【ヤリスクロス2024マイナーチェンジ見積もり公開!】価格は値上がり?! 変更点・装備は? おすすめグレードは? 購入前の注意点5つ!!

トヨタ新型ヤリスクロスが2024年1月にマイナーチェンジしました!! いくら値上がりしたのか、価格情報、おすすめグレードの見積もり、変更点などまとめました!

私も2回も購入している大好きなヤリスクロスですが、今回の記事では新型ヤリスクロスの価格や主要装備、見積もりなどを、マイナーチェンジの変更点と合わせてレポートします!

ヤリクロ見積

ヤリスクロスは私2台買ってて、めちゃくちゃオススメな車ですのが、マイナーチェンジでの残念な点もいくつかあるんですよね…。


ヤリスクロスの動画も合わせてどうぞ↓









記事の最後にも動画は貼っておくので、見積もりを見てからでもゆっくりご覧いただければ^^


ご興味ある方は続きをどうぞ↓







ヤリスクロス一部改良での変更点


2020年にデビューしたヤリスクロスは4年目ということで比較的大きな変更がありました。
2024マイナーチェンジでの変更点は、

・アッパーグリルのパターン変更(GR SPORTを除く)
・KINTO限定の「U」グレード追加
・価格の変更(値上がり)
・ボディカラー「マッシブグレー」追加
・インテリア加飾をガンメタリックに変更(Z/Gのみ)
・7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが全グレード標準装備
・8インチの最新ディスプレイオーディオ採用(Z/G/Uのみ)
・プリクラッシュセーフティの検出範囲拡大
・プロアクティブドライビングアシスト採用(ハイブリッドのみ)
・アームレスト追加
・ディスプレイ下のトレーにピアノブラック調化粧パネルの追加


など。

ヤリクロ-2
↑左:7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ/右:8㌅ディスプレイオーディオ

ハイブリッドの出力アップが欧州モデルではありましたが、国内向けには採用されず、今後のマイナーチェンジに期待!! という残念な点もありましたが、安全装備のアップグレードなどは良いですね!
ただし注意点としては、プロアクティブドライビングアシストはハイブリッドのみで、ガソリンモデルには付かないのは残念。

また見た目においては、アッパーグリルは網目が少し大きくなったみたいです。
新しい方のほうが、SUVらしい力強さが出ていますね。個人的にはかっこよくなったと思います!

ヤリクロgrill

ただ、欧州仕様のヤリスクロスでは、12.3インチのフル液晶メーター、シフトブーツ、置くだけ充電、10インチのナビ、JBLのプレミアムサウンドなど、めちゃくちゃ装備も質感も高いだけに、日本仕様との差を感じずにはいられません。

あああ
↑クリックで拡大します。

日本仕様では、期待されていたシフトノブも変わらず。メーターは7インチのものがGR-SPORTにも採用されるなど質感は向上していますが、欧州仕様の12.3インチは未導入。

interior_01.jpg

これは残念。日本でも質感の高い装備を選ばせてほしいですね。

追加グレードの「U」はプリウス同様のKINTO専売グレードになります。
まずは、気になる価格について、見ていきましょう。





ヤリスクロスのグレード展開と価格


ヤリクロ2台
↑左 Z Adventure(旧グリル)/右 GR SPORT

ヤリスクロスには、ガソリンモデルとハイブリッドモデルが用意されています。
パワートレイン別の価格はコチラ↓()内は価格変更前後の差額です。

■1.5Lガソリン

X [FF]1,907,000円 [4WD]2,138,000円 (1.1万円UP↑)

G[FF]2,150,000円 [4WD]2,381,000円 (13万円UP↑)

Z[FF]2,435,000円 [4WD]2,666,000円 (20.3万円UP↑)

Z Adventure[FF]2,551,000円 [4WD]2,782,000円 (22万円UP↑)

GR-SPORT[FF]2,571,000円 (20.4万円UP↑)


■1.5Lハイブリッド

X [FF]2,295,000円 [E-Four]2,526,000円 (1.1万円UP↑)

G [FF]2,524,000円 [E-Four]2,755,000円 (13万円UP↑)

Z [FF]2,809,000円 [E-Four]3,040,000円 (20.3万円UP↑)

Z Adventure [FF]2,925,000円 [4WD]3,156,000円 (22万円UP↑)

GR-SPORT [FF]2,954,000円 (20.4万円UP↑)



ヤリクロ2台リヤ

4WD/E-FourはFFの23.1万円高となっています。
ヤリスクロスではどちらのパワートレインでも4WDが選べるのは嬉しいですね。
ただし、GR-SPORTのみFFだけの展開となっています。

マイナーチェンジでの価格変更は1.1万円〜22万円UPとなっているようです。
ガソリンモデルの価格上昇が少ないのは嬉しいポイント。ただしその分、プロアクティブドライビングアシストが付かないなどの装備追加がないのが要因だと思います。

新しく追加されたKINTO限定の「U」は、「X」と「G」の間に位置しています。
装備内容としても中間ぐらいで、Xではメーカーオプションとなる、今回最新になった8インチHDディスプレイオーディオが「G」と同様に標準になっていたり、「G」につくフロントアームレストが「U」ではつかなかったりします。

ちなみに「U」のKINTOでの料金は、月額25,740円〜となっていました。




トヨタ新型ヤリスクロスのボディサイズ


ここで改めて、コンパクトSUVの新型ヤリスクロスのボディサイズをおさらいしておきましょう。

全長 4,180mm×全幅 1,765mm×全高 1,590mm

(GR SPORT:全長 +5mm・全高 ‐10mm、Z Adventure:全長 +20mm)

ホイールベース 2,560mm
最小回転半径 5.3m


ヤリクロ横

マンションの立体駐車場の幅1,850mmに収まるサイズなのが嬉しいですね。

マツダCX-3と比べると、幅は同じで、長さが95mmも短くなっています。
ホンダのWR-Vと比べると、145mmも短く、25mm狭く、60mmも低くなっています。


直接的なライバルはあまり居ない、コンパクトなサイズ感のSUVとなっています。
これがヤリスクロスが人気の理由でもありますね。





トヨタ新型ヤリスクロスの主要装備


見積もりの前に、グレードごとの重要そうな装備10個をまとめてみました。
見やすさのため、メーカオプション→メーカー、Z/Z Adventure→Zと表記します。

gallery_10.jpg
↑GR SPORT

1.電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド → 全グレード標準

2.シートヒーター(前席)&ステアリングヒーター → X/Uなし、G/GR メーカー、Z 標準

3.運転席6Wayパワーシート → X/U/G/GR なし、Z 標準

ヤリクロパワーシート

4.360°カメラ → X/U/Z なし、GR/Z 標準

5.デジタルインナーミラー → 全グレードなし

6.ナビオーディオ → Xメーカー、U/G/GR/Z 標準

7.ホイール → 205/65R16タイヤ&16インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付):X/U 標準
 →205/65R16タイヤ&16インチアルミホイール:G 標準
 →215/50R18タイヤ&18インチアルミホイール(切削光輝):Z 標準、G/Uメーカ
 →215/50R18タイヤ(FALKEN FK510 SUV)&18インチアルミホイール(切削光輝):GR 標準

ヤリスクロスホイール
↑16㌅スチールホイール/16㌅アルミホイール/18㌅アルミホイール/GR専用18㌅アルミホイール

8.レーダークルーズコントロール(全車速追従)&レーントレーシングアシスト → 全グレード標準

9.アダプティブハイビーム → X/U/G/GR なし、Z メーカー

10.カラーヘッドアップディスプレイ → X/U/G/GR なし、Z メーカー


GR-SPORTがGグレードをベースに作られているので、Zに比べると装備がかなり劣るのは要注意です。
私もそこで結構ショックを受けました。
ここには記載していませんが、Gグレードには助手席のバニティミラー、間欠ワイパーすら付いてませんのでご注意を。




トヨタ新型ヤリスクロスの見積もり公開!


それではおまたせしました!
ヤリスクロスの見積もりを、5グレードすべてガソリン&ハイブリッドそれぞれもらってきましたので、安いグレードから順にレポートしていきます!

ヤリクロ見積



新型ヤリスクロス X [FF]のガソリン&ハイブリッド見積もり


まずは最廉価グレード「X」ガソリンモデルから見ていきましょう。

出来上がった見積もりがコチラ!!

ヤリクロX-1

新型ヤリスクロス X[FF]ガソリンのコミコミ価格は233.9万円!!

ヤリクロX-2

230万円台から買えるのは、ヤリスクロスの魅力ですね!
同じくコンパクトSUVのCX-3は、車両本体価格ですでに227万円からですから。

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロX-3

・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応)+バックガイドモニター 166,100円

メーカーオプション計 182,600円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


となりました。

コーティングやドアバイザーなどは付けていません。3年の車検前までのメンテパックは付けてあります。
コーティング・ドアバイザー・メンテパックは、以後すべての見積もりで同様です。



続いて、ハイブリッド「X」の見積もりコミコミ価格は2,683,750円となりました。

HVX.jpg

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロX-4

・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付) 45,100円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応)+バックガイドモニター 166,100円

メーカーオプション計 166,100円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


ガソリンには付けられないアクセサリーコンセントがハイブリッドでは装着可能です。
それ以外は同じオプション内容となっています。

ハイブリッドはガソリンと比べて、
車両本体価格 +388,000円
メーカーオプション +45,100円
自動車税環境性能割 −51,700円
自動車重量税 −36,900円

合計 +344,500円

となりました。

4WD/E-Fourに変更する場合は、それぞれ+23.1万円(全グレード共通)になります。

それで出来あがったヤリスクロス X[FF]のコミコミ価格は、ガソリンが233.9万円、ハイブリッドが268.3万円ということです。

この見積もりをベースに他のグレードの見積もりを見てみましょう。





新型ヤリスクロス G[FF]のガソリン&ハイブリッドの見積もり


次は「X」の一つ上のグレード「G」ガソリンモデルから見ていきましょう。

出来上がった見積もりがコチラ!!

ヤリクロG-1

新型ヤリスクロス G[FF]ガソリンのコミコミ価格は272.0万円!!

ヤリクロG-2

Xのガソリンモデルより38万円高となりました。


付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロG-3

・ステアリングヒーター+シートヒーター+助手席シートアンダートレイ+ナノイーX 39,600円
・LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ+フルLEDリヤコンビネーションランプ 71,500円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・パノラミックビューモニター 33,000円
・ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両) 56,100円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 311,300円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


となりました。

「X」から「G」になると、装着可能なオプションが増え、ディスプレイオーディオやフロントアームレストが標準でつくなど、内装が少し充実します。
また、見積もりでは選択していませんが、18インチアルミホイールをメーカーオプションで選択することが可能です。



続いて、ハイブリッド「G」の見積もりコミコミ価格は3,110,750円となりました。

HVG.jpg

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロG-4

・ステアリングヒーター+シートヒーター+助手席シートアンダートレイ+ナノイーX 39,600円
アクセサリーコンセント(100V・1500W/1個/非常時給電システム付) 45,100円
・LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ+フルLEDリヤコンビネーションランプ 71,500円
パーキングサポートブレーキ(後方歩行者+周囲静止物)+トヨタチームメイト[アドバンストパーク]+パノラミックビューモニター(床下透過表示機能)+ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト+寒冷地仕様 158,400円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 425,700円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


赤字がガソリンには付けられないハイブリッドのみ装着可能オプションです。
寒冷地仕様は、ウインドシールドデアイサー+リヤヒーターダクト+PTC[自己温度制御システム]等が付きます。
また、トヨタチームメイトまたはパノラミックビューモニターを選択すると、ドアミラーが「ヒーター+カメラ(左右)」付となり、助手席側の補助ミラーがなくなります。

ミラー


ハイブリッドGはガソリンGと比べて、
車両本体価格 +374,000円
メーカーオプション +114,400円
自動車税環境性能割 −61,200円
自動車重量税 −36,900円

合計 +390,300円

となりました。

4WD/E-Fourに変更する場合は、それぞれ+23.1万円(全グレード共通)になります。


それで出来あがったヤリスクロス G[FF]のコミコミ価格は、ガソリンが272.0万円、ハイブリッドが311.0万円ということです。

ハイブリッドはデジタルキーなど、不要なオプションを抑えることで、300万円以内に抑えることもできそうです!





新型ヤリスクロス Z[FF]のガソリン&ハイブリッドの見積もり


次は「G」の一つ上のグレード「Z」ガソリンモデルから見ていきましょう。
このグレードが売れ線かつ、私のおすすめグレードですね。

出来上がった見積もりがコチラ!!

ヤリクロZ-1

新型ヤリスクロス Z[FF]ガソリンのコミコミ価格は298.7万円!!

ヤリクロZ-2

「G」より26万円高となりました。

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロZ-3

・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ 99,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 287,100円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円



「G」でオプション装着した装備でこちらに入っていないものは「Z」では標準装備になります。
なので、Zではデフォルトで耳たぶミラーがないです!
Zからはパノラミックビューモニター(360°カメラ)やシート&ステアリングヒーター、18インチタイヤ&アルミホイールが標準になりますので、魅力がぐんと上がりますね!
また、シートが大きく変わります。
X/G でのファブリックシートが、Zでは合成皮革+ツイード調ファブリックになり、高級感が段違いです!



続いて、ハイブリッド Z の価格は3,357,250円となりました。

HVZ.jpg

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロZ-4

・アクセサリーコンセント(100V・1500W/1個/非常時給電システム付) 45,100円
・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ 99,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
トヨタチームメイト[アドバンストパーク]+パノラミックビューモニター(床下透過表示機能)+パーキングサポートブレーキ(後方歩行者+周囲静止物) 55,000円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 387,200円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円



赤字は、ガソリンには付けられないハイブリッドのみ装着可能オプションです。
寒冷地仕様は、今回はつけていませんが装着可能です。(ガソリン:23,100円、ハイブリッド:19,800円)

ハイブリッドはガソリンと比べて、
車両本体価格 +374,000円
メーカーオプション +100,100円
自動車税環境性能割 −61,300円
自動車重量税 −36,900円

合計 +375,900円

となりました。

4WD/E-Fourに変更する場合は、それぞれ+23.1万円(全グレード共通)になります。


それで出来あがったヤリスクロス Z[FF]のコミコミ価格は、ガソリンが298.7万円、ハイブリッドが335.7万円ということです。

ガソリンはオプションを充分に付けても300万円以内に収まるのは嬉しいですね。WR-Vなどと比較すると、ヤリスクロスの装備の充実具合が光ります。


【WR-V見積もりました!!】意外な落とし穴アリ?! コミコミ価格は高いか?! アレやアレが無い?! サイズ・スペック・装備など購入前7つの注意点とは?

wrv-mitumori_20240216205945a87.jpg




ちなみに私は以前、ヤリスクロスのZハイブリッドをKINTOで契約していました。

どうしてKINTOで契約したのか、KINTOのメリット・デメリットのまとめはコチラ↓
https://wansoku.com/blog-entry-3147.html" target="_blank" title="【ヤリスクロスをKINTOで契約した3つの理由】メリット・デメリットは? カルモと比較!!">【ヤリスクロスをKINTOで契約した3つの理由】メリット・デメリットは? カルモと比較!!

ヤリスクロスをKINTOで契約するならコチラ






新型ヤリスクロス Z Adventure[FF]のガソリン&ハイブリッドの見積もり


次は「Z」の見た目をよりアグレッシブにした「Z Adventure」です。

Zad.jpg

このグレードは、外装では専用の前後バンパーやルーフレールが装着され、内装ではシートがパワーシート付で、完全合成皮革の「サドルタン」という明るい茶色になるなど、Zをさらに上質に仕上げたグレードとなっています。

Zadinterior.jpg

まずはZ Adventureのガソリンモデルから見ていきましょう!

出来上がった見積もりがコチラ!!

ヤリクロZad-1

新型ヤリスクロス Z Adventure[FF]ガソリンのコミコミ価格は310.6万円!!

ヤリクロZad-2

「Z」より12万円高となりました。

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロZad-3

・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ 99,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 287,100円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


オプションはZと同様です。
Zと比べて、車両本体価格差11.6万円と自動車税環境性能割3,000円、これらの合計分が加算されています。



続いて、ハイブリッド Z Adventureの価格は3,473,250円となりました。

HEVZad.jpg

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロZad-4

・アクセサリーコンセント(100V・1500W/1個/非常時給電システム付) 45,100円
・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ 99,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
トヨタチームメイト[アドバンストパーク]+パノラミックビューモニター(床下透過表示機能)+パーキングサポートブレーキ(後方歩行者+周囲静止物) 55,000円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 387,200円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・フロアマット(ベーシック) 14,300円

ディーラーオプション計 17,050円


こちらもZと同様です。

ハイブリッドはガソリンと比べて、
車両本体価格 +367,000円
メーカーオプション +100,100円
自動車税環境性能割 −70,200円
自動車重量税 −36,900円

合計 +360,000円

となりました。

4WD/E-Fourに変更する場合は、それぞれ+23.1万円(全グレード共通)になります。


それで出来あがったヤリスクロス Z Adventure[FF]のコミコミ価格は、ガソリンが310.6万円、ハイブリッドが347.3万円ということです。




新型ヤリスクロス GR SPORT[FF]のガソリン&ハイブリッドの見積もり


最後は私も購入した「GR SPORT」です!
このグレードは、「G」をベースに、GR専用装備が追加されスポーティーに仕上げられたグレードとなっています。
このグレードのみ、4WD/E-Fourが選べませんので、ご注意ください。

まずはガソリンモデルのGR-SPORTから見ていきましょう!

出来上がった見積もりがコチラ!!

ヤリクロGR-1

新型ヤリスクロス GR SPORT[FF]ガソリンのコミコミ価格は307.2万円!!

ヤリクロGR-2

「G」より35万円高、「Z」より8.5万円高となりました。

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロGR-3

・ステアリングヒーター(GR専用)+シートヒーター+ナノイーX 38,500円
・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ 99,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 226,600円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・GRフロアマット 22,000円

ディーラーオプション計 24,750円



注意したいのが、「G」がベースのため、「Z」や「Z Adventure」にあって「GR SPORT」にはない装備が結構あります。

・時間調整式ウォッシャー連動・間欠フロントワイパー(ミスト機能付)
・運転席6ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング+シート上下)
・アダプティブハイビームシステム[AHS]
・カラーヘッドアップディスプレイ(ZやZ Adventureではオプション設定)

・リアアシストグリップ
・バニティミラーLED照明
・助手席シートバックポケット
・助手席シートアンダートレイ
・LEDアンビエント照明(前席足元/インサイドドアハンドル/フロントコンソールボックス)


特に青字の装備は痛いです。トホホ。
この情報は、初期のデビュー当時の予約段階では分かっていなかったので、これを買った経緯があったりします笑

ただし、ブレースやドライブシャフト、専用チューニングなど走りの質感が向上しており、専用ホイールやブレーキキャリパーなど見た目もカッコいいので、結果的には満足しています。
GR-SPORTの走りで、Zの装備が付けば完璧なんですけどねぇ…。

ぶっちゃけどっちがオススメなのか、気になる方はコチラもチェックしてみてください↓





続いて、ハイブリッド GR SPORT の価格は3,449,450円となりました。

HVGR.jpg

付けたオプションはコチラ↓

ヤリクロGR-4

・ステアリングヒーター(GR専用)+シートヒーター+ナノイーX 38,500円
・アクセサリーコンセント(100V・1500W/1個/非常時給電システム付) 45,100円

・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリ・予約ロック機能付) 77,000円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付) 16,500円
トヨタチームメイト[アドバンストパーク]+パノラミックビューモニター(床下透過表示機能)+パーキングサポートブレーキ(後方歩行者+周囲静止物) 55,000円
・ディスプレイオーディオ+TV(コネクティッドナビ対応) 33,000円
・コネクティッドナビPlus(車載ナビ有) 28,600円
・デジタルキー 33,000円

メーカーオプション計 326,700円

・ETC・ETC2.0セットアップ 2,750円
・GRフロアマット 22,000円

ディーラーオプション計 24,750円


となりました。

ハイブリッドはガソリンと比べて、
車両本体価格 +383,000円
メーカーオプション +100,100円
自動車税環境性能割 −69,000円
自動車重量税 −36,900円

合計 +377,200円

となりました。


それで出来合ったヤリスクロス GR SPORT[FF]のコミコミ価格は、ガソリンが307.2万円、ハイブリッドが344.9万円ということです。

参考になれば幸いです!!




トヨタ新型ヤリスクロス購入前の5つの注意点!


ヤリクロ2台正面
↑左 Z Adventure(旧グリル)/右 GR SPORT

上記の点を踏まえてヤリスクロスを購入する前に注意すべき点を箇条書きにしてまとめました。

①プロアクティブドライビングアシストはガソリンモデルには付かない
②GR-SPORTにはFFしかない
③GR-SPORTではパワーシートやHUD・AHSなど付けられない装備が多数ある
④GR-SPORTではシートヒーターとステアリングヒーターはオプション扱い
⑤ハイブリッド車ではエコカー減税が効いて、ガソリン車との総額差は10万円ほど縮まる


と言った感じでしょうか。
購入検討される方、特にGR-SPORTを検討される方はご注意ください。

納期に関しても、2024年2月時点でハイブリッドモデルで6ヶ月、ガソリンモデル未定となっていて、今後さらに延びる可能性もあります。

IMG_7661 2
↑クリックで拡大します。

気になる方は、ぜひディーラーに足を運んでみてください^^

ヤリクロZ内装

ということで、新型ヤリスクロスなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

そしてここからはガチで売却価格を上げる方法ですが、車種情報入力で、「メーカー・車種名」「年式」「走行距離」など見積もりたい車の情報を入力します。

車種情報入力

査定には、名前や電話番号などの個人情報も必要ですが、こちらを入力しないと始まらないので入力します。
後ほど、買取店からの査定依頼の電話がかかってきますが、これは高く売るために必要なことなのでちゃんと入力しましょう。
電話番号を入力するとSMSメールで4桁の認証コードが送られて来るので、それを入力すれば「○○○円~○○○円」という、ざっくりとした価格がWEBサイトに表示されます。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


ただ、ネットの一括査定では、①電話がジャンジャン鳴ること、②聞いたこと無い業者による高圧的な押し買い、などのストレスが挙げられます。

それらのリスクを避けるのには「MOTA一括査定」がオススメです。


買取_300-250


通常の一括査定サイトとドコが違うのかと言うと、エントリーした時点では電話がジャンジャンかかってくることはありません
翌日の18時までに、複数の買取店(最大20社)から査定が上がってきて、その中から査定額が高い上位3社とだけ商談をすればOKというサービスです。
上がってきた査定額は、上位3社以外の金額も確認出来るので、上位と下位の査定額にどのくらいの差額があったかも知ることが出来ます。

その後、査定額上位3社だけから、実際にクルマを見て査定してもらうための電話連絡が入ります。
結局その3社からは電話はかかってくるのですが、通常の一括査定サイトよりは電話の件数が少なく、しかも査定額がある程度保証されている買取店からだけになるので、煩わしさや胡散臭い業者はある程度この時点で選別が可能となります。

上位3社とも、実際にクルマを見て査定をしたいと言ってくるので、同じ時間帯にアポイントを入れて競わせるのは、通常の一括査定サイトと同じ手順となります。


MOTA一括査定のデメリットとしては、

①翌日18時まで一次査定が上がってくるのを待たなくてはならないので、通常の一括査定サイトより時間がかかる点

②結局現車を見ての査定勝負になるので、たくさんの買取店を集めたほうがビックリ価格が出る可能性もある点

が挙げられます。
なので、一括査定に慣れている人は、ナビクルなどの通常の一括査定サイトを使ったほうが良い場合もありますし、一括査定に慣れていない人はMOTAを使ったほうが安心感があります。

どちらでもお好みに合わせて使えば良いと思います。

一括査定に慣れている人はコチラ↓

かんたん車査定ガイド






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250


MOTAでも最終的には3社が実際にクルマを見ての査定になるので、同時間帯にアポイントを入れて、名刺の裏に査定額を書いてもらって入札制にする手順は同じになります。


私も昔は、特に何も考えずディーラーで下取りに出してしまっていましたが、今ではこのフローにしたがって買い換えるようにしています。

ネット一括査定にエントリーすると電話がジャンジャン鳴ったり、同じ時間に呼んで入札制にするのは面倒くさいという人も居ますが、それをやるだけで数十万円高く売れるのであれば、やらない理由はないということです。



まとめ&よくある質問


さて、最後によくある質問についてもお答えしておきましょう。


Q:古い車や過走行のクルマでも高く売れるの?
A:程度にもよりますが、ディーラー査定よりは高く売れる可能性は高いです。ディーラーでは廃車と言われた実家の10年落ちストリームが、一括査定をした結果、17万円で買い取ってもらえました。



Q:軽い気持ちでエントリーしたら、電話が鳴りまくってビビったw
A:エントリーするなら休日や仕事時間外など電話を受けられる時がオススメです。着信履歴は多くても、実際に電話してるのは3〜4社なので、4回くらい電話を受ければ終わります。すぐに売るつもりが無ければ「愛車の現在の相場が知りたかっただけ」と言って断ればOKです。

それでも電話がたくさん鳴るのが恐怖と言う人は、ユーカーパックMOTA一括査定を使ったほうが良いですね。これでもディーラー査定よりは高く売れるはずです。



Q:納車までが長いんだけど、いつ一括査定にエントリーすればいいの?
A:納車日の1ヶ月〜2週間前くらいがベストです。ただし、毎年1月下旬〜2月中旬が中古車買取相場が高くなる時期なので、多少前後してもそのタイミングでエントリーしたほうが高く売れる可能性が高いです。下で解説しますが、引き取りのタイミングは調整可能です。



Q:売却するのが決まったらすぐ引き取られちゃうの? 代車は出してくれるの?
A:引き取りのタイミングはこちらの要望を聞いてもらえます。ただ、数ヶ月先などになると、査定額も本気では出してくれないので、エントリーのタイミングは納車の1ヶ月前〜2週間前くらいがベストです。そして納車日の前日とか翌日とか都合のいい日に引き取ってもらえばOKです。
また、買取店が「今すぐ引き取りたい」という場合には、代車を数週間貸してくれるところもあるので、相談してみると良いでしょう。



Q:ローンや残クレの途中なんだけど、売却できるの?
A:問題なく売却できます。ただし、売却が決まったら残債を精算しなければならないので、査定額が残債額未満の場合は、買取店の指定する口座に振り込む必要があります。残債以上で売れた場合には、差額が自分の口座に振り込まれます。



Q:買取店からの電話で、他の買取店と時間をずらして欲しいと言われるんだけど…
A:買取店は、他店が居ないところでの独占交渉を持ちかけてきますが、相見積もりさせないで「押し買い」される危険性があるので、独占交渉はできるだけ避けたほうが良いです。「他の買取店はまだ居ない」とか「こちらの都合が聞けないなら降りてもらって結構です」と言えばOKです。



Q:一括査定だと裏で談合されると聞いたけど…
A:談合されるよりも、独占交渉で「強引な押し買い」をされるほうが安い価格で売らざるを得なくなる可能性があるので、複数社集めて双方監視の目がある中で入札にしたほうが良いですね。また、ディーラーでの下取り査定額プラス10万円くらいを最低価格として最初に言っておけば、少なくともそれは超えてくるので【損することは有りません】。
それでも談合が心配と言う人に談合対策必勝法ですが、買取店を集めた際に「これで全員ですか?」と聞かれたら、「1社だけ先にやってもらってます、それも含めてこの中で一番高いところに売ります」と言えばOK。これで談合の意味が無くなります。その価格を教えてくれと言われたら断ればOK。そんなの言えるはずがありませんよね(笑)
また、何件も別々に査定させたり、買取店をハシゴしたりすると、それだけで丸一日以上かかってしまうので、一括査定で2時間以内で終わらせるほうが時間的コストもかからないのでオススメです。一番効率が良し、押し買いのリスクもありません。



Q:「契約するまで帰りません」と居座る業者とか、契約を決めたあとに難癖つけて値下げ交渉する業者、車検証原本をそのまま持っていこうとする押し買い業者もいるって聞くけど…
A:そう言ったリスクを避ける意味でも、一対一の独占交渉に持ち込まれないようにするほうが良いです。なので、複数社を同時にアポイントを入れたほうが逆に監視の意味で安全です。事故車両の隠匿などこちらに嘘が無い限りは、査定した営業マンの瑕疵になるので、契約書を交わしたあとに減額を要求してくるようならば、「消費者契約法第10条」によって無効を主張することもできますし、気分が良くないならキャンセルして別の業者に売るなどの手段もできます。

それでも無理な要求をしてくる場合は、国民生活センター(消費者センター)に連絡すると強気に出ても良いでしょう。

また、あまり聞いたことのないような業者は倒産のリスクもあるので、CMなどで一度は耳にしたことある有名買取店以外は呼ばないなどの自衛手段もアリかも。



Q:自宅の駐車場に何社もいっぺんに集めて査定させるのは厳しい…
A:近隣のコインパーキングやショッピングモール、公園など、他の場所に来てもらうのも有りです。ただし、査定する際に車検証などが必要になるので、それは車内に置いておきましょう。実際に売却が決まったら、ハンコや書類の手続きが必要になるので、自宅に呼びたくない場合は印鑑や免許証(これは確実にあると思いますが)は持参するようにしたほうが良いでしょう。



Q:地方に住んでいるから、たくさん買取店が集まらないかも…
A:一括査定にエントリーしても買取店が近隣にない場合は電話がかかってこないこともあります。そういう場合には、ネットで結果が見れるMOTA一括査定にエントリーするか、それでもダメならユーカーパックでオークションに出品してもらうのが良いでしょう。



Q:で、どこのサイトで一括査定を申し込めば良いの?
A:私がいつも使っている一括査定サイトはコチラです↓


ナビクル査定






一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓

買取_300-250




たった一日の苦労で、数十万円の差が出るのなら、試してみない手はないと思います^^
実際にワン速方式で数十万円得した「喜びの声」も多数いただいてます(笑)








数十万円の差になるなら、電話の対応くらい安いもんです!
数十万円高く売れたら、エアロとかオプションも追加できちゃうし、旅行だって行けちゃう。

今すぐ売却する予定がない人も、こちらのページをブックマークしておいて、納車が近づいてきたら試してみると良いですよ^^


やり方は動画でもまとめたので、文字読むのが面倒な人は動画でどうぞ↓








ワン速方式としては、私も利用しているナビクル一括査定がおすすめです↓


ナビクル査定








一括査定に慣れてない人にはMOTA一括査定もオススメです↓


買取_300-250



人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

ヤリクロ2台

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も随時更新中!!









では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ

















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント