わせて49.6万円となりました。
結構高くついちゃいましたね^^;

それで出来上がった新型WR-V Z+(FF)のコミコミ価格は322.0万円ということです。

WRV01.jpg

参考にしていただければと思います^^

ヴェゼルの1.5Lガソリンモデルが終売となるので、その代わりとしてのWR-Vの存在意義があるのだと思いますが、価格的には絶妙なところですね…。

カローラクロスのガソリンモデル、ハイブリッドの中間グレードSあたりと競合しそうです。
ヤリスクロスはサイズが小さいですが、コミコミ価格ももっと安く上がります。




ホンダ新型WR-V 購入前7の注意点まとめ!


そして最後に、新型WR-Vを購入する上での注意点をまとめておきますので参考にしていただければと思います!

①電動パーキングブレーキ非採用
②ガソリン車のみなのでハイブリッドと比較するとエコカー減税分が割高に
③シートヒーター・ステアリングヒーターなし
④4WDの設定無し
⑤ボディサイズは意外と大きい
⑥サンルーフの設定なし
⑦マルチビューカメラシステム(360度カメラ)・ブラインドスポットインフォメーション(BSI)の設定無し


最後に追加しましたが、マルチビューカメラシステムやBSIも設定が無いんです。
安全装備はオプションでも良いから選べれば良いのにとは思いますが、こうした装備を省くことで価格を抑えているのだと思います。
いろいろと割り切りも感じる装備内容となっていますので、同じホンダのヴェゼルや、ライバルと比較して何を優先するかによってWR-Vの価値が変わってくると思います。

また、価格が安いと思っていると、WR-Vにはガソリンモデルしか無いので、ライバルのハイブリッド車と見積もり比較をした際に、エコカー減税分の価格差が埋まってしまい、価格優位性が失われる場合があります
これが落とし穴でもありますので、よく比較して検討されることをオススメします。

一方で、大きく見栄えの良いボディと、広い室内やラゲッジスペースはライバルのSUVにはない魅力になると思いますので、それらを重視するならWR-V一択となるかもしれません。

WRV03.jpg




新型WR-Vの値引き状況や納期は?


2023年12月発表されたばかりで、2024年春発売予定の新型WR-Vですが、現在先行予約受付中となっています。
予約初期の段階では値引きナシというところも多々あると思いますので、詳しくは店舗にてご確認ください。
納期については、残念ながら今のところは何もわかっていません。
お求めの方はお早めに!

WRV06.jpg

ということで、新型WR-Vなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

そしてここからはガチで売却価格を上げる方法ですが、車種情報入力で、「メーカー・車種名」「年式」「走行距離」など見積もりたい車の情報を入力します。

車種情報入力

査定には、名前や電話番号などの個人情報も必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。
後ほど、買取店からの査定依頼の電話がかかってきますが、これは高く売るために必要なことなのでちゃんと入力しましょう。
電話番号を入力するとSMSメールで4桁の認証コードが送られて来るので、それを入力すれば「○○○円~○○○円」という、ざっくりとした価格がWEBサイトに表示されます。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること、②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がオススメです。


買取_300-250


通常の一括査定サイトとドコが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません
翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKというサービスです。
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認出来るので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることが出来ます。

その後、査定額上位3社だけから、実際にクルマを見て査定してもらうための電話連絡が入ります。
結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、煩わしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

上位3社とも、実際にクルマを見て査定をしたいと言ってくるので、同じ時間帯にアポイントを入れて競わせるのは、通常の一括査定サイトと同じ手順となります。


MOTA一括査定のデメリットとしては、

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる点

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある点

が挙げられます。
なので、一括査定に慣れている人は、ナビクルなどの通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります。

どちらでもお好みに合わせて使えば良いと思います。

一括査定に慣れている人はコチラ↓

かんたん車査定ガイド






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250


MOTAでも最終的には3社が実際にクルマを見ての査定になるので、同時間帯にアポイントを入れて、名刺の裏に査定額を書いてもらって入札制にする手順は同じになります。


私も昔は、特に何も考えずディーラーで下取りに出してしまっていましたが、今ではこのフローにしたがって買い換えるようにしています。

ネット一括査定にエントリーすると電話がジャンジャン鳴ったり、同じ時間に呼んで入札制にするのは面倒くさいという人も居ますが、それをやるだけで数十万円高く売れるのであれば、やらない理由はないということです。



まとめ&よくある質問


さて、最後によくある質問についてもお答えしておきましょう。


Q:古い車や過走行のクルマでも高く売れるの?
A:程度にもよりますが、ディーラー査定よりは高く売れる可能性は高いです。ディーラーでは廃車と言われた実家の10年落ちストリームが、一括査定をした結果、17万円で買い取ってもらえました。



Q:軽い気持ちでエントリーしたら、電話が鳴りまくってビビったw
A:エントリーするなら休日や仕事時間外など電話を受けられる時がオススメです。着信履歴は多くても、実際に電話してるのは3〜4社なので、4回くらい電話を受ければ終わります。すぐに売るつもりが無ければ「愛車の現在の相場が知りたかっただけ」と言って断ればOKです。

それでも電話がたくさん鳴るのが恐怖と言う人は、ユーカーパックMOTA一括査定を使ったほうが良いですね。これでもディーラー査定よりは高く売れるはずです。



Q:納車までが長いんだけど、いつ一括査定にエントリーすればいいの?
A:納車日の1ヶ月〜2週間前くらいがベストです。ただし、毎年1月下旬〜2月中旬が中古車買取相場が高くなる時期なので、多少前後してもそのタイミングでエントリーしたほうが高く売れる可能性が高いです。下で解説しますが、引き取りのタイミングは調整可能です。



Q:売却するのが決まったらすぐ引き取られちゃうの? 代車は出してくれるの?
A:引き取りのタイミングはこちらの要望を聞いてもらえます。ただ、数ヶ月先などになると、査定額も本気では出してくれないので、エントリーのタイミングは納車の1ヶ月前〜2週間前くらいがベストです。そして納車日の前日とか翌日とか都合のいい日に引き取ってもらえばOKです。
また、買取店が「今すぐ引き取りたい」という場合には、代車を数週間貸してくれるところもあるので、相談してみると良いでしょう。



Q:ローンや残クレの途中なんだけど、売却できるの?
A:問題なく売却できます。ただし、売却が決まったら残債を精算しなければならないので、査定額が残債額未満の場合は、買取店の指定する口座に振り込む必要があります。残債以上で売れた場合には、差額が自分の口座に振り込まれます。



Q:買取店からの電話で、他の買取店と時間をずらして欲しいと言われるんだけど…
A:買取店は、他店が居ないところでの独占交渉を持ちかけてきますが、相見積もりさせないで「押し買い」される危険性があるので、独占交渉はできるだけ避けたほうが良いです。「他の買取店はまだ居ない」とか「こちらの都合が聞けないなら降りてもらって結構です」と言えばOKです。



Q:一括査定だと裏で談合されると聞いたけど…
A:談合されるよりも、独占交渉で「強引な押し買い」をされるほうが安い価格で売らざるを得なくなる可能性があるので、複数社集めて双方監視の目がある中で入札にしたほうが良いですね。また、ディーラーでの下取り査定額プラス10万円くらいを最低価格として最初に言っておけば、少なくともそれは超えてくるので【損することは有りません】。
それでも談合が心配と言う人に談合対策必勝法ですが、買取店を集めた際に「これで全員ですか?」と聞かれたら、「1社だけ先にやってもらってます、それも含めてこの中で一番高いところに売ります」と言えばOK。これで談合の意味が無くなります。その価格を教えてくれと言われたら断ればOK。そんなの言えるはずがありませんよね(笑)
また、何件も別々に査定させたり、買取店をハシゴしたりすると、それだけで丸一日以上かかってしまうので、一括査定で2時間以内で終わらせるほうが時間的コストもかからないのでオススメです。一番効率が良し、押し買いのリスクもありません。



Q:「契約するまで帰りません」と居座る業者とか、契約を決めたあとに難癖つけて値下げ交渉する業者、車検証原本をそのまま持っていこうとする押し買い業者もいるって聞くけど…
A:そう言ったリスクを避ける意味でも、一対一の独占交渉に持ち込まれないようにするほうが良いです。なので、複数社を同時にアポイントを入れたほうが逆に監視の意味で安全です。事故車両の隠匿などこちらに嘘が無い限りは、査定した営業マンの瑕疵になるので、契約書を交わしたあとに減額を要求してくるようならば、「消費者契約法第10条」によって無効を主張することもできますし、気分が良くないならキャンセルして別の業者に売るなどの手段もできます。

それでも無理な要求をしてくる場合は、国民生活センター(消費者センター)に連絡すると強気に出ても良いでしょう。

また、あまり聞いたことのないような業者は倒産のリスクもあるので、CMなどで一度は耳にしたことある有名買取店以外は呼ばないなどの自衛手段もアリかも。



Q:自宅の駐車場に何社もいっぺんに集めて査定させるのは厳しい…
A:近隣のコインパーキングやショッピングモール、公園など、他の場所に来てもらうのも有りです。ただし、査定する際に車検証などが必要になるので、それは車内に置いておきましょう。実際に売却が決まったら、ハンコや書類の手続きが必要になるので、自宅に呼びたくない場合は印鑑や免許証(これは確実にあると思いますが)は持参するようにしたほうが良いでしょう。



Q:地方に住んでいるから、たくさん買取店が集まらないかも…
A:一括査定にエントリーしても買取店が近隣にない場合は電話がかかってこないこともあります。そういう場合には、ネットで結果が見れるMOTA一括査定にエントリーするか、それでもダメならユーカーパックでオークションに出品してもらうのが良いでしょう。



Q:で、どこのサイトで一括査定を申し込めば良いの?
A:私がいつも使っている一括査定サイトはコチラです↓


ナビクル査定






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250




たった一日の苦労で、数十万円の差が出るのなら、試してみない手はないと思います^^
実際にワン速方式で数十万円得した「喜びの声」も多数いただいてます(笑)








数十万円の差になるなら、電話の対応くらい安いもんです!
数十万円高く売れたら、エアロとかオプションも追加できちゃうし、旅行だって行けちゃう。

今すぐ売却する予定がない人も、こちらのページをブックマークしておいて、納車が近づいてきたら試してみると良いですよ^^


やり方は動画でもまとめたので、文字読むのが面倒な人は動画でどうぞ↓








ワン速方式としては、私も利用しているナビクル一括査定がおすすめです↓


ナビクル査定








一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓


買取_300-250



人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

WRV01.jpg


想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!







では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ

















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント